Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

所要時間
場所Underworld Crypt
レベル21
報酬2400 経験値
Dark Diadem
1 Underworld Crypt Dungeon key
Underworld Cryptへのアクセス権


ステージ1

General Grakenに話しかける。
場所Ancient NemraktX227Y45Z-1958
ダイアログ:
General Graken: Ah, hello there chap! I must say, I didn't expect to see a part of the old Ragni regiment over 'ere.
(Graken将軍: やあ、ごきげんよう!こんな所でRagniの古い連隊の者に会うなんて思わなかったな。)

General Graken: I am General Graken, leader of the Nemract militia. Charmed to meet you!
(Graken将軍: 俺はGraken将軍、Nemrakt民兵のリーダーをやってるんだ。会えて光栄だよ。)

General Graken: You've seen all the bloody zombies faffing about everywhere, yes? They're all seeming to come from this massive skull.
(Graken将軍: あんたも血まみれのゾンビ共がそこらじゅうで暴れまわってるのは知っての通りだな?そいつらは全員この巨大な頭蓋骨の中から出てきたらしいんだ。)

General Graken: And try as we might, the thing won't give! Blades, pickaxes, explosives, our burliest soldiers, all done bugger all!
(Graken将軍: それで俺たちがこじ開けようとしたんだが、てんで駄目だったのさ!刃物、つるはし、爆発物、力自慢の兵士、どれも役には立たなかった!!)

General Graken: If we could figure a way in, then we might be able to curb the flow of these undead gits, but it won't budge.
(Graken将軍: 中に入る方法があればアンデッドの流れを止められるかもしれないんだが、無理そうだよな。)

General Graken: However! I found something quite interesting recently. Look at the eyesockets. Notice how the right one has a bright ruby?
(Graken将軍: しかし!最近ちょっとばかり面白いものが手に入ってな。眼球の窪みを見てくれ。右の眼には明るいルビーがはまっているだろう?)

General Graken: It used to be fitted with a dark one like the left.
(Graken将軍: 以前は左に暗いものがはまっていたんだ。)

General Graken: I've a hunch, chap! And that hunch is, if we can find another matching ruby, this thing might open up its gob!
(Graken将軍: そこで俺はピンと来てな!何かって言うと、もう一つぴったりのルビーを見つけて来れば、こいつは口を開けてくれるかもしれないってことだ。)

General Graken: I found the first gem in one of the houses nearby, so I'd like you to check that house again.
(Graken将軍: この辺りの家屋でその最初の宝石を見つけたんだ、あんたにはもう一度確かめに向かってほしい。)

General Graken: Perhaps I simply overlooked the other one in there. If not, then we'll start searching elsewhere.
(Graken将軍: もしかしたらただ俺が他の宝石を見落としただけかもしれないがな。無かったら、また別の場所で探し始めよう。)

General Graken: It's just south of here. The house still had solid wood boarding in it, despite the age, so look lively, chum!
(Graken将軍: 家はここの丁度南にある。家には硬い無垢材が使われていたから、時代が経っていても新しく見えるぜ、相棒!)

ステージ2

Ancient Nemraktの [226, 49, -1910]にある家に向かい二つ目のルビーを探す。
場所ElkurnX5Y75Z-1146

ダイアログ:
General Graken: Oh, sod it, I knew I was forgetting something! Steady there, chum! I'm on my way!
(Graken将軍: うわ、畜生、何か忘れていると思ってたんだよ!家には入るなよ、相棒!俺が行くからな!)

家の床が抜け、プレイヤーは落下する。

General Graken: Drat! Too late, it seems. Yes, I forgot to mention the floor was in poor condition. Up here! You took quite the tumble, are you alright?
(Graken将軍: くそっ!遅かったみたいだな。そう、床が傷んでることを言い忘れていたんだ。丁度そこだ!随分と転んだようだが、大丈夫か?)

General Graken: Well, there's some good news, I suppose. Still though, seems I sent you a ticket to a bit of a sticky wicket! Do you see a way out anywhere down there?
(Graken将軍: まあ、there's some good news, I suppose. だがしかし、俺がやったのはちょっとした難所へのチケットみたいだな!そこから出られそうな道はあるか?)

General Graken: There's a tunnel? Aha, spiffing! I suggest you take it immediately. I'll have to return to my post now, post-haste!
(Graken将軍: トンネルがあるだと?ああ、それは良い!すぐに進むといいだろう。俺は速く自分の持ち場に戻らないといけない。)

General Graken: Good luck, chum! Now, back, you cads! Back I say!
(Graken将軍: 頑張ってくれよ、相棒!さあ、下がれ、お前ら!下がれって言ってるんだ!)

???: Keheh... Come further, little human... Step into the shadows...
(???: へへへ……もっとこちらへ、小さな人間……影の中に入って……)

ステージ3

家の地下にあるトンネルを進む。
トンネルの奥にルビーが見えるが、そこへ辿り着く前にプレイヤーは落下し別の場所へとテレポートする。

ステージ4

暗く奇妙な空間を探索する。

ダイアログ:
???: Welcome...
(???: ようこそ……)

プレイヤーはAncient Nemraktが再現されたモノクロの空間を進む。途中で何度か短いカットシーンが再生される。

ダイアログ:
Soldier: Scout! Report your findings, immediately! How many corrupteds are coming?
(兵士: 偵察兵!調査結果を報告してくれ、今すぐに!どれだけの堕落者が来てるんだ?)

Scout: I...there...too many...th-thousands, at...at least...
(偵察兵: かなり……多い……すく、少なくとも……すう、数千の数が……)

Soldier: Thousands...? This is far worse than I expected. Men! Prepare for-
(兵士: 数千……?思っていたより遥かに酷いな。皆!準備を──)

Scout: No point...we're...doomed...
(偵察兵: 無駄だ……我々は……絶望的だ……)

Soldier: Wait, w-what's going on? What's happening to you?!
(兵士: 待て、な、何が起きてるんだ?お前は一体どうしたんだ?!)

偵察兵が死に、スケルトンへと変わる。


始めに入った家まで来ると地下まで行くことが出来る。
ゴーストが向こう側からやってきて壁に穴を空け、プレイヤーは先へ進むことが出来る。

ダイアログ:
Lost Soul: Please, stop this! Whoever you are, leave me and my family in peace! What did we ever do to deserve this?!
(さまよう魂: お願いです、止めてください!あなたが誰かは知らないが、私と、私の家族に手を出さないでください!私たちが何をしたって言うんです?!)

???: Ah, but if you had only said so sooner! They have already left this mortal coil...oh, what a shame.
(???: ああ、だがもっと早く言ってくれたなら!彼らは既にこの世を去った……おお、惜しいことをした。)

Lost Soul: Y-you...I thought they...oh, god, no...
(さまよう魂: Y-you...I thought they...oh, god, no...)

???: Hush now. I will ensure that you and your family are reunited. You will even be able to partake in...keheh...family outings, under my watchful eye...
(???: 黙れ。私があなたと家族で再開できるようにしてあげよう。私の目の届く場所なら、家族一緒に……へへ……出かけることだって出来る……)

Lost Soul: Wha...you mean... N-no, please! I don't want to hurt anyone! I don't want to die!!
(さまよう魂: そんな……や、止めてください!私は誰も傷つけたくない!死にたくない!)

???: Aha, naive girl. How cute, you believe you have a choice in the matter. What you want, is not what I need.
(???: はは、もの知らずな女の子よ。自分に選択肢があると信じているなんて、なんて可愛いのだろう。お前の望むもの、それは私に必要なものではない。)

???は近づいてLost Soulを殺した後、姿を消す。



大きな頭蓋骨のあった場所まで来ると、???がプレイヤーの前に姿を現す。

ダイアログ:
???: Heheh...do you see now?
(???: へへ……分かったか?)

???: Do you see how easily this place fell? How quickly I became its master? And how I could simply dispose of you without a second thought?
(???: この場所を呪うのが如何に簡単だったことか、分かるか?私がここの主となるのに如何に時間がかからなかったか?そして如何に単純に、考えることもせずお前を始末できたことか?)

???: Such fragile beings, humans. So very easily influenced. Heartbroken, made hopeless. Your ties only serve to weaken you.
(???: その程度の脆さなんだよ、人間はな。とても簡単に影響を受けてしまう。心に傷を負い、そして絶望する。絆はお前を弱らせるものにすぎない。)

???: So I invite you to continue. I encourage it, even. For if you should foray into my domain...
(???: だから私がこの先へ招待しよう。いや、おすすめさ。もしお前が私の領域へ足を踏み入れたら……)

???: There would be simply no chance for you to survive. And then, I will be free to string you up like a lifeless little puppet.
(???: お前が生き残る術はないだろう。そうなってしまえば、お前を縛り上げて、操り人形みたいに自由に動かすことも出来る。)

???: So take the gem, my little soldier. I eagerly await our next meeting, keheheh...
(???: だからその宝石を取るんだ、私のか弱き兵士よ。次に会えるのをとびきり楽しみにしているよ、へへへ……)

You should collect the gem in the left socket before leaving, regardless of the strange figure's ominous comments. Is there a way to climb up somewhere nearby?
(奇妙な人物が不吉な言葉を話しているが、あなたがここから離れる前に左の窪みから宝石を取っておくのが良いだろう。近くから登れそうな道はないだろうか?)

ステージ5

骸骨の眼の窪みから宝石を取り、暗い奇妙な空間から出る。

ダイアログ:
This gem seems to match the one in the normal world. It seems like the only way to go from here is into the skull.
(この宝石は元の世界にあるものと同じもののようだ。ここから出るための道は頭蓋骨の中にあるようだ。)

頭蓋骨の中を進むと大きな扉のある空間へ移動する。プレイヤーは扉の先に入ることで先の会話を続けることができる。

???: I will allow you to return now... and I will ensure you remember what you have seen here.
(???: 今はお前を帰そう……ここで見たものを忘れられないだろうよ。)

???: Good luck on your little quest...keheheh...
(???: お前の小さな冒険に幸あれ……ケヘへ……)

General Graken: Hey! Come on, come over here! Quit milling about with the zombies, chap!
(Graken将軍: おい、こっちだ、戻ってこい!ゾンビ共とうろつきだすなんて止めてくれよ、相棒!)

ステージ6

Grakenにルビーを渡す。

ダイアログ:
General Graken: Oi! Hallo?! Chum? Why're you wandering round all bog-eyed? Come back to me now!
(Graken将軍: おい、おはよう?!親友?なんでボケっとした目で歩き回ってるんだよ?すぐに戻ってこい!)

General Graken: Come on, pip pip! Let's see a bit more colour in your eyes- There we are! Back now, chap?
(Graken将軍: こっちだ、ピピーッ!目に色を塗ってやろうか──気づいたか!戻ってきたんだな、相棒?)

General Graken: Capital! You had me quite worried for a spot, there. Do bubble about just what went on down there, mm? I see you've managed to uncover the gem, at least!
(Graken将軍: Capital! You had me quite worried for a spot, there.下に行った先で何があったのか教えてくれないか、うん?少なくとも、何とか宝石は見つけたようだな!)

General Graken: But, you were stumbling about like a senile biddy, eyes blank as cream, and you kept muttering something about a Charon.
(Graken将軍: しかし、あんたは老人みたいにふらふらして、目はクリーム色、しかもCharonについて何かつぶやいていたじゃないか。)

General Graken: I'm supposing he was the one who took you for a spin there? Well, you certainly haven't carked it, so I might call this operation a jolly good success!
(Graken将軍: 奴があんたを誘って連れていったんじゃないか?まあ、あんたは壊しちゃいないだろうから、この作戦は大成功といえるかもしれないな。)

General Graken: Ah, quite a nasty look there, chum! Don't you worry a bit, I'll be carrying the can on that one. I'll also take care of putting in this gem, too!
(Graken将軍: おお、結構いい顔してるじゃないか、親友!心配しなくても、この件については俺が何とかしてやるよ。この宝石をはめるのも俺に任せてくれ!)

General Graken: I already took out the one up there, so how'd you like to take it, chuck? I can feel the magic potential in it, and I'll be buggered if you go without reward.
(Graken将軍: 上のはもう片付いたから、これを貰っていかないか、相棒?こいつからは魔力を感じるし、報酬なしではいかないだろうからさ。)

General Graken: Now, might be good to go back to town, cop some zeds after all that codswallop. I'm certain you can't be feeling quite ace right now.
(Graken将軍: さて、街に戻ったらくだらない話でもして、動物でも狩りにいくか。今すぐは気分が悪いだろうよ。)

General Graken: And while that was quite the impressive feat, just rushing straight on in the state you're in right now...wouldn't end happily.
(Graken将軍: 何せ脳裏に焼き付いているうちは、そのまま真っ直ぐ突っ走っても……ろくな結果にならないぞ。)

General Graken: Still though. Once you've all healed up, I'd be chuffed to have you along again in the expedition down into the depths, old bean!
(Graken将軍: だが。体調が良くなったら、この底なしの冒険へ付き合ってくれると嬉しいぜ、あんた!)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます