Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

悪な門が地に顔を出す前、Wynnに悪が存在していなかったわけではなかった。広大な王国がWynnの地に広まったにもかかわらず、力に心惹かれ混沌に陥ったものたちがいた。魔法、それは我々が知る通り古代の人々にとって力強い味方であった。そして、それを扱えるものは出生地で偉大な地位をつかむことができた。しかし、限られた魔力はある人々の”渇き”を満たすことができず、彼らはさらに力を得るために悪に手を染めていった。魔術の簒奪者達は年一回行われる渓谷跳びコンテストで「力」による死亡者が出た時、Ragniの王、Fredrick 3世により追放された。

Spirit Seekerと名付けられた者達がその時代にいた。彼らは闇の力を扱い力を得ようとする者達を捜し出し滅ぼすよう任命されていた。 Spirit Seekerは容易に得ることのできる職ではない、この職は正確にはTwainの館に住む者達に授けられた者であった。Twainは強大な魔力と魂の遺産を受け継ぐ者達の姓である。彼らはWynnの歴史が記録され始める時にもこの地に住んでいた。子供達は元素魔法の才能を持っていたが、この天性は非常に珍しく記録に残っている者は4人しかいない。たいてい、天賦の才能を持つ子供が生まれると彼らは恐れられ、多くは隠されるか見捨てられ、時にはさらに酷い仕打ちを受けた。だが、非常に置いた賢い魔術師Marius Twainは子供達を捜し出し人里離れたTwain一族の荘園にかくまった。Mariusは子供達に力を制御し黒魔術を使う者達と戦うよう教えた。これらの者は最初のSpirit Seekerである、つまりRickeo、Theorick、DwendleそしてMaelである。彼らは一度は恐れられたものの王への忠節が証明されるやWynnの英雄、倒されることのない魔法憲兵となった。Rickeoの巧なの炎の扱い、Dwendleの風の操作そしてTheorickの氷を統治する能力により王への忠節に大きな脅威となる者たちは捕えられ刑に処されて行った。しかし、Maelだけは他の兄弟と同じ方の力を持たなかった。(彼らは血縁関係はなかったものの、Twainの館に住む者は ”家族” とみなされていた) Maelは死人と話すことができた、明確には地に居残り歩き回る魂とだ。さらに、黒く妖しい鬼火を作り出し敵を攻撃することもできた。彼はTwain家のなかで最も孤独であったためほとんどの時間を未練を持ちながらも過ぎ去った者たちの悩みを聞くのに費やした。多くの人がMaelの持つ魔法の型を邪悪なものと見なし、なぜ自分を捉えないのかを不思議がった。「人々は死者を恐れる」とMariusはMaelの人気のなさを知らせた。「お主は皆が力を持つ者であるにもかかわらず永遠でないということを思い出させてくれる」と。MaelはMariusにも終わりがあるのかを不思議がった。Mariusは200年以上も前の話を彼らに語っていたからである。しかし、悲しいことにはMariusも過ぎ去ってしまった。去る前に彼はTwain家の崇高な仕事を続けるよう子供達に教えた。

の力を持つ者をすっかり世界から除くのは不可能であった。闇の力は常に存在し、使用者の魂を地に縛り付け混乱をもたらしていた。Maelはしばしば怒れる魂を静めるために出て行った、彼だけが荒れ狂う魂に対処できたからである。生ける者を倒せた物理元素は死んだ者には効果がなかったのである。他の兄弟たちはMaelの態度にいらつくようになった、Maelは地に残った魂を除き去るのに気が進まなかったのである。Theorickの場合は特にそうであった。TheorickはたびたびMaelが魂を除き去らないのなら彼の魂を凍らせると脅していた。 しかし、Maleには自分のやり方があった。彼は魂を鎮め送り届けていた。Theorickは怒りのあまりTwainの荘園を去り近くの村に住むようになった。村はTheorickの心象、凍てつくもの、に変えられた。 年を取り苦々しい気持ちを持つようになったTwain家の兄弟はMariusの望み、力を授かったものを探し出さなかった。そして彼らは別れそれぞれの行きたい方角に散っていったがMaelだけは荘園に残り彼を捜し求める魂を助けていた。しかし、兄弟達の怒りは長くは続かなかった。鉱夫達が闇の魔術師以上のものを世界に解き放ってしまったということが年老いたSpirit Seekerの耳に入り、彼らは集まり門から溢れ出る大量の怪物達と対峙した。赤い地の上で厳しい戦いが起こった。Twain家の四人の子供達は老齢になって団結し怪物の群れと戦った。しかし、怪物の数が減ったにもかかわらずSpirit Seeker達は倒され、王国は今までにない大きな打撃を受けた、彼らはどの兵よりも強かったからである。Maelだけは生き残り、少なくとも一人に魂の世界の知識を教え込むことを決意した。

ういうわけでTwainの館は衰退していった。高齢になり自分の面倒を見れなくなったMaelは残りの時を秘密の書斎で価値ある者に「力」を継がせるべく研究をしていった。彼が「力」継がせた時、Maelは必要とされなくなった。 死にきれなかった者の声に答えることができなくなったため彷徨える魂達はMaelが話を聞かないことに怒りTwainの荘園に群がるようになった。彼らは怒りのため会うものに対してとても攻撃的になった。

日まで荘園は満たされない魂でひしめきMaelの姿はどこにも見出されることはなくなった。依然として館は門からの化け物達が近寄らない場所の一つである、だからと言って安全というわけではない。永冬の村Nesaak周辺では明らかにされるであろう秘密があると噂されている。Maelには数え切れないほどの隠し事があったからである。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます