Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

クエスト「A Journey Beyond」の後、Luthoで休息をとったプレイヤーとAledarは、The Silent Expanseの深部へ任務達成の為に進む。
所要時間
場所Lutho
レベル101
報酬7500000 経験値
20480 エメラルド
Eldritch Outlookへのアクセス権


ステージ1

LuthoにいるAledarに話しかける。
場所LuthoX977Y75Z-732

ダイアログ:
Aledar: Alright, let’s go. I’ll tell you more about our journey on the way.
(Aledar: よし、行くぞ。道すがら、俺たちの旅程について詳しく教えてやる。)


ステージ2

Aledarと共に道を進む。

ダイアログ:
Aledar: We should try to follow the path as closely as we can. You lead, I'll follow.
(Aledar: できるだけ道に沿って歩いていくべきだろう。先導してくれ、俺はついていく。)


ステージ3

道に沿って進む。

ダイアログ:
Aledar: Stop! Did you hear that?
(Aledar: 止まれ! 聞こえたか?)

Aledar: It’s an ambush! Stay sharp, <playername>!
(Aledar: 待ち伏せされた! 気をつけろ、<プレイヤー名>!)

Parasitic Slimers (寄生性のスライム)たちが現れる。


ステージ4

Parasitic Slimersを倒す。

ダイアログ:
Aledar: Good work. Seems that killing the king made the other creatures run off. We’re lucky about that-
(Aledar: いいぞ。どうやら親玉を倒したことで他のヤツらは逃げ出したようだ。それに関しては幸運だったと- )

プレイヤーの体に異変が起こる。

Aledar: Wait, <playername>, what's going on? Are you alright?
(Aledar: 待て、<プレイヤー名>、何が起こってる? 大丈夫か?)

Aledar: Oh, no no! I have a potion for this, where is it, where is it, aha! Here, drink!
(Aledar: マズい! こういう時のためのポーションを持ってるんだが、どこにいった...よし! こいつだ、飲め!)

Aledar: One of those things must have infected your wounds... Everything in this area looks completely hazardous and sickening.
(Aledar: 奴らの一体がお前の傷に何かを感染させたんだろう...このエリアにいるモノは全て、危険で有害に見えるな。)

Aledar: I expected the worst, so I tried to bring anything and everything that might help. Let's keep moving.
(Aledar: 最悪のケースを想定して、助けになりそうな物は全部持ってくるよう努力はした。進み続けるぞ。)


ステージ5

Aledarと共に道を進み続ける。

ダイアログ:
Aledar: LOOK OUT!
(Aledar: 気をつけろ!)

プレイヤーに敵が襲い掛かる。

Aledar: <playername>, a-agh...you're okay, right?
(Aledar: <プレイヤー名>、おい...大丈夫、か?)

Aledar: I'm... I'm going to lead us for now. At least for a little...while... I can't have you g-getting-
(Aledar: 俺が...今度は俺が先導する。少なくともしばらく...お前を-)

Aledarに敵が襲い掛かる。

Aledar: GAH!! AAAGH!
(Aledar: ぐああ! あああっ!)

Aledar: ...urgh... I...sorry. I just... I need a moment.
(Aledar: うぐ...すまん。少し...時間が必要だ。)

Aledar: <playername>, you just... you have to realize, I can't have you getting hurt.
(Aledar: <プレイヤー名>、お前は...知らねばならない、ここでお前に傷ついてもらっては困るんだ。)

Aledar: I want to stress this... We NEED to get to the end of this path, together.
(Aledar: 急がねば...絶対にこの道の終端に辿り着かねばならん、共にな。)

Aledar: Hrk... Ugh, dizzy...
(Aledar: くっ...眩暈がする...)

Aledar: Okay. I'm as good as I can get right now. Let's move.
(Aledar: よし。とりあえず良くはなった。移動するぞ。)

Aledarから魂のようなものが抜ける。

Aledar: Ah? What... What just... Why do I...
(Aledar: な...? 何だ...一体...何故俺は...)

Aledar: I'll be fine, I just...why did I feel so empty all of the sudden... ?
(Aledar: 俺の体は問題無い、だが...なぜ突然、こんなにも虚無感が...?)

Aledar: Oh no, I think something is coming... <playername>! Fight it off, I don't think I can defend myself right now!
(Aledar: まずい、何かが来る...<プレイヤー名>! 戦ってくれ! 今は俺は自分の身を守れそうにない!)

Radiated Spiders(放射性クモ)が現れる。


ステージ6

Radiated SpidersからAledarを守る。

ダイアログ:

敵殲滅後、Aledarの魂らしきものが彼の体に戻る。

Aledar: Huff... Not feeling totally better, but... At least I can still defend myself.
(Aledar: ハァ...マシになったとは言い難いが、少なくとも自分の身は守れそうだ。)

Aledar: My stomach is empty, I can't even vomit... Why so I still feel so dizzy? Maybe a potion will help...
(Aledar: 胃の中が空っぽだ、吐くことすらできん...なぜこんなに眩暈がするんだ? ポーションでどうにかなるか...)

Aledar: Hm. No, not that one...
(Aledar: ふむ。これじゃないか...)

Aledar: Urgh, pfft! My vomit tasted better than that coming up...
(Aledar: うぐっ、ぐは! まだ俺のゲロのほうがマシな味がしたぞ...)

Aledar: Hah...that's the ticket. Which potion was this anyways... ... hair loss treatment? Why did THAT work?
(Aledar: はぁ...こいつが正解か。何のポーションだったんだ... ...育毛剤だと? 一体何故効いたんだ?)

Aledar: Though, you saw what happened to that beast I attacked? Follow me.
(Aledar: ところで、俺が攻撃した化け物に起こった現象を見たか? ついてこい。)

Aledar: This, from what I recall of the mission statements, is referred to as a "Void Hole." It's a sort of portal.
(Aledar: これだ、任務要綱で "Void Hole (虚空の穴)" と呼ばれていたヤツだ。一種のポータルだな。)

Aledar: They connect to each other in odd ways, but we saw the beast come out of that one when I knocked it in, so...
(Aledar: 虚空の穴はお互いに謎の原理で繋がりあっている。化け物をこの穴に突き落としたとき、あっちにあるのから出てくるのが見えたからな、つまり...)

Aledar: Watch. I'll come out the other side.
(Aledar: 見ていろ。俺は向こう側から出るはずだ。)

Aledarがプレイヤーの目の前にある虚空の穴に入ると、隣の虚空の穴から出てくる。

Aledar: Alright, good! It does connect up consistently, at least. You try now.
(Aledar: よし、いいぞ! 少なくとも繋がり方は変わらんらしい。お前も試してみるんだ。)


ステージ7

虚空の穴に入る。


ステージ8

Aledarと共に道に沿って進み続ける。

ダイアログ:
Aledar: I bring this up because if we're seeing one, we'll be seeing more soon. You'll need to adjust yourself to the sight of them.
(Aledar: 敵が一匹でもいたということはもっといるだろう、前進すべきだ。奴らとの遭遇にも慣れねばならないだろう。)

Aledar: You lead again, please.
(Aledar: もう一度お前が先導してくれ。)

Aledar: We grossly underestimated the difficulties we would have here. And, by that, I mean myself, Elphie, and Lucio did...
(Aledar: 俺たちはここで起こり得る問題など大したことはないと高をくくっていた。その、俺も、ElphieもLucioも...)

Aledar: We were each unprepared and cocky. If it weren't for you, I'd be dead now, for what it's worth.
(Aledar: 皆、準備不足な上に調子に乗っていた。お前がいなかったら俺は当然のように死んでいただろう。)

Aledar: I wasn't certain at first about you coming along, but you've more than shown you were the right one for the job.
(Aledar: 最初は本当にお前がついてくるのか分からなかったが、お前は十分すぎるくらい実力を示してくれた。)

プレイヤーたちは黒い棘の壁に直面する。

Aledar: ...I had to figure this map was outdated. This wall of spikes isn't listed on it, and the path goes through here!
(Aledar: ...地図の古さを確認すべきだったな。地図にはこんな棘の壁は載っていない、しかも道はこの先へ続いている!)

Aledar: I'll have to assume they're new...and if they're new, I might be able to bash through them.
(Aledar: 棘の壁は新しいモノなのだろう...そして最近できたのであれば、ぶつかって突破できるかもしれん。)

Aledar: <playername>, try throwing a spell at the same time! Let's crack through these things!
(Aledar: <プレイヤー名>、俺と同時にスペルを使うんだ! こいつを突き壊してやるぞ!)

Aledar: Ok, 3... 2... 1...!
(Aledar: よし、3... 2... 1...!)

Aledarが壁に突進するが、壁は壊れない。

Aledar: ...aagh... I... H-how are these so resilient...?
(Aledar: ...あがぁ...な...どんな硬度だ...?)

Aledar: I'm an idiot... I nearly killed myself trying that. I nearly ruined the mission...
(Aledar: 俺は馬鹿だ...危うく自分で自分の息の根を止めるところだった。任務を失敗させかけたぞ...)

Aledar: I'm sorry, but you'll have to go without me. I can't move another step for now.
(Aledar: すまんが、俺なしで進む必要がありそうだ。俺はもう一歩も動けん。)

Aledar: There's a lot of void holes around here, remember my warning... You can probably get past these spikes with one.
(Aledar: このあたりには大量の虚空の穴がある、覚えておけ...どれかを使えば壁の向こうにいけるかもしれん。)

Aledar: If I'd been thinking I would have suggested it earlier... Once you're past, we'll... uh. We'll do something.
(Aledar: もっと早くこの方法を提案していればな... お前が向こう側までいったら...うーむ。何かしらしてみよう。)

Aledar: Just...be careful where you go. The void holes could lead anywhere. They might lead you someplace very, very dangerous, too dangerous even for you. I pray they won't...
(Aledar: とにかく...行く前に気を付けてくれ。虚空の穴はどこに繋がるとも分からん。もしかしたら、極めて、極めて危険な...流石のお前も危ない場所に繋がるかもしれん。そうならないことを願うが...)

Aledar: There's a void hole right there to try out first. Get going, now. You have to do this.
(Aledar: まずはそこにある虚空の穴が試せそうだ。さあ、入るんだ。お前がやらねばならないことだ。)


ステージ9

虚空の穴を通って壁の向こう側まで行く。

ネタバレ



ステージ10

棘の壁の反対側にAledarを連れてくる方法を探す。

ネタバレ


ダイアログ:
Aledar: ...wait, <playername>? You got to the other side then...? Good...
(Aledar: ...おい、<プレイヤー名>? 反対側に辿り着いたってことか...? よし...)

Aledar: I don't know what you did, but whatever it was, it's made cracks in the spikes that I can see from this side.
(Aledar: お前が何をしたのかは知らんが、こっちから向こう側が見える割れ目ができたぞ。)

Aledar: I've got some of my energy back...let's try spellcasting again. If we do it at the same time, we might make some headway.
(Aledar: いくらか気力も戻ってきた...もう一度スペル詠唱をやってみるぞ。同時にやれば、どうにかなるはずだ。)

Aledar: I won't crack my skull open on the spikes again though. Promise.
(Aledar: 今度は頭蓋骨をパックリいったりはしないからな。約束する。)

Aledar: You lead. I'll cast my spell as soon as I hear yours.
(Aledar: リードしてくれ。お前の詠唱が聞こえたら、俺もスペルを発動する。)

棘の壁に穴があく。

Aledar: Thank god it worked... That's our destination there, the Eldritch Outlook.
(Aledar: 上手くいってよかった... アレが俺たちの目的地、Eldritch Outlook (不可思議な展望)だ。)

Aledar: Now comes the hardest part... Come along. I'll need you there for it.
(Aledar: ここからがキツいところだ...ついてこい。お前が必要になる。)

プレイヤーたちは地面に刺さった剣の前に立つ。

Aledar: That blade there...it's made for sacrifice. See how that gate is shut?
(Aledar: そこにある剣...これは生贄を捧げるためのものだ。あの門が閉じているのが見えるか?)

Aledar: In order to open the doors to the Outlook, we need to sacrifice a powerful soul.
(Aledar: あの扉を開いてその先へ行くためには、強い魂を生贄にする必要がある。)

Aledar: If you haven't gotten it already, the plan was to sacrifice our fourth. It's why I was hesitant about having you come along, though it was perfect.
(Aledar: もしお前がまだ理解できていないというのなら、言ってやろう。俺たちの計画というのは、四人目のメンバーを殺すことだった。だから俺は、お前をついてこさせるのを躊躇ったんだ。生贄としては完璧な存在だったがな。)

Aledar: Think about it. A soldier with no relations, no loved ones, and no way to deny their fate. But...
(Aledar: 考えてもみろ。友もいない、恋人もいない、自分に降りかかる運命に抗うこともできない兵士だぞ。だが...)

Aledar: I've been mulling it over since we got to the town... You'll sacrifice me instead. I won't take no for an answer.
(Aledar: 例の街に着いてから何度も考えた...代わりに、お前が俺を生贄として捧げるんだ。俺は嫌とは言わん。)

Aledar: I mean... look at the state I'm in, <playername>! I'm on death's door already, and you've proven yourself far stronger than I am even at my best.
(Aledar: その... 俺の状態を見てみろ、<プレイヤー名>! 俺は既に瀕死で、お前は俺よりも遥かに強いということを証明した。この俺の本気よりもな。)

Aledar: Here. You can take everything I had on me. My emeralds, and the key to the dungeon. I certainly won't be able to use them anymore.
(Aledar: ほら。俺の持ち物は全部持って行って構わん。エメラルドと、ダンジョンの鍵だ。もう使うこともない。)

獲得: 20480 エメラルド および 1 Eldritch Outlook Key

Aledar: Upon the top of the tower is... Well, something. We don't know for certain what it is, but it will prevent you from passing through.
(Aledar: あの塔の最上階には...まぁ、何かがいる。一体何なのかは分からんが、お前をすんなり通してくれはしないだろう。)

Aledar: You'll have to kill it to break the barrier. But... find other soldiers who can help you. It will be impossible to defeat alone.
(Aledar: 向こう側に行くためには、そいつを倒さなければならなくなるはずだ。だが...お前を手助けしてくれる兵士を探すんだ。一人で倒すのは不可能だろう。)

Aledar: ...no more putting it off, then. I'm bleeding out.
(Aledar: ...これ以上時間を使うのもやめるぞ。出血し始めたからな。)

Aledar: Grab the blade, <playername>.
(Aledar: 剣をとれ、<プレイヤー名>。)


ステージ11

祭壇に刺さっている剣を引き抜く。

ダイアログ:
Aledar: Now...strike me down. My soul will unlock the gate...
(Aledar: さぁ...殺せ。俺の魂が門を開くはずだ...)


ステージ12

Aledarを生贄として捧げる。

ダイアログ:
プレイヤーがAledarを斬りつける。

Aledar: Agh... Don't worry...a-about me...
(Aledar: あがっ...俺のことは...気にするな...)

プレイヤーがAledarを斬りつける。

Aledar: You...can do this. I know y-you can.
(Aledar: 俺には...分かる。お前ならできる。)

プレイヤーがAledarを斬りつける。

Aledar: Gah... D-Destroy it...
(Aledar: ぐあぁ...ヤツを...打ち倒せ...)

プレイヤーがAledarを斬りつける。

Aledar: The monster w-watching us...
(Aledar: 俺たちのことを見下ろしている...あの化け物を...)

Aledar: AAAAGH!!
(Aledar: ぐああああ!!)

Aledarが死ぬと、魂が現れてEldritch Outlookの門へ近づいていく。

Eldritch Outlookの門が開き、クエストクリアとなる。


トリビア
・クエスト終了時に何者かの発言として現れる文字列を翻訳すると、「そしてこの勇者は、古の監視者の目を奪うだろう。幸運を祈る。」となる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます