Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

ょうど千年前、偉大な石造りの王国がWynnで繁栄した。この地は強大な魔力を扱える人間によって統治されていた。何者もRagniとTromの要塞に抗うことはなかった。王国が並外れた速さで広がっていく中、彼らは未探索の地に足を踏み入れ港町Nemcrractを作り上げた。しかし、彼らの勢いは止まらず汚染されたような土地にまで足を延ばした。この地は誰も見たことのない忌々しい赤い影で覆われた不毛の地であった。その中で、一番奇妙だったのは地の割れ目から出ている紫の神秘的な煙だった。好奇心に駆られた人々は汚染された地を掘り下げ大量の緑の石を見つけた。彼らは貪るように集め各々の金庫に蓄えていった。発掘が始まってから一年、人々はこの場所が自然発生したものではないこと、そして地中に何らかの入り口が埋まっているを知るようになった。人々はこの門を恐れた、というのは近くに行き過ぎると怒り、たいてい、連れの者と言い争うようになったからである、しかし門から離されると気性は元に戻った。しかしある日、恐れを捨てた鉱夫達がさらなる富を求めて門をくぐった、彼らは失望しなかった。門の向こうの朱殷の地はゾッとするような恐ろしさであったが彼らが喉から手が出るほど欲しかった緑色の鉱石で埋め尽くされていた。

夫達は新しく作られたNemractの港に戻ると、掘り出した富を他の者達に誇った。他の者達が行動するまでに時間はかからなかった。Nemractの住人達は毎日、気を狂わせる門に行きトロッコを未精練のエメラルドでいっぱいにして帰ってきた。しばらくすると毎夜、鉱夫達の持ち帰る緑の石の量は減っていき、鉱夫達は金の欲を支えるために朱殷の地をさらに深く掘らなければならくなっていった。二ヶ月経った時、彼らの欲は自分たちを苦しめるようになった。鉱夫達は忌々しい石を深く掘りすぎ100年以上も眠っていた怪物達を起こしてしまったのだ。ぞっとするような生き物、アンデッド、突然変異種がありがたくない訪問者達を次々と襲っていき鉱夫達の半数が逃げ切る前に殺された。残りの者達は数え切れない軍勢に追われながら命からがら逃げ去った。Nemractに帰り着くや狼煙が打ち上げられ砦に援軍を要請したが無駄であった。Nemractの港町は数時間で壊滅、廃墟と死体以外、何も残らなかった。それ以後の年はWynnが経験した中で最も最悪な年となった。怪物は目の前にある物を破壊しながら領土のいたるところに広がっていき、数年のうちに、発展した王国は敗れた。人間が振るった魔法は前線を展開したものの怪物の力も互角、さらには門から絶え間なく現れたがゆえに戦争は1世紀にも続き、Ragniの強固な砦さえも攻撃され被害を被った。人間側の勢力は戦争で激減、王国の将来は暗澹としていた。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます