Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

Rodrocではドワーフたちにより劇が上演されている。それはドワーフ族とドグン族の間の戦争を描いた物語だが、見物人の中にはその解釈に納得できない者もいるようだ。
難易度
場所Rodroc
レベル91
報酬3300000 経験値
1 Dogun Badge of Trust
Molten Heights elevatorsへのアクセス


ステージ1

劇場で何が起きているかを調べる。
場所Rodrocの劇場X1024Y17Z-5173

ダイアログ:
Lozeg: Interesting to see a Human wanting to see a Dwarven play!
(Lozeg: ドワーフの劇を観たいなんて面白い人間ですね!)

Lozeg: The only play we're performing is the annual Victory Festival.
(Lozeg: 劇は年に一度の祝勝祭でのみ上演されるんですよ。)

Lozeg: The entry cost is [1 Emerald Block].
(Lozeg: 観劇料は[1 Emerald Block]です。)

ステージ2

劇を観る。
プレイヤーはLozegに[1 Emerald Block]を支払う。

ダイアログ:
Lozeg: Just take a seat and enjoy the show.
(Lozeg: 着席して劇を楽しんでくださいね。)

ダイアログ:
Narrator: Hello, to the people of Gavel, glad to see so many here!
(ナレーター: Gavelの皆さん、こんにちは!お集まりいただきありがとうございます。)

Narrator: I hope you'll enjoy the play and that it'll be very educational too. I will be tonight's narrator.
(ナレーター: 皆さんにとってこの劇が面白く、為になるものとなることを願っております。私が今夜のナレーターを担当します。)

900 years ago…
(900年前…)

Babbi: Pheeeew. I think we outran the villagers.
(Babbi: ふぅー。ここまでが限界だな。)

Dwarfi: I think we are safe here in the mountains. Oh look. Shiny ores. This is like a gold mine.
(Dwarfi: この山の中なら安全だろう。おい見ろよ。ぴかぴかの鉱石だ。ここは金鉱みたいだ。)

Dwarfi: These nice minerals are very nice, let us start digging.
(Dwarfi: こんな素敵な鉱物があるなんて、早速掘ってみようか。)

Babbi: What is that?! A DEMON.
(Babbi: ありゃ何だ?!悪魔だ!)

Demon: I am a dangerous monster and I will not let you mine these diamonds. We are the Doguns, and we will kill you!!
(悪魔: オレは恐ろしいモンスターだ、お前たちにこのダイヤを渡すもんか。オレたちドグン族が殺してやる!!)

They attacked the poor dwarves without reason…
(悪魔は理由もなく貧しいドワーフ族を攻撃した…)

Demon: Graoaoro. I will eat you all for my afternoon demon luncheon.
(悪魔: グハハハ。今日の昼メシはお前たちだ。)

The demons knew powerful magic.
(悪魔の扱う魔法は強力だった。)

Arock: We must protect ourselves!
(Arock: みんな守りを固めろ!)

Demon: MOAHAHAHHA! BEGONE TINY DWARVES.
(悪魔: ムゥハハハッ!ちっちゃいドワーフ族なんて消えちまえ!!)

Arock: Ahhhh. I am dying...dying!
(Arock: うわああ。死んじまう、死んじまうよ!)

Demon: MOAHAHAHA. WE WILL KILL ALL OF YOU.
(Demon: ムゥハハハ。お前たちは皆殺しにしてやるよ!!)

The demons shattered our weapons,
(私達の武器は悪魔により破壊され、)

…with their magic, we had no chance…
(…魔法の力に怯えて暮らさざるを得なかった…)

Babbi: We need to forge better weapons so we can fight back.
(Babbi: もっと強靭な武器を用意すれば悪魔を迎え討つことができるはずだ。)

Gagly: Good idea! We will use our intelligence to slay the demons.
(Gagly: それだ!俺達の知識が悪魔を倒す鍵になるんだ。)

A great war took place…
(かつてない規模の戦争が始まった…)

Demon: YOU CANNOT BEAT US, WE CAN SUMMON DRAGONS WITH OUR MAGIC.
(Demon: お前たちには殺せない!!魔法でドラゴンだって召喚できるからな!!)

Gagly: Dragons are no match for us?? CHARGE!
(Gagly: 誰がドラゴンに怯むって?突撃!!)

The battle raged on for 200 years
(激しい戦いが200年続き)

Many lives were lost
(計り知れない犠牲が生じた)

But the superior might of the
(しかし優れた軍事力が)

dwarves overcame the demon doguns
(ドワーフ族を勝利へ導いた)

The dwarven race finally beat the demons
(ドワーフという種族が終には悪魔のドグンを打ち倒したのだ)

Gagly: We have won. Hooray. And now we have established a great citadel, Rodoroc!
(Gagly: 私たちの勝利だ。万歳!ここに偉大なる城塞都市、Rodrocの誕生だ!)

Gagly: The dwarven intellect beat the sheer power of the demons magic.
(Gagly: 我々ドワーフ族の叡智は悪魔の絶対的な魔法すら凌ぐのだ。)

We conquered the demon city.
(私達は悪魔の村をも侵攻した。)

The demons now flee at the sight of us!
(悪魔は私達の姿を見て逃げだすようになったのだ!)

Narrator: Thank you all for watching!
(ナレーター: ご観覧いただきありがとうございました!)

Narrator: I hope you enjoyed the show, and learned something new today!
(ナレーター: 本日皆さんがショーを楽しみ、知識を得られたなら幸いです。)

Narrator: We are continuing the celebration at the old Demon City. Follow the red banners outside Rodoroc to get there.
(ナレーター: 旧Demon Cityにて引き続き祝祭が行われます。Rodrocの外から赤い旗をたどってください。)

Narrator: Meet you all there.
(ナレーター: では後ほどお会いしましょう。)

Axelus: Ugh, that was awful. Don't believe anything you see here, human. History is written by the victors.
(Axelus: うーん、酷いものだな。人間さん、ここで見たものを鵜呑みにしてはいけない。勝者のみが歴史を語ることができるのだから。)

ステージ3

Rodrocの外にある赤い旗を頼りにDogun Festivalへ向かう。
場所The Dogun FestivalX1522Y78Z-5055

ダイアログ:
Marock: Welcome one and all! Dwarven brothers and sisters, guests and visitors!
(Marock: 皆様ようこそお集まりくださいました!!ドワーフ族の兄弟、姉妹よ。そして来賓とお客様よ!)

Marock: If I could draw your attention to the wooden stage in the north, we can begin.
(Marock: ただ今開始いたしますので北側、木組みのステージにご注目ください。)

Marock: Welcome to the annual festival where we celebrate victory over the foul demons...The Doguns!
(Marock: 年に一度のお祭りに歓迎いたします。そう、汚い悪魔…ドグン族に打ち勝ったことを祝うのです!)

Marock: Now, if I can get you to turn around to face the bonfire, we've prepared a lovely firecasting show for you all while we prepare!
(Marock: さて皆様、かがり火の方をご覧ください。準備が整うまで素敵な魔法と炎のショーを用意させていただきました。)

Mahou: Wow, I didn't know Dwarves could learn such magic! Beats the heck out of firecrackers!
(Mahou: うわあ、ドワーフ族の魔法なんて初めて見るよ!爆竹なんかよりよっぽど良いね!)

Marock: Magnificent! Thank you very much to our fire casters. Now, ladies and gents, your attention to the main stage please!
(Marock: 素晴らしい!魔法使いの方々どうもありがとうございます。では広場の皆様、メインステージをご注目ください!)

Marock: For the last 900 years we have captured renegade Doguns that escaped the war, and this year is no exception!
(Marock: 過去900年に渡り私達は戦争から逃れたドグン族の者を捕らえてきました、そう、勿論今年もございます!)

Marock: We shall now entomb the foul demon to join the ranks of the other Doguns on display.
(Marock: 今宵もこの汚い悪魔を葬り去って、他のドグン族の者同様に見せしめとするのです。)

Marock: Bring it out, guards!
(Marock: やれ、衛兵!)


Marock: Note its magical might, its aggressive nature, its intense heat, and its fierce appearance.
(Marock: 奴らは魔法の力を持ち、攻撃的であり、強烈な熱を帯び、更には獰猛な見た目をしております。)

Marock: All no match for the ingenuity and comeradery of the Dwarven nations!
(Marock: しかしながらドワーフ族の才と精神には遠く及ぶことはございません!)

ステージの上部でドグン族の者が処刑される様子が見られる。

Dogun: M-Monsters... You all...are the demons here...
(ドグン族の者: ば…化け物だ…ここにいるお前たち…全員悪魔だ…)

Axelus: Every year, every year, every single YEAR you do this. You all need to open your god-blessed eyes for once!
(Axelus: 毎年、毎年、相も変わらずこんな事をやってるんだな。今一度お前たちは神の目を見開く必要があるだろう!)

Axelus: Do you all really believe everything they tell you? Do you all just lap it up like dogs?!
(Axelus: 皆本当にこいつらが言ってることを信じるのか?犬みたいに丸まって何もしないのか?!)

Axelus: Our side won the war, but does that really mean we were in the right? I'll tell you right now, it doesn't!
(Axelus: 俺たちは戦争に勝利した、でも俺たちが正しいっていうのは真理なのか?今分かった、そんなはずはない!)

Axelus: We all see it- The Doguns have feelings, family and thoughts, just like anyone else here!
(Axelus: ここにいる大勢の皆に感情があり、家族があり、思考がある、それはドグン族も変わらない!)

Axelus: You are encasing live Doguns for entertainment. Public execution! This twisted display is more demonic than they ever could dream to be!
(Axelus: お前たちは娯楽のために命あるドグン族の者を収容している。公開処刑にしている!この歪んだ見世物はお前らが悪魔だっていう何倍も悪魔みたいなもんだ!)

Marock: Guards! Get this propaganda spewing half pint to the Molten Core Prison, north side.
(Marock: 衛兵!この下らんことをほざくチビを北側のMolten Core牢獄へ連れていけ。)

ダイアログ:
Dwarven Guard: Come along, sir. Let's not make more of a scene.
(ドワーフの衛兵: 来い、貴様。騒ぐのを止めろ。)

Looks like Axelus dropped a note...? Doesn't seem like anyone else noticed.
(Axleusがメモを落としたようだ…?誰も気づいていないようだ。)

メモには"If you want to know the truth, find me and talk to me...(もしも真実を知りたいなら俺のもとへ来い、そして話そう…)"と書かれている。

ダイアログ:
Crowd: Why would Axelus say something so blatantly wrong?
(民衆: なんでAxleusはあんなあからさまに間違ったことを言ってたんだ?)

Crowd: What was he talking about? That was all nonsense!
(民衆: 彼は何が言いたかったんだ?全くもって意味不明だよ!)

Crowd: Are they really taking him to the Molten Core? You've heard the horror stories about there, right?
(民衆: 本当に彼はMolten Coreに連れていかれたのか?お前もあそこは恐ろしい所だってを聞いたことあるだろ?)

Crowd: Well, the expression 'no hope blows from the north' came from there, since it's on the north side...
(民衆: そりゃ、あれが北側にあるから'北より来る希望なし'なんて言葉ができたもんだしな。)

Marock: Apologies, all. I shall provide us all with a quick way back to Rodoroc on the floor here. We hope you enjoyed the show, despite the interruption!
(Marock: 皆様、失礼をお詫び申し上げます。ここからRodrocまでの帰り道をご案内いたします。邪魔こそありましたが、ショーをお楽しみいただけましたでしょうか!)

Seems like Axelus had more to say. Since no one else picked up the note, you may as well seek him out.
(Axleusは何か言いたいようだった。誰もメモを拾わなかったので、彼を探し出した方が良いだろう。)

ステージ4

興奮したドワーフへ会いにRodrocの牢獄へ向かう。
ダイアログ:
Axelus: I see I got your attention. Interested in the truth.
(Axelus: 気になってるみたいだな。真実を知りたいんだろ。)

Axelus: I'm no conspiracy nut. The Dwarves have been lied to for hundreds of years about the war.
(Axelus: 俺は陰謀論者の奴らとは違う。ドワーフ族に伝わるのは数百年の戦争における虚偽の歴史だ。)

Axelus: I have seen the truth. But my word isn't enough, is it? Seeing is believing, after all.
(Axelus: 俺は真実を知っている。しかしそれだけで信用できるものでもないだろう。百聞は一見に如かずってやつだ。)

Axelus: Hopefully I will see you soon, <playername>.
(Axelus: またお前と会えるといいな、<playername>。)

It seems like Axelus slipped another note into your pocket.
(あなたの懐にAxelusは別のメモを滑り込ませたようだ。)

メモには"The truth lies at the Library of Flames. The caves south of the bank... (真実は炎の図書館に眠る。銀行の南の洞窟へ…)"と書かれている。

ステージ5

「炎の図書館」内を探索する。
場所The Library of FlamesX1024Y13Z-5050

炎の図書館内への入り方についてネタバレ


The Library of Flames
Defeat the four heroes to find the truth.

(四人の英雄を倒し真実を手に入れよ。)
周囲の4つの墓石に入りその先の敵を倒して証を手に入れる。正面の墓石のホッパーに4つの証を入れることで先に進むことができる。

ダイアログ:
You get the feeling that there's something hidden in this gravechamber...
(この玄室には何かが隠されているような気がする…)

Ye trespassers beware...
(侵入者よ、覚悟せよ…)

ダイアログ:
It's an extremely old book. The pages are torn, yellowed, and dusty.
( これはとても古い本だ。ページは破れて黄ばんでおり、埃だらけだ。)

The cover crumbles a touch at your grip when you open it up. How old is this?
( 表紙を開くと握ったところがボロボロになってしまう。どのくらい古いのだろうか?)

"Top Secret”? The words are faded and hard to make out.
("極秘"?文字は薄れ、読みにくい。 )

"Operation shadow"
( "オペレーション・シャドウ")

It seems to be a report written at the start of the Dogun war.
( ドグン戦争が開戦した初期の報告書のようだ。)

"The natives occupy 90% of the habitable land in the heights.."
( "高地の居住可能区域のうち90%を原住民が占め…")

Several pages are dedicated to the Doguns personalities, traits and powers.
( 数ページに渡りドグン族の性格、特徴、力について記されている。)

".. Magical powerhouses of the fire element.."
( "…溢れんばかりの火属性の魔力…")

".. Live well into their thousands.."
( "…数千年もの寿命があり…")

"Near Dwarven intelligence.."
( "ドワーフ族に近しい知能が…")

The report suggests that the two species would compete for space.
( 報告書には2つの種族が土地を奪い合っていることが記されている。)

"Clearance is needed if Dwarves are going to form a colony.."
( "ドワーフ族が居住地を設ける際には合意が必要である…")

According to the report, the land was once rich with minerals and materials.
( 報告書によると、この土地はかつて鉱物や素材に富んだ土地であったようだ。)

"Public opinion is firmly against removal of the natives.."
( "世論は原住民の排除に断固として反対しており…")

This page appears to have been ripped out and crudely reattached.
( このページは一度取り外された後大雑把に貼り直されたようだ。)

"Any war could result in rioting in Thanos and other established colonies."
( "如何なる戦争も、Thanosや他に設置された居住地における暴動を引き起こしかねない。")

"A program of public profiling of the natives is recommended.."
( "原住民の公開プロファイルを進めることが推奨される…")

There are detailed instructions on producing propaganda against the Doguns.
( ドグン族を非難することを目的としたプロパガンダを行うための詳細な指示が記されている。)

".. recommend they are referred to as demons, as inherent fear will take hold.."
( …彼らを悪魔と呼ぶことで、潜在的な恐怖心を煽ることが推奨される…)

The report details propaganda at all levels of society, particularly at educational centers.
( 報告書では社会のあらゆる分野、特に教育施設でのプロパガンダについて述べられている。 )

Several rumours are suggested to be propagated amongst the population.
( 人々の間では様々な噂が広まっていったようだ。)

"Once public opinion is sufficiently hostile, establishment of colonies will be achievable.."
( "世論が十分に敵対的なものになってしまえば、居住地の設置が可能だろう…)

The report goes on to detail the total dominance of Molten Heights and the importance of propaganda continuation.
( 報告書にはMolten Heights全体の支配や、プロパガンダ継続の重要性についても記されている。)

ステージ6

図書館から出る。
ダイアログ:
Axelus: Well, now you have read what I read. The truth...or the lie.
(Axelus: さて、俺と同じものをお前も読んだ訳だが。まことか…嘘か。)

Axelus: My people are tyrants and conquerors...but they are also good. The people have been brainwashed.
(Axelus: 我らの民は暴君であり征服者だ…それでも悪とは言えない。人々は洗脳されてきたのさ。)

Axelus: Many things are about to happen. If you want to know more, come to house number 81 in Maex. I'll be waiting.
(Axelus: 今、多くが動き出そうとしている。お前が更に知りたいと言うのならMaexの81番の家へ来い。そこで待ってるぞ。)

ステージ7

Axelusの言葉に従いMaexで81番の家を探す。

連合の隠れ家の場所についてのネタバレ


ステージ8

連合基地でAxelusに話しかける。
ダイアログ:
Axelus: Ah, you made it. Come and meet Korzim
(Axelus: ああ、来てくれたか。Korzimと話してくれ。)

Korzim: Welcome.. Human. I... am Korzim.
(Korzim: ようこそ…人間。私…はKorzim。)

Korzim: We...are those who...want peace. I am son...of the Dogun Chief... I have...been banished.
(Korzim: 私達…は平和を…望む。私はドグン族の…族長の息子だが…私は…追放された。)

Axelus: The coalition is a small group of believers in the truth. The Doguns aren't demons, and the Dwarves aren't all brainwashed.
(Axelus: この連合は真実を求める数少ない者たちの集まりだ。ドグン族は悪魔ではないし、ドワーフ族も皆が洗脳されているわけではない。)

Axelus: But of course, we have to live in hiding. The Doguns won’t tolerate Dwarves and the Dwarves hunt traitors and "Demons".
(Axelus: だが勿論、人目につかないよう暮らさないといけない。ドグン族はドワーフ族に排他的で、ドワーフ族は裏切り者や"悪魔"を狩るのに必死だからな。)

Barden: Right now, we're trying to convince the public. But it's proving difficult, if not impossible.
(Barden: 現在、我々は人々を説得しようと試みている。それは不可能ではないが、厳しい道のりだ。)

Barden: It isn't 900 years ago. We have the technology and supply chains to live here peacefully, but they just won't listen!
(Barden: 900年前とは違う。我々は文明を築き、この土地で仲良くやっていけるだけの物流と供給を得た。後は皆が耳を傾けてくれさえすれば!)

Korzim: We have...a plan... To win over...my people...that is.
(Korzim: 私達には…計画が…ある。私の仲間に…打ち勝つための…計画が。)

Axelus: Korzim has told us that dragon bone is sacred to his people. We had to make some connections, but we have a way to get it now.
(Axelus: Korzimが言うには、ドラゴンの骨が彼の民にとって神聖なものらしい。以前はコネが必要だったが、現在は手に入れる方法がある。)

Axelus: If you want, you could come with us. We can explain more of the situation later. Exit's through the back.
(Axelus: もし良かったら俺たちと一緒に来てくれないか。詳しい状況は後で説明してやる。出口は裏手だ。)


ステージ9

作戦を遂行するグループを追う。

ステージ10

グループと合流する。
場所ドラゴンの遺骸X1460Y18Z-5055
ダイアログ:
Korzim: The others...are just up ahead. I'll let you through...our tunnel.
(Korzim: 他の連中…はこの先にいる。私達のトンネルを通そう。)

Korzim: We use.. earth and.. fire.. elements. It is slow... like us.. but powerful.
(Korzim: 私達は…大地と…炎の魔法を…扱う。私達の様に…鈍いが…強力だ。)

ダイアログ:
Axelus: <playername>, over here! Near the skull.
(Axelus: <Playername>、こっちだ!頭蓋骨の所に。)

Barden: We got this drill all the way from Corkus. Axelus had to pay a king's ransom to buy it, but this ought to work!
(Barden: わざわざCorkusからこのドリルを手に入れてきたんだ。Axelusが王様の身代金かって程の金を積んだが、上手くいくはずだ!)

ドリルが故障する。

ダイアログ:
Barden: ...
(Barden: ……)

Barden: AAAAGH! Idiot Corkus swindlers! Damn it all! How many emeralds did we waste?!
(Barden: ああああ!Corkusのクソッタレ詐欺師どもめ!このポンコツがよ!どれだけのエメラルドをドブに捨てたってんだ?!)

Barden: Ugh, do you have any experience with machines? You might have some idea of how in the hell to fix this hunk of junk.
(Barden: おお、君は機械に詳しいのか?この大層なガラクタを修理してくれないか。)

プレイヤーはドリルのコアを修理する。正面のボタンを押して色を選択し、周囲のブロックをクリックすることでその色に塗ることができる。
45秒以内に赤青黄の三色をそれぞれ色のブロックで繋げることで次に進めるようになる。


ダイアログ:
Barden: Fantastic, <playername>! We got the bone! Couldn't have done it without you.
(Barden: 素晴らしいぞ、<playername>!骨を手に入れた!君がいなかったら出来なかったよ。)

Axelus: You can take it back to the coalition base. Barden and I will need to pack up before we join you.
(Axelus: お前がこいつを連合基地へ持って帰ってくれ。Bardenと俺は荷物を纏めないといけない。)

Barden: Just knock on the black block in front of the cave we arrived in.
(Barden: 洞窟に着いたら黒いブロックをノックしてくれればいいから。)


ステージ11

トンネルを通り連合基地へ戻る。
ダイアログ:
Korzim: I'll let... you in.
(Korzim: 君か…中に入れよう。)

ダイアログ:
Axelus: Great, you got back alright.
(Axelus: よし、無事に戻って来れたな。)

Axelus: Dragon bone is one of the hardest substances in all the provinces. It's extremely rare.
(Axelus: ドラゴンの骨は全州でもトップクラスに硬い物質だ。非常に珍しい。)

Axelus: We're going to present this to the Dogun chief as tribute. We need to tidy it up.
(Axelus: こいつをドグン族の族長に貢物として献上するつもりだ。綺麗に整えなきゃな。)

Axelus: Could you get [1 Repair Kit] from the eastern part of the base?
(Axelus: 基地の東側から[1 Repair Kit]を持ってきてくれるか?)

ステージ12

基地の東の部屋から[Repair Kit]を手に入れる。
ダイアログ:
???: Shh. Do you hear that?
(???: シーッ。聞こえるか?)

???: There are voices behind this wall, and the trail ends here.
(???: 壁の向こうから声がしますね。ここで跡は途絶えています。)

???: We have no vaults here. Must be traitors... The King really wants to see Axelus.
(???: この場所には保管庫が無い。ここに裏切者にがいるに違いない…王はAxelusと会うことを望んでおられる。)

???: Stand back! I'll ready the charges...
(???: 下がってください!爆弾を準備します…)

Pens'r: Axelus! You are under arrest for high treason!
(Pens'r: Axelus!お前を重大な反逆罪で逮捕する!)

Pens'r: The king has sent for you personally.
(Pens'r: 王がお前のため直々に遣わせたんだ。)

Pens'r: If you don't come with us we wi-....
(Pens'r: 大人しくしないならば我々が──…)

Pens'r: ...oh Lord, this must be why! D-Doguns?!
(Pens'r: …ああ兵長、これが理由です!ド、ドグン族だって?!)

Pens'r: He is consorting with the enemy! Axelus, they've tainted your soul!
(Pens'r: 奴は寝返った!Axelus、お前の魂は蝕まれている!)

Pens'r: Entomb these Doguns, and slay their Dwarven thralls!
(Pens'r: ここにいるドグン族は墓に埋め、ドワーフ族の奴隷も殺してしまえ!)

三人の衛兵を倒し、ドロップしたアイテムをホッパーへ入れる。

ダイアログ:
Axelus: Is everyone okay!?
(Axelus: 皆大丈夫か!?)

Axelus: No, no, ignore the repair kit! There's no time to worry about that!
(Axelus: いや、どうでもいい、修理キットなんて忘れろ!そんな暇はない!)

Axelus: Our position has been compromised, they blew our doors wide open! We have to evacuate immediately.
(Axelus: こうしちゃいられない、奴らが入口を吹き飛ばしてきた!今すぐ避難を始めろ!)

Axelus: We've never been caught like this before, they never knew we really had Doguns on our side.
(Axelus: 見つかったのはこれが初めてだ。奴らはドグン族を仲間にしているなんて考えもしなかっただろう。)

Axelus: We need to get to safety right now! The least explored area is the Upper Heights.
(Axelus: 今すぐ安全な場所へ!Upper Heightsならまだ探索が進んでいない。)

Axelus: Everyone, out! Now! They won't follow through the rough terrain!
(Axelus: 皆、外だ!奴らは荒れた土地までは追って来ない!)

ステージ13

トンネルを通りDogun Village へ向かう。
ダイアログ:
Axelus: We'll stay around here, we aren't welcome in the village.
(Axelus: 俺たちはこの辺にいよう、村では歓迎されないからな。)

Korzim: But... bring them... the dragon bone as a gift... If they accept it... they might accept us.
(Korzim: しかし…ドラゴンの骨を…贈り…それを村の者が受け入れてくれれば…私達も受け入れられるかもしれない。)

Axelus: You are free to enter the village but we will stay back and wait until the coast is clear. Keep going.
(Axelus: お前は気にせずに村へ向かえばいいが、俺たちはここに留まり安全の確保を優先する。進んで行け。)

ダイアログ:
Plario: What is... that on the... cliff to the south?
(Plario: 何だ…あれは…南の崖に…)

Dwarven Scout: Hey, aren't those...Doguns?! A whole settlement...
(ドワーフ族の偵察兵: おい、これは…ドグン族か?!集落全体が…)

Dwarven Scout: They've been gathering forces! We must inform Rodoroc immediately!
(ドワーフ族の偵察兵: 彼らは軍を集めている!早くRodrocへ戻り報告を!)

Plario: Human. Come talk to me.. Now.
(Plario: 人間よ。私と話そう…今すぐに。)

ステージ7

Plarioに話しかける。
ダイアログ:
Plario: Human... That Dwarf, he saw us...
(Plario: 人間…あのドワーフに見られたのだ…)

Plario: They will... destroy us... If he reports... back to Rodoroc.
(Plario: 彼がRodrocで…知らせれば…奴らは我々を…皆殺しにするだろう。)

Plario: We need to... prepare our defenses. We need all the... help we can get.
(Plario: 防衛の準備が…急がれる。得られるだけの…助けが必要だ。)

Plario: Wait... What are... you holding? Dragon bone...? Just what we need...
(Plario: 待つんだ…君が…持っているそれは…?ドラゴンの骨…?我々に必要なもの…)

Plario: Human... if you promise to help us... I will grant you access to... our secret elevators... You can get up and... down the heights with those.
(Plario: 人間よ…もし君が協力してくれると約束するならば…秘密のエレベーターへの…通行を許可しよう。高所の上り下りに…利用してほしい。)

Plario: Please return to... us when you reach level 92. Take this... badge so the... others recognize you... as an ally. One of the elevators is... to the south.
(Plario: レベルが92になったら…戻ってきてくれないか。このバッジを…持っていれば…他の者も君を…味方だと分かる。エレベーターの1つは…ここの南だ。)


補足

・ステージ10以降、トンネルの外側から連合基地に入ることが出来なくなった場合は、Maexの家からもう一度パルクールを行うことで連合基地に戻れる。
・ステージ13の道のりが分かりにくいのでssを載せます。

(↑基地から出た後は右の空洞を通り上へ向かう。そのまま右の道を進んでください。)
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます