Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

Detlasで会議をしているElphabaとLucio。議題は詳細不明かつ危険なエリアの探索についてであり、プレイヤーは協力を要請される。
所要時間
場所Detlas
レベル100
報酬6000000 経験値
12288 エメラルド
The Silent Expanseへのアクセス権


ステージ1

DetlasにいるElphabaに話しかける。
場所DetlasX419Y67Z-1533

ダイアログ:
Elphaba: Hmm, you might just be exactly what we're looking for. If you want to join a top secret mission, follow me.
(Elphaba: ふーむ、どうやらあなたなら私たちの要件を満たせそうね。もし最高機密の任務に参加したいなら、ついてきて。)

Aledar: Elphie! Have you found our fourth member yet?... Oh, <playername>!
(Aledar: Elphie(Elphabaの愛称)! もう四人目のメンバーは見つかったのか? ... おお、<プレイヤー名>!)

Aledar: I... Am surprised to see you here. Looks like we've both come a long way.
(Aledar: 驚いた...ここで会うことになるとは。どうやらお互い、長い旅路を歩んできたようだな。)

Lucio: Can you get a move on, please? We got our spare, let's go!
(Lucio: それじゃ進めてくれるかい、なあ? 補充人員は来たんだ、行こうぜ!)

Elphaba: Hold up. We need to brief <playername>. This mission is dangerous. Listen up.
(Elphaba: 待って。<プレイヤー名>へ手短に説明しないと。この任務は危険なのよ。よく聞いて。)

Elphaba: Hundreds of years ago, people mined the surrounding areas around Detlas.
(Elphaba: 数百年前、人々はDetlasの周辺部を採掘していた。)

Elphaba: They eventually broke through to an entirely undiscovered area of the Wynn province.
(Elphaba: 彼らは最終的に、Wynn地方の中でも全く未開拓のエリアまで掘り進んだの。)

Elphaba: What they found.. Was not good. It was cursed. Not corrupted... This was something else.
(Elphaba: 彼らが見つけたものは...良いものではなかった。呪われていた。Corrupted(浸食)ではない...何か別なもの。)

Elphaba: No one really knows what's beyond the mine because it was sealed to prevent the spread of a new threat.
(Elphaba: 未知の脅威の拡散を防ぐためにそのエリアは封鎖された。その先に何があるのかは、誰も分からない。)

Elphaba: We don't have much intel, but it's been named by some as the Silent Expanse.
(Elphaba: よく分からないけど、一部の人間はそこをthe Silent Expanse(静寂の大地)と呼んでいるわ。)

Elphaba: Lately, creatures of darkness have been seeping through, and we think they are from the expanse.
(Elphaba: 最近、闇の怪物が見られるようになってきている。そして、奴らはその地から来ていると私たちは思うの。)

Elphaba: The existence of this place has been kept on a strict need-to-know basis.
(Elphaba: そのエリアが存在するという事実は、厳粛な情報統制下におかれているわ。)

Elphaba: Our mission is to make our way through the mine, observe and report the threat level.
(Elphaba: 私たちの任務は、鉱山を進んでその場所の危険度を確認し、報告すること。)

Lucio: Come on, we need to get going! Enough with the meetings!
(Lucio: 頼むぜオイ、もう行かなきゃ! 会議はもう十分だろ!)

Lucioが会議室の壁に風穴をあけて出て行こうとする。

Aledar: How many times do we have to tell you to stop doing that? Fix it, Lucio.
(Aledar: 何度言えばそいつをやめてくれるんだ? 直しとけ、Lucio。)

Lucio: Fine...
(Lucio: 仕方ねぇな...)

Aledar: <playername> If you are ready, let's go.
(Aledar: <プレイヤー名>、準備が出来てるなら、行くぞ。)

Aledarが移動用のポータルを設置する。


ステージ2

仲間と共にthe Silent Expanseの入口へと進む。

ダイアログ:
Aledar: Everyone ready? I'll lead.
(Aledar: 皆準備はいいか? 俺が先導するぞ。)

Aledar: It's a twist of fate that our paths have converged here, <playername>. We started our journey together and now...
(Aledar: 今俺たちの道が再び交わったのも運命のいたずらというやつだろう、<プレイヤー名>。共に旅を始め、そして今度は...)

Elphaba: Aledar...
(Elphaba: Aledar...)

Aledar: I hear them too.
(Aledar: 奴らの声なら俺にも聞こえている。)

Detlas周辺部にいる雑魚敵が何体か現れるが、Aledarが魔法で吹き飛ばす。

Aledar: Ah, no problem. I'll take care of these.
(Aledar: あぁ、問題無い。こいつらは俺がどうにかする。)

Aledar: No more running for us, huh <playername>? Ah, we're here.
(Aledar: もう逃げるのはナシというわけだな、<プレイヤー名>? あぁ、着いたぞ。)

Elphaba: This is actually our second attempt. The first time, it didn't go too well.
(Elphaba: 実を言うと、これは二度目の挑戦なの。一回目は上手くいかなかった。)

Elphaba: We have more numbers now, Lucio and yourself should help us overpower it.
(Elphaba: 今回は人数も増えたし、Lucioとあなたならアレをどうにかする助けになるはず。)

Lucio: Can't be that strong, bet I can take it myself.
(Lucio: 言うほど強くもねぇだろうよ、俺だけでどうにかできるぜ。)

Elphaba: We managed to seal it in but with the 4 of us I'm sure we ca-
(Elphaba: どうにかアレを封じ込めることはできたし、私たち4人なら確実に-)

Lucio: Let's just do it!
(Lucio: やっちまおうぜ!)

Lucioが封印に穴をあける。

Aledar: Wait... No!
(Aledar: 待て...やめろ!)

Aledar: Lucio! You FOOL!
(Aledar: Lucio! このバカが!)

Lucio: What's the big deal? You said yourself we can take it!
(Lucio: 一体どうしたっていうんだ? 俺たちなら倒せると言ったのはアンタじゃねぇか!)

封印の向こうからBlack Geistが出現する。

Lucio: Ouch...
(Lucio: ぐあっ...)

Aledar: We need a PLAN.
(Aledar: プランが必要だ。)


ステージ3

Black Geistを倒す。

ダイアログ:
Lucio: The plan is attack!
(Lucio: 攻撃することがプランだっつーの!)

各自がBlack Geistを攻撃し始める。

Lucio: Argh!
(Lucio: あがぁ!)

Aledar: Lucio!
(Aledar: Lucio!)

Aledar: Ahh!
(Aledar: うぬあぁ!)

Elphaba: No! Stop hurting them!
(Elphaba: ダメ! そいつを刺激しないで!)

Elphaba: Ouch! This isn't working...
(Elphaba: ひっ! これも効かないなんて...)

Lucio: Is it just me or are our attacks doing NOTHING?
(Lucio: 奴に攻撃が全く効いていないのは俺だけじゃないよな?)

Elphaba: Lucio's right! Change of plan. Lucio, help me hold it in place.
(Elphaba: Lucioの言う通りだわ! 計画変更よ。Lucio、そいつをその場に抑え込むのを手伝って。)

Elphaba: Aledar, you know what to do.
(Elphaba: Aledar、 やることは分かってるわね。)

Aledar: <playername>, come with me! Cast a spell to block the cave's entrance so the monster can't leave.
(Aledar: <プレイヤー名>、俺と来い! スペルを使って洞窟の入り口を塞いで、あの怪物が出られないようにするんだ。)

Aledar: I'll block it from attacking, you block it up with a spell.
(Aledar: 俺は奴の攻撃を止めるから、お前はスペルで奴を封じ込めろ。)

Aledar: They won't be able to hold it for long.
(Aledar: あいつらもあの怪物をそう長く引き留めてもいられないだろう。)

Aledar: Ready?! Cast any spell!
(Aledar: 準備はいいか?! なんでもいいからスペルを使え!)

Aledar: Lucio, Elphaba! Run!
(Aledar: Lucio、Elphaba! 撤退だ!)


ステージ4

Black Geistを倒す方法を見つける。

ダイアログ:
Elphaba: We all here? Where's Lucio?
(Elphaba: 全員いる? Lucioはどこ?)

Lucio: Guys... Any help? I'm stuck!
(Lucio: 皆...助けてくれねぇか? 引っかかっちまってよ!)

Elphaba: Phew, here. Let me get you out.
(Elphaba: ふぅ、そこね。今引っ張り上げるわ。)

Lucio: I'm sorry, team. I've never seen a monster like that before.
(Lucio: すまねぇ皆。あんな化け物は見たことがなくてよ。)

Aledar: It looks like our problem isn't fire power. It's something else. It's like our weapons just didn't affect it at all.
(Aledar: どうやら問題は攻撃の火力というわけではないようだな。何か他のモノだ。俺たちの武器が、アレにはまるで効果がないようだった。)

Aledar: I know someone who might be able to help us. A blacksmith on Black Road.
(Aledar: 俺たちを助けてくれるかもしれん奴に心当たりがある。Black Road(漆黒の道)にいる鍛冶屋でな。)

Elphaba: <playername>, I've written the house's coordinates on your book. Meet us there.
(Elphaba: <プレイヤー名>、その人の家の場所はあなたの本に記しておいたわ。そこで会いましょう。)


ステージ5

仲間と合流する。
場所Black RoadX730Y61Z-1434

ダイアログ:
Elphaba: Just in time. We're all here.
(Elphaba: 丁度いいわね。全員揃ったわ。)

Elphaba: It looks like the Blacksmith knows what's wrong...
(Elphaba: ここの鍛冶屋さんなら何が駄目だったのか知っているようだけど...)

Elphaba: So, Dren. Do you know why we can't damage the beast?
(Elphaba: それで、Dren。なぜ私たちがあの怪物に傷一つつけられないのか、分かる?)

Dren: Certainly! Your issue is elemental. As you know, there are 5 elements...
(Dren: 勿論だ! お前さんらの問題は属性が関わっている。知ってるとは思うが、属性には5つある...)

Dren: Earth...
(Dren: 大地...)

Dren: Fire...
(Dren: 火...)

Dren: Air...
(Dren: 空気...)

Dren: Water...
(Dren: 水...)

Dren: And Thunder...
(Dren: そして雷...)

Dren: But.. There is a hidden element, Darkness.
(Dren: だが...隠れた属性として、闇がある。)

Dren: In order to damage a creature of Darkness, you must remove that influence from your soul.
(Dren: 闇の怪物にダメージを与えるためには、自分の魂から闇の影響を取り除かなければならん。)

Dren: Some Dark creatures use a sort of synchronous barrier that prevents them being harmed by other creatures influenced with Darkness.
(Dren: 闇の怪物共は互いにバリアのようなものを持つ。闇の怪物同士で傷つけあうのを防ぐためだ。)

Dren: In order to purify you, I will need 2 powerful items.
(Dren: お前さんらを浄化するためには、2つの強力なアイテムが必要になる。)

Dren: Firstly, a shard from a Dernic Beast. There is one living in the depths of the Roots of Corruption.
(Dren: 第一に、Dernic Beast(Dernの獣)の肉片だ。Roots of Corruption(侵食の根源)の奥深くに一匹棲んでいる。)

Dren: I will use this to reveal the darkness element in you all.
(Dren: そいつを使って、お前さんらの中にある闇を明らかにするのさ。)

Dren: And then, of course, a Light item, to purify all of you...
(Dren: そして次は勿論、お前さんらを浄化するための光のアイテムだ...)

Lucio: Wait... what do you mean a Light item?
(Lucio: 待てよ...光のアイテムってのはどういうことだ?)

Dren: Something from any Light creature would work, you could get some dust from Gavel faries if you wanted...
(Dren: 光の生物から採れるものならいいだろう、Gavelにいる妖精からいくらか得られるはずだ...)

Elphaba: Alright. Aledar, you get the darkness item with <playername>, and I'll go get the Light item with Lucio.
(Elphaba: よし。Aledar、あなたは<プレイヤー名>と一緒に闇のアイテムを手に入れて。私は光のアイテムをLucioと採りに行くわ。)

Aledar: Yes ma'am! Let's go <playername>!
(Aledar: 了解! 行くぞ、<プレイヤー名>!)


ステージ6

Aledarと共に獣の肉片を入手しに行く。

ダイアログ:
Aledar: Here we are, the roots of Corruption. Let's go, <playername>!
(Aledar: 着いたぞ、ここが侵食の根源だ。行くぞ、<プレイヤー名>!)

Aledar: We found that the caves around the roots are far more complex than we thought...
(Aledar: 侵食の根源付近の地下洞窟は俺たちが予想より遥かに複雑だと判明してな...)

Aledar: There's one with far more powerful creatures... Somewhere... Here!
(Aledar: 周囲より遥かに強力な化け物達がいる洞窟が...どこかにあってな...ここだ!)

Aledar: What are you waiting for? Let's go!
(Aledar: 何を待っている? 行くぞ!)

Aledar: I don't think we can spell our way across, <playername>! We need something like... Wings!
(Aledar: スペルでここを越えるのは無理そうだ、<プレイヤー名>! 何か...羽のようなものが必要だ!)
付近の敵を倒して羽を入手し、溶岩を渡る。

Aledar: I've never used wings like this before...
(Aledar: 羽なんて使ったことはないんだが...)

Aledar: I think if we just hold them and walk normally, it should help us glide across.
(Aledar: これを持った状態で普通に歩いていけば、滑空して渡ることができるだろう。)

Aledar: Don't drop them and don't get hit by the lava geysers, obviously.
(Aledar: 羽は落とさないようにな。噴き出す溶岩に当たらないようにしろ。)

Aledar: Don't forget why we are here, we're looking for a creature of darkness. Shout for me if you find one.
(Aledar: ここにいる理由を忘れるなよ、目的は闇の獣だ。見つけたら俺を呼ぶんだ。)


ステージ7

洞窟を進み、肉片を手に入れる。

ダイアログ:
Aledar達の前に闇の獣(Mangled Progeny)が現れる。

Aledar: That's our target! Go after it!
(Aledar: アレが俺たちのターゲットだ! 追え!)

Aledar: Wait, why isn't it fighting us here? Careful! It might be trapped!
(Aledar: 待て、なぜ奴は俺たちと戦おうとしない? 気を付けろ! 奴はどこかに閉じ籠るかもしれん!)


ステージ8

獣を追跡して肉片を手に入れる。

アリーナ内の敵(Progenitor)を指定数倒すと道が開く。


ステージ9

闇の獣を倒す。


ステージ10

Drenのもとへ帰る。

ダイアログ:
Aledar: Wow, I'm impressed <playername>. I honestly thought you would need my help.
(Aledar: ほう、驚いたぞ、<プレイヤー名>。流石に俺の助けが必要かと思ったんだがな。)

Aledar: Well, we got what we came for. Let's head back to Dren.
(Aledar: さて、目的のものは手に入った。Drenのところへ帰るぞ。)

Aledarが帰還用のポータルを設置する。


ステージ11

Drenのもとへ闇のアイテムを持ち帰る。

ダイアログ:
Dren: Looks like we lucked out on this one. Did you get an item of darkness?
(Dren: どうやら上手いこといったようだな。闇のアイテムは手に入ったか?)

Dren: That should do it. Let's see if this will work. Come here <playername>!
(Dren: こいつならどうにかなるだろう。上手くいくかやってみよう。こっちに来い、<プレイヤー名>!)

DrenがAledar達から闇の影響を取り除く。

Dren: It's done! You ought to be free of the dark influence. You ought to be able to break through that barrier that was giving you trouble.
(Dren: できたぞ! お前さんらは闇の影響から解放されたはずだ。問題のバリアを突き破ることも可能だろう。)

Elphaba: Are you sure? I don't feel that different. Well... I guess there's only one way to find out.
(Elphaba: 本当に? 特に変わった感じはしないけれど。まぁ...確かめる方法は一つしかないでしょうね。)


ステージ12

仲間とともに、閉鎖された鉱山の入り口をもう一度開く。

ダイアログ:
Lucio: Everyone here? Great! Time to finish what I started!
(Lucio: 皆いるか? よぉし! 俺のせいで始まったことにけりをつけねぇとな!)

Lucioが岩を吹き飛ばそうとする。

Elphaba: Lucio! No! When will you learn?
(Elphaba: Lucio! やめなさい! いつになったら学んでくれるの?)

Lucio: Right, yes. Sorry, what's the plan?
(Lucio: そうだな、うん。すまねぇ、プランはどうなってる?)

Elphaba: We don't want that thing to escape, it could cause widespread panic.
(Elphaba: アレを逃がすわけにはいかないわ、混乱があちこちに広がるかもしれないもの。)

Elphaba: We'll open up a small entrance to get in, and fight it once inside.
(Elphaba: 侵入口として小さな穴をあけた後、中でアレと戦うわよ。)

Lucio: Fine...
(Lucio: いいだろう...)

Lucio: Let's go!
(Lucio: 行くぜ!)


ステージ13

Black Geistを倒す。


ステージ14

The Silent Expanseに突入する。

ダイアログ:
Elphaba: We... We actually did it!
(Elphaba: やった...やったわ!)

Aledar: Thank grook for that. I was wondering if we'd ever be rid of this nightmare.
(Aledar: 間一髪だったな。本当にあんな悪夢とおさらばできるか、疑問だったんだが。)

Elphaba: We have an extremely old map of the mines to help us, but we have no idea what's waiting for us.
(Elphaba: 鉱山の極めて古い地図はあるわ。一体何が待っているのか私たちには全く分からないけど。)

Aledar: I want to warn you, this may well be a one way ticket for all of us.
(Aledar: 警告しておくぞ、これは俺たち全員にとって片道切符の旅になるかもしれないんだ。)

Lucio: Yeah right! Check this out!
(Lucio: あぁ分かってるさ! こいつを見てくれよ!)

Lucioが自らの魔法を見せびらかそうとする。

Elphaba: Rocks are one thing, Lucio. The creatures we're about to face require more than brute strength. You need force of mind.
(Elphaba: 岩なんて一つの物に過ぎないわ、Lucio。私達が相手にしようとしている怪物達は、高い戦闘力だけでどうにかなるものではないのよ。精神力が必要になるわ。)

Lucio: Oh my. Maybe this isn't the best idea.
(Lucio: なんてこった。そりゃ良い感じじゃねぇな。)

Elphaba: It's too late now. We've got to finish this mission.
(Elphaba: もう遅いわ。私たちはこの任務を達成しなければならないのだから。)


ステージ15

The Silent Expanseを探索する。

ダイアログ:
Aledar: Remember the goal Elphie, we must reach the end of the expanse.
(Aledar: 目的を覚えているか、Elphie、俺たちはこの地の終端まで行かねばならない。)

Elphaba: It's still empty here. But it looks like they were here only yesterday.
(Elphaba: それにしても何も無いわね。でも、まるでつい昨日まで住民がいたみたい。)

Lucio: I thought you said the miners were here hundreds of years ago?
(Lucio: 鉱夫たちがここにいたのは何百年も前のことだって話じゃなかったのか?)

Aledar: They were. I don't know why it would be so well preserved. It's as if nothing has touched it.
(Aledar: そうだ。何故ここまで保存状態が良いのかは全く分からない。まるで何物にも触れてこられなかったようだ。)

Aledar: According to the documents, we need to make our way to the end of the road.
(Aledar: 資料によれば、この道の終わりまで行かねばならない。)

Elphaba: Argh! Bugs! Get off!
(Elphaba: あぁっ! 虫! 離れてよ!)

Elphaba: So much for nothing being here.
(Elphaba: 何もいないなんてことはないものね、全く。)

謎の虫(Irtitack)がElphabaに付きまとい続ける。

Elphaba: Why are they only going for me?
(Elphaba: なんで私にばっかり虫が寄るの?)

Elphaba: Aledar, how far is it to the end?
(Elphaba: Aledar、終点まではどのくらい?)

Aledar: I read the same map as you. It didn't even have scale. There should be a bridge ahead, though.
(Aledar: 俺もお前と同じ地図を見た。縮尺すらない代物だったがな。とりあえず、この先に橋はあるようだ。)

Lucio: Uhh... A destroyed one. And it wasn't cause I blew it up this time!
(Lucio: うぅん...ブチ壊されてるけどな。今回は俺のせいじゃないぞ!)

Aledar: Hmm, well we will have to go around.
(Aledar: ふむ、回り道をしないといかんようだな。)

Aledar: This doesn't really look like corruption, does it?
(Aledar: こいつはcorruption(侵食)のようには見えない、そうだろう?)

Elphaba: Uhhh... I'm not feeling very wel-... Aahhh!
(Elphaba: うぅう...気分が良くな...あぁぁああ!)

IrtitackがElphabaから離れていく。

Elphaba: Aaahhh! My liver! It took my liver!
(Elphaba: ぁあああああ! 肝臓を! 肝臓を取られたわ!)

Aledar: Elphaba! No! It's an illusion!
(Aledar: Elphaba! 違う! そいつは幻覚だ!)

Aledar: Where has she gone? ELPHABA?
(Aledar: どこに行ってしまったんだ? ELPHABA?)

Lucio: Aledar, maybe we should just double back now?
(Lucio: Aledar, 俺たち引き返すべきじゃねぇか?)

Aledar: Elphaba is an extremely able warrior. We will fight on and find her.
(Aledar: Elphabaは極めて優秀な戦士だ。俺たちはどうにか戦い抜いて、彼女を見つけねばならん。)

Lucio: Do you really think it was just an illusion?
(Lucio: アンタはあれがマジでただの幻覚だったって言うのかい?)

Aledar: I'm not sure. I hope so.
(Aledar: 分からん。そう信じるだけだ。)

Lucio: What if we're infected too? Shouldn't we just go back?
(Lucio: 俺たちも何らかの影響を受けていたとしたら? 帰還するべきじゃねぇのか?)

Aledar: We can't, Lucio! We have a mission as you very well know. We continue.
(Aledar: それはできない、Lucio! お前もよく分かっているように、俺たちには任務がある。進むぞ。)

Aledar: Besides, we might be carrying some of those things too. We can't risk them infesting Wynn.
(Aledar: それに、俺たちはあの虫のようなモノを体に保有してしまっているかもしれん。それをWynnに拡散する危険性は否めない。)

Aledar達は探検を続ける。

Lucio: Looks like we need to go around to the right, here?
(Lucio: どうやらここで、右に回り道をしないといけないようだな?)

Aledar: It feels like something is watching us...
(Aledar: 何かに見られているような気がする...)

Lucio: Aledar, what is this place? You didn't tell me there was a city here.
(Lucio: Aledar、一体ここは何なんだ? ここにかつて街があったなんて聞いてないぜ。)

Aledar: There is. A big one, too; there's more ahead. But it doesn't look like anyone's home. The map doesn't have a name for it either.
(Aledar: 今も存在する。巨大なやつも先に進めばある。だが住民はいないようだ。地図にも街の名前は記されていない。)

遠くに人影が現れる。

Lucio: Wait a sec, is that one of the miners? Is she hurt? HEEEEY! YOU OVER THERE!
(Lucio: 待てよ、アイツは鉱夫の一人か? 怪我をしてんのか? おーーい! そこのアンタ!)

Aledar: Lucio, no! It's a trap!
(Aledar: ダメだ、Lucio! それは罠だ!)

Aledar: LUCIO! Don't get closer!
(Aledar: LUCIO! それ以上近づくな!)

Lucio: Wait, what's going on? Why can't I move?
(Lucio: おい待て、何が起こってる? なんで動けねぇんだ?)

Obsessor: Please, you have to understand! It's so dangerous here! We can't live alone like this! It's too painful! Listen to me! You need to come with us! It's the only way to keep you safe! It's the only way to make you happy here! It's the only way to make us feel whole! IT'S THE ONLY WAY, DO YOU UNDERSTAND?!
(思考を圧迫するモノ: お願いです、あなたは理解しなければなりません! ここはとても危険なんだ! こんな風に一人で生きていくなんて無理! すごく痛いんだ! 聞いて下さい! お前は俺たちと共に来る必要があるんだ! 君の身を守るにはそれしかないんだぞ! 幸せになるにはそれしかないんです! 私たちが満足するにはそれしかないのよ! それが唯一の方法なんだ、分かってんのか!?)

Lucio: AAAH! S-Stop screaming at me! I can't understand!!
(Lucio: あああ! お、俺に向かって叫ぶのをやめろ! 理解できねぇよ!!)

Obsessor: WHY CAN'T YOU UNDERSTAND? AM I NOT SPEAKING CLEARLY? CAN'T YOU HEAR WHAT I'M SAYING? YOU STAY OUT OF THIS?
(思考を圧迫するモノ: 何故理解できない? もっとはっきり話した方がいいですか? 俺の言っていることが聞こえないのか? 見て見ぬふりをするの?)

AledarがスペルでLucioを救出しようとする。

Aledar: No! How did she disable my spell?!
(Aledar: クソ! アイツ、どうやって俺のスペルを無効化したんだ?!)

Obsessor: PLEASE, WE NEED THIS! YOU'LL BE SO MUCH HAPPIER IF YOU COME ALONG! YOU'LL NEVER HAVE TO WORRY AGAIN! WE'LL KEEP YOU SAFE!
(Obsessor: 頼む、必要なんだ! 一緒に来てくれたらもっとずっと幸せになれるさ! もう頭を悩ませることもなくなる! あなたの安全を保障しますから!)

Lucio: ...aaaah... Stop talking... H-help...
(Lucio: ...ぁぁぁ...話すのをやめろ...た、助けてくれ...)

Obsessor: Just please, stand still a little longer! We'll bring you someplace warm! You won't be hunted! We promise! No one hunts us! You agree? YOU AGREE!
THANK YOU! WE WILL GO TOGETHER! YOU'LL BE SAFE WITH US! NO MORE FEAR! NO MORE CONCERN!
(思考を圧迫するモノ: どうかお願いです、あとほんの少し耐えて下さい! 暖かい場所に連れて行ってやるからな! もう追われることもないさ! 約束する! 誰も私たちの命を狙わないのよ! 賛成してくれるんですね? 賛成してくれるんだな! ありがとう! 共に行きましょう! 僕たちと一緒に安全な場所へ! もう怖くない! もう不安じゃない!)

Obsessor: Foreeeever...
(思考を圧迫するモノ: 永遠に...)

LucioはObsessorを追っていなくなる。

Aledar: No no no!! This is bad, really bad! We have to go <playername>! Quick!
(Aledar: ダメだダメだ! こいつはマズいぞ、非常にマズい! 行かなければ、<プレイヤー名>! 急げ!)

Aledar: We can't stay here.
(Aledar: ここに留まることはできん。)

再び人影が現れる。

Aledar: Who's that?! Elphaba?! Lucio?!
(Aledar: 誰だ!? Elphabaか!? Lucioか!?)

Aledar: Wait, you're just one of the miners. This doesn't feel like an illusion...
(Aledar: 待てよ、お前は鉱夫の一人みたいだな。これは幻覚じゃなさそうだ...)

Aledar: Look, you need to get out of here. It's not safe- Wait, what's that noise...?
(Aledar: おいお前、ここから出なきゃいかんだろう。ここは安全じゃな...待て、この音は何だ...?)

Aledar達の頭上から巨大なワームが出現しAledarを飲み込むが、プレイヤーは間一髪で躱す。

???: OURGURGH!
(???: ウグルルル!)

Aledar: AAHHHHHHH!
(Aledar: ぐああああああ!)


ステージ16

廃街の中でLucio、Elphaba、Aledarを見つける。

Lucioの居場所



ステージ17

廃街の中でElphabaとAledarを見つける。

Elphabaの居場所



ステージ18

廃街の中でAledarを見つける。

Aledarの居場所


ダイアログ:
Aledar: Urrrgh. <playername>, this hasn't gone to plan. According to my map we aren't even half way.
(Aledar: うぐう。<プレイヤー名>、こいつは計画から外れてきてるぞ。地図によれば、まだ半分も行っていない。)

Aledar: I can't walk. But equally we can't stay here.
(Aledar: 俺は歩けない。だが、ここに留まってもいられん。)

Aledar: The mission must be carried out. The plan has changed but it's imperative we get to the end of the expanse, together.
(Aledar: 任務は達成されねばならん。プランこそ変わったが、共にこの地の終端まで行けという命令だからな。)

Aledar: There has to be a way.. Even if you have to push me in this thing!
(Aledar: どうにか進めるはずだ...こいつに乗った俺をお前が押してでもな!)

Aledarが小さなカートに乗り込む。

Aledar: No, I'm not joking. You guard the cart, I'll lead the way.
(Aledar: これは冗談で言ってるんじゃない。俺が先導するから、お前はカートを守ってくれ。)


ステージ19

カートに乗ったAledarをLuthoまでエスコートする。

ダイアログ:
Aledar: According to the map, the miners started a town a little ahead.
(Aledar: 地図によれば、ここから少し先に鉱夫たちが町を作ったらしい。)

Aledar: Who knows what's left, but it's got to be safer than here.
(Aledar: 何が残されているのかは分からんが、ここよりは安全だろう。)

Aledar: I think the Small Monsters will try to Kill me.
(Aledar: 小型の敵は俺を攻撃してくるだろう。)

Aledar: While the Big Monsters will try to Kill you.
(Aledar: 対して、大型の敵はお前を攻撃してくるはずだ。)

Aledar: It's going to be on you to make sure we both get through this.
(Aledar: 俺たち二人が生き残るためには、お前が頑張ることになるだろう。)

Aledar: The fate of the mission relies on the two of us working together.
(Aledar: 任務の命運は、俺たち二人の協力にかかっている。)

Aledar: Are those... Eyes on the trees?
(Aledar: アレは...目の生えた木か?)

Aledar: Look out, <playername>!
(Aledar: 気を付けろ、<プレイヤー名>!)

Aledar: Watch out, the small monsters are coming for me! I can't fight in this thing!
(Aledar: 注意しろ、小型の敵は俺に向かってくるんだ! コイツに乗ってちゃ俺は戦えん!)

Aledar: Another one's coming! Pay attention!
(Aledar: また来るぞ! 警戒しろ!)

Aledar: Great job! It looks like they've stopped coming. Let's keep going.
(Aledar: いいぞ! どうやら襲撃は止んだようだ。進み続けるぞ。)

Aledar: They're here again, <playername>!
(Aledar: また来たぞ、<プレイヤー名>!)

Aledar: Let's keep going! Before they come back.
(Aledar: 進むぞ! 奴らが戻ってくる前にな。)

Aledar: A lot of those small ones are coming for me!
(Aledar: 小型のが大量に来ている!)

Aledar: This one was close! We're getting close to the town.
(Aledar: 今のはギリギリだったな! 町には近づいているぞ。)

Aledar: We'll have to stop again! We can't go past so many monsters.
(Aledar: また止まる必要がありそうだ! この数の敵を突っ切ることはできん。)

Aledar: We're almost there! I can see the town from here!
(Aledar: もうそろそろだ! ここからなら町が見えるぞ!)

Aledar: Oh no!
(Aledar: あぁ、クソ!)

Aledar: Great job! It looks like they've stopped coming. Let's keep going.
(Aledar: よくやった! どうやら奴らの波は止んだようだ。進もう。)

プレイヤーとAledarはLuthoに到着する。

Aledar: Finally, we've arrived... It's not exactly the town on the map.
(Aledar: やっと着いたぞ...地図に書いてある町とは違うようだがな。)

Aledar: The lost miners are here... How? they must be hundreds of years old!
(Aledar: 行方不明だった鉱夫たちがいるだと...どういうことだ? もう何百歳にもなるはずだぞ!)

Aledar: What is this obelisk? It's.. comforting. I recognise this feeling from my time in Gavel.
(Aledar: このオベリスクは何だ? 何というか...心地良い。Gavelで感じたモノに似ている。)

Aledar: Maybe.. It's been touched by the light? If so.. It could heal me.
(Aledar: 恐らく...Light(光)の影響を受けているのか? もしそうなら...俺を癒してくれるはずだ。)

Aledar: Let's see if it does anything to me...
(Aledar: 俺に何が起こるか確かめてみるか...)

Aledar: It worked... Kind of. I feel at least 70%.. We still have a ways to go.
(Aledar: 効果はあった...かなりな。 少なくとも70%くらいの力は感じる。まだ道は続いているからな。)

Aledar: Let's take some time to gather ourselves before we press on. I'll meet you on the other side of town.
(Aledar: 進行する前に、補給する時間をとろう。町の反対側で会おう。)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます