Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

プレイヤーはエヴォ族から追い出されたAvaに協力して、成長促進装置を作ることにする。そのためにはエヴォ族とコークス人の両民から部品を盗まなければならない。どちらのグループもAvaの努力を認めていないからだ。
所要時間
場所Avos Territory
レベル91
報酬2900000 経験値
20 Bipedal Springs
3 Golden Avia Feathers

ステージ1

[-1731, 134, -3267]にある工房を訪れる。



ダイアログ:
???: Oh?! Hold on, is anyone there..!
(???: あれ?!ちょっと待って、誰かいるのね…!)

Ava: Why hello there! Whatcha doin' here? I'm Ava!
(Ava: あらこんにちは!ここで何してるの?私、Ava!)

Ava: Want a quick job? How 'bout helpin' me out?! That was perfect timing!
(Ava: 雑用してくれるの?手伝ってくれないかな?!タイミングばっちり!)

Ava: Y'see, while the other Avos hate it, I just find electromagic so fascinating!
(Ava: あのね、他のエヴォ族の人は嫌がるんだけど、エレクトロマジックって凄く魅力的なの!)

Ava: Look, I think I got a breakthrough invention. If it works... Oh man...
(Ava: 見て、これなんて画期的な発明品だと思うんだけど。動いてくれればね…あらら…)

Ava: I just need to harness some nature magic, and there's an amazing source in the chief's hut. Ya comin'?
(Ava: ちょっと自然の魔法を利用しないとなんだけど、族長の小屋には最高な動力源があるの。一緒に来る?)

Ava: Don't you worry about rewards! I got you! See ya' there!
(Ava: 報酬なら心配しないでね!任せて!向こうで会いましょう!)


ステージ2

[-1840, 123, -3086]でAvaに会う。

ダイアログ:
Ava: Hey! You showed up! Listen up, here's the plan...
(Ava: おーい!来たのね!聞いて、計画はこう…)

Ava: There's a small museum inside the hut with all kinds of trophies.
(Ava: 小屋の中には小さな展示室があっていろんな記念品が飾られてるの。)

Ava: Our chief is quite the talkative fella, and I can guarantee he'd love to tell you stories.
(Ava: 私たちの族長はとってもおしゃべりで、きっとあなたと喜んで話してくれるわ。)

Ava: That should keep him and his guards busy. And that's where I come in!
(Ava: そしたら彼とその護衛は熱心になる。そうなると私の出番よ!)

Ava: I'll take that chance to sneak behind the throne, where our sacred totem is. I'm not stealing it, don't worry!
(Ava: 私がその隙に玉座の後ろにこっそり近づくでしょ、そこに聖なるトーテムがあるの。盗んだりしないから、安心して!)

Ava: I'm a little clumsy, but I'm sure I can count on ya'! No matter what, keep the chief busy!
(Ava: 私はちょっと不器用だけど、でもあなたは信じてるから!何があっても、族長の息をつかせないでね!)

ステージ3

[-1819、131、-3071]でエヴォ族の族長の気をそらす。



ダイアログ:
Avos Chieftain: Greetings, human. Welcome back.
(エヴォ族の族長: こんにちは、人間のお方。ようこそ。)

Avos Chieftain: So, what brings you here, hm?
(エヴォ族の族長: ええと、何かご用でしょうか?)

Avos Chieftain: Oh, you want to learn more about us... Of course, of course!
(エヴォ族の族長: 何と、あなたは我々のことをよく知りたいと…もちろん、もちろんです!)

Avos Chieftain: We have a room where I can show you some of our history.
(エヴォ族の族長: 我々の歩んだ歴史をお見せできる部屋があります。)

Avos Chieftain: You're in luck, I'm in a good mood. Follow me then.
(エヴォ族の族長: 運が良いことに、私は機嫌が良いのです。ついていらしてください。)


DISTRACT!
Interact with the different items in the room by clicking on them. You're limited with what you can interact with, though! You need to hold the chief busy for one minute.
(部屋の中のアイテムをクリックして族長の気をそらすことが出来る。しかし同じアイテムを再びクリックすることはできない。1分間族長の気をそらし続けることで次の会話に進むことができる。)

Info: The bar represents the chief's suspicion level. Make sure it doesn't fill up!
(バーが族長の疑惑レベルを示している。一杯にならないようにしよう!)

本棚をクリックしたとき:
Avos Chief: Gah! What are you doing?!
(族長: うわ!何をされてるんですか?!)

Avos Chief: It's alright, these books aren't important... Be careful though.
(族長: お気になさらず、この本は大事ではないですし…しかし注意していただきたい。)
本をクリックするとバーが減るどころか増加してしまうので、クリックしないのが良い。


鉢植えをクリックしたとき:
Avos Chief: Ah, our wisteria tree! Yes...
(族長: おや、藤の花です!そう…)

Avos Chief: It's one of a kind! We planted it eons ago. It has never ever grown an inch. Or moved.
(族長: 類を見ないものでしてね!ずっと前に植えたのですよ。1インチたりとも成長してはおらず、ましてや動くこともないのです。)

Avos Chief: Never died or anything either. For all we know, it might predate your corruption too!
(族長: 死んだりしているということではないのですが。もしかしたら、腐敗戦争が引き起こされる以前からこうだったかもしれません!)


浮かぶ本をクリックしたとき:
Avos Chief: Oh, this is quite the important tome.
(族長: ええ、こちらは極めて重要な書物でして。)

Avos Chief: This book has a signature from all Avos chiefs ever since we discovered ink!
(族長: インクが発見されて以降歴代全てのエヴォ族の族長のサインが記されております!)


木箱の中の羽根をクリックしたとき:
Avos Chief: Right, the feathery crate!
(族長: そうです、羽根つきの木箱です!)

Avos Chief: It's a custom for every Avos chief to keep their feathers somewhere. I guess I left that here.
(族長: エヴォ族の族長は自身の羽根を保管するという習慣をもっております。私が置いたのでしょう。)


植物の置かれた棚をクリックしたとき:
Avos Chief: And here's some important history!
(族長: こちらが重要な歴史書です!)

Avos Chief: Though, we don't really have the time to sit down and read all of it, do we?
(族長: といっても、じっくり読む暇はお持ちでないのでしょう?)


ダイアログ:
Avos Chieftain: What was that?! I'll check.
(族長: 今のは?!見てきましょう。)

ダイアログ:
Avos Chieftain: Someone broke in? But why? Anyone can use our totem...
(族長: 何者かが侵入したのか?しかし何故?誰でもトーテムは使えるのに…)

Avos Chieftain: I don't get it. They could've just asked...
(族長: よく分かりません。訊いてくだされば良かったのに…)

Looks like Ava left. She probably went back to the Workshop.
(エヴァは帰ったようだ。おそらくワークショップに戻ったのだろう。)

ステージ4

[-1731, 134, -3267]の工房にいるAvaへ報告しに戻る。
ダイアログ:
Ava: Oh, hey! Thanks for earlier. You were a big help.
(Ava: あ、おかえりなさい!さっきはありがとう。凄く助かったわ。)

Ava: Truth is, anyone can use that totem. They just don't like me very much.
(Ava: 本当は、トーテムは自由に使っていいの。でも私ははみ出し者だから。)

Ava: Anyway, we got what we needed, and it's promising! Now onto the next part...
(Ava: とにかく、欲しいものは手に入ったし、期待できそう!じゃあ次は…)

Ava: Y'see, I managed to bottle up some of our magic, but I still need corkian stuff.
(Ava: あのね、魔力の欠片はボトルに詰められたんだけど、あと必要なのはコークス人が持ってるの。)

Ava: Fortunately for us, there's a shop outside the city. Though, things might get complicated...
(Ava: 幸い、街の外にショップがあるわ。でも、ちょっと面倒なことになるかも...。)

Ava: A bunch of Corkians aren't too fond of... Us. I just think you should come along with me, y'know?
(Ava: コークス人は私たち少し苦手で…一緒に来てくれるかな?)

Ava: Here, I wrote the coords into that book of yours. It's a bit far, so come on out and I'll give you a lift!
(Ava: ほら、あなたのクエストブックに座標は書いておいたわ。ちょっと遠いから、外に出て、連れてってあげる!)


ダイアログ:
Ava: Alright, if you want a lift, tell me, or you could just walk!
(Ava: よし、連れてってほしいなら教えて。それか歩いても行けるけど!)

Ava: Not sure why you'd do that when I'm right here though!
(Ava: 私がここにいるのに歩く必要なんてないよ!)

ステージ5

[-1463, 127, -3087]にあるコークス人のショップの近くでAvaに会う。

Avaと飛行することを選択した場合: 

Ava: Alright, buckle up, we're taking off!
(Ava: じゃあ、しっかり締めて、離陸するわ!)

Ava: Still holding on? We're almost there!
(Ava: まだかって?もうすぐ!)

Ava: Here we are! Enjoyed the lift? I'm a great form of fast travel, right?!
(Ava: 着いたわ!飛ぶのは楽しかった?私って最高の移動手段じゃない?!)

Ava: Well, this was my first time using this magic magnet on people, but...
(Ava: いや、この魔法の磁石を他の人に使うのは初めてだったんだけど…)

Ava: This is the shop! I think we can buy an Enhanced Potential Microchip here.
(Ava: これがそのショップ!ここに拡張性マイクロチップが売っててね。)

Ava: I need you to accompany me.
(Ava: 一緒に来てほしいの。)

Ava: If I'm with a human, surely they'll sell one, right?
(Ava: 人間と一緒なら私にも売ってくれるよね?)

Ava: You go first, I'll follow you.
(Ava: 先に入って、続くわ。)

歩いて向かうことを選択した場合: 

Ava: Or I guess you could just leave, that's cool too...
(Ava: 確かにそのまま行っても、それでもいいけど…)

Ava: Ah, finally! I could've taken you there y'know!
(Ava: ああ、やっと!連れてきてあげたのに!)

Ava: Honestly, I just wanted to test something on you... Oh well!
(Ava: 実は、あなたで試したいことが…まあいっか!)

Ava: This is the shop! I think we can buy an Enhanced Potential Microchip here.
(Ava: これがそのショップ!ここに拡張性マイクロチップが売っててね。)

Ava: I need you to accompany me.
(Ava: 一緒に来てほしいの。)

Ava: If I'm with a human, surely they'll sell one, right?
(Ava: 人間と一緒なら私にも売ってくれるよね?)

Ava: You go first, I'll follow you.
(Ava: 先に入って、続くわ。)

ダイアログ:



Shopkeeper: Hmpf. What are you doing in here, Avo?!
(店主: まったく。何しに来たんだ、エヴォ人?!)

Ava: So-uh, I was, y'know, wonderin' if you had any-
(Ava: その、あの、ここに、えっと、売ってるかなって─)

Shopkeeper: Huh?!
(店主: 何?!)

Shopkeeper: There's NO WAY I'm selling anythin' to an Avo! Shoo! Get out!
(店主: エヴォ人に売る商品なんてありっこない!シッシッ!出ていけ!)

Ava: But...!
(Ava: でも…!)

Shopkeeper: OUT!
(店主: 出ていけ!)

Ava: I... can't believe this.
(Ava: そんな…嘘でしょ。)

Ava: I am NOT giving up! To hell with all this!
(Ava: まだまだ!そんなの知ったことじゃないわ!)

Ava: Here, go in yourself and ask. I'll cover the cost later.
(Ava: じゃあ、あなたが行って頼んできて。後でお金は払うから。)

Ava: I'll stand back. CLEARLY this guy is too STUCK up to- Ugh, I'm getting angry! Just go in again.
(Ava: 私は待ってる。どう見てもあの人は頑固だし、もう、ムカついてきた!もう一度お願い。)


ステージ6

[-1436、134、-3109]で拡張マイクロチップを要求する。

ダイアログ:
Shopkeeper: Huh?! I made myself clear! You were with her!
(店主: ああん?!でかい声で言ったろ!お前はあいつといただろ!)

Shopkeeper: I'm closing for today, I cannot stand this! OUT!!
(店主: 店じまいだよ、うんざりだ!出ていけ!!)

Shopkeeper: Oh, and don't even think about even approaching MY shop!
(店主: それから、俺の店には近づくな!)

ステージ7

ショップの近くの[-1436、134、-3109]にあるコントロールパネルを探す。

ダイアログ:
Ava: So you did come back! Hang tight!
(Ava: それであなたは戻ってきたのね!しっかり掴まって!)

Ava: Look, we need a plan. Talk to me.
(Ava: さあ、考えないと。相談しましょう。)

Ava: Urgh, this guy's nuts. Hmm...
(Ava: もう、あの店員はオカシイわ。うーん…)

Ava: I'm... surprised he kicked you out, too. Maybe he's a patriot?
(Ava: あなたも追い出されたなんて…びっくり。愛国者なのかな?)

Ava: Well, anyway, we need a plan. I don't wanna wait this out.
(Ava: ええと、とにかく、計画を立てないと。このままは嫌ね。)

Ava: Look, this guy has to have a control panel somewhere. Maybe we can neutralize the robots.
(Ava: じゃあ、あの店員はどこかにコントロールパネルをもってるはず。ロボットを無力化できるかもしれないわ。)

Ava: That stuff hates water, y'know? So I'll go fetch some in the meantime.
(Ava: ロボットは水が嫌いなんだよ?だから私が行って汲んでくる。)

Ava: I'd like to NOT get zapped by a forcefield, so I'll sneak inside once we're done with that.
(Ava: フォースフィールドで攻撃なんてされたくないから、それが終わったら忍び込むの。)

Ava: Got it? Find the control panel. It should be somewhere around the house. Talk to me once you're ready.
(Ava: 分かった?コントロールパネルを探して。この家の周りにあるはずよ。準備ができたら教えてね。)

Ava: Good luck, then! I'll be back once you find the control panel!
(Ava: 頑張って!コントロールパネルを見つけた頃に戻ってくる!)

プレイヤーは周囲のロボットと戦う。モブを倒してドロップしたアイテムを16個、北側のトラップドアに使うことでコントロールパネルまでの道が開く。

ダイアログ:
Ava: Here we are! Good job! Alright, let's see...
(Ava: よし、ここね!お疲れさま!さて、じゃあ…)

Ava: Wait... Why are there... Buttons... Everywhere??
(Ava: 待ってよ…何で…ボタンが…そこかしこに??)

Ava: I feel like soaking everything would be quite the mistake.
(Ava: 全部に水をかけるっていうのは結構違ってると思うの。)

Ava: And none of them are labelled! What is that?!
(Ava: しかもどれもラベルが貼ってない!何これ?!)

Ava: Look, your choice. What should we neutralize first?
(Ava: さあ、あなたが決めて。どれから無効化したらいいかな?)

左のパネルを選択した場合: 
Ava: Left, huh? Well, let's see how that goes.
(Ava: 左、ね?それじゃあ、どうなるかな。)

Ava: Alright, let's soak this.
(Ava: よし、水をかけるわ。)

[!] Safety teleportation sequence activated!

Ava: TELEPORTATION?!
(Ava: テレポーテーション?!)

Ava didn't get teleported with you! You're on your own!
(Avaはテレポートされなかった!あなただけだ! )

プレイヤーは戦闘を行う。ステージ7.5となる。

中央のパネルを選択した場合: 
中央のパネルからはランダムでenhanced microchipのアイテムが手に入る。

microchipが Enhanced Potential Microchipでなかったとき:
Ava: Center... I guess the most important stuff could be here. In theory. I wouldn't count on it.
(Ava: 真ん中…ここに大事な機械が詰まってるのかも。大抵はね。期待はしないよ。)

Ava: Huh! This wasn't that bad. And... I see something poking out, hold on...
(Ava: あれ!悪くないかも。それで…何か飛び出てる、ちょっと待って…)

Ava: Haha!... Wait, that's not it. Urgh.
(Ava: あはは!…あれ、これじゃないわ。もう。)

Ava: Hey, I'll just give that to you. Though, you probably don't know how to use it, heh!
(Ava: ねえ、これはあげる。でも、使いこなせないと思うよ、あはは!)

[+1 Enhanced Microchip]

Ava: Looks like we got another shot. I still have some water left.
(Ava: 違ったみたいね。まだ水は残ってるよ。)

microchipが Enhanced Potential Microchipだったとき:
Ava: Center... I guess the most important stuff could be here. In theory. I wouldn't count on it.
(Ava: 真ん中…ここに大事な機械が詰まってるのかも。大抵はね。期待はしないよ。)

Ava: Huh! This wasn't that bad. And... I see something poking out, hold on...
(Ava: あれ!悪くないかも。それで…何か飛び出てる、ちょっと待って…)

Ava: Haha! I think that's what we're looking for!
(Ava: あはは!これが欲しかったの!)

Ava: Look, I still want to make it up to the guy. I really don't want to be the villain of his story.
(Ava: えっと、でもあの店員に弁償はしたいかな。あの人に嫌な奴だと思われたくはないもの。)

Ava: I'll meet you back at the Workshop. You can go on ahead.
(Ava: 工房に戻って会いましょう。先に行ってて。)

右のパネルを選択した場合: 
Ava: Right, right. Stand back, just in case.
(Ava: わかった、右ね。下がってて、危ないから。)

[!] ERROR: Defense protocols shutdown!

Ava: Oh wow. You got the right one, first try! How'd you know?
(Ava: おおびっくり。当たったみたい、一発で!知ってたの?)

Ava: Well, good job. I still want to make it up to the poor guy though.
(Ava: うん、いい感じ。でもあの可哀そうな人に弁償はしたいかな。)

Ava: Just meet me back at the Workshop, I'll be there!
(Ava: また工房で会いましょう、待ってるわ!)

ステージ7.5

[-1436、134、-3109]でショップから出るために戦う。
左のパネルに水をかけることを選択した場合のみこのステージに飛ぶ。

ステージ8

[-1731、134、-3267]にある工房でAvaと会う。
Avaが部屋にエメラルドを置き残すカットシーンが流れる。

右または中央のパネルを選択していた場合: 
ダイアログ:
Ava: Ouch!
(Ava: 痛い!)

Ava: Sorry about all the trouble I caused... I hope this makes it up to you.
(Ava: 迷惑をかけてごめんなさい…これで許してくれるといいんだけど。)

Ava: I hope <playername>'s alright... I managed to find the microchip right away, after all.
(Ava: <プレイヤー名>は大丈夫かな…私はなんとかマイクロチップが手に入ったけど。)

Ava: ...Alright. Time to go. I'll wait for <playername>, I guess.
(Ava: …仕方ない。時間だわ。<プレイヤー名>を待つことにしよう。)

Looks like Ava is waiting for you in the square south from here. Maybe she'll give you a lift?
(Avaは南の方角の広場であなたを待っているようだ。一緒に連れて行ってくれるだろうか?)

左のパネルを選択していた場合: 
Ava: Ouch!
(Ava: 痛い!)

Ava: Sorry about all the trouble I caused... I hope this makes it up to you.
(Ava: 迷惑をかけてごめんなさい…これで許してくれるといいんだけど。)

Ava: ...Alright. Time to go. I'll wait for <playername>, I guess.
(Ava: …仕方ない。時間だわ。<プレイヤー名>を待つことにしよう。)

Looks like Ava is waiting for you in the square south from here. Maybe she'll give you a lift?
(Avaは南の方角の広場であなたを待っているようだ。一緒に連れて行ってくれるだろうか?)

Avaと飛ぶことを選んだ場合:
ダイアログ:
Ava: Oh, there you are! I felt sad leaving you behind!
(Ava: あら、いたのね!あなたを置いていくのは寂しかったの!)

Ava: Say, if you need a lift, just tell me.
(Ava: さて、飛びたかったら、私に言ってね。)

Ava: Alright then, buckle up!
(Ava: それじゃあ、しっかり締めて!)

Ava: Alright, I'm dropping you off! Stick the landing!
(Ava: よし、降ろすよ!着陸して!)


ダイアログ:
Ava: I can't believe it! It's working! Look! Look at it!
(Ava: 信じられない!まさか動くなんて!見て!これ見てよ!)

Ava: A Growth Accelerator... Can you imagine the possibilities?!
(Ava: 成長促進装置…何ができるか想像してみて?!)

Ava: We'll be able to... I don't know, help the poor, that's nice, right?
(Ava: これなら…分からないけど、貧しい人たちを助けることとか、それって凄いよね?)

Ava: But we're not done. Well, I'm not done. I'd still like your help.
(Ava: でも、これで終わりじゃないの。うん、まだ残ってる。まだ手伝ってほしいわ。)

Ava: Look, let's try it out together, alright? Maybe I'll let you go afterwards?
(Ava: ほら、一緒にやってみない?そしたら行かせてあげるから。)

Ava: I'll join you outside. Once I'm sure this works, I'll be able to... Show it to them.
(Ava: 外で会いましょう。上手くいくのが確認出来たら、皆に…見せてあげようかな。)

Ava: In theory, it should be easy to operate... I'm trusting you. Again. Sorry 'bout that.
(Ava: 理論的には、操作は簡単なはず…あなたは信じてるわ。もう一回お願い。ごめんね。)

ステージ9

工房の外でAvaに会い、[-1719、173、-3348]で機械の操作を手伝う。
ダイアログ:
Ava: Alright, it's just on the hill next to us, but I can bring you there if ya want!
(Ava: 分かったわ、隣の丘の上に行くんだけど、良かったら連れて行ってあげる。)

Ava: Just don't get too used to me, alright? Tell me when you're ready.
(Ava: けどあんまり私にばっかり慣れないでね?準備が出来たら教えて。)

Avaと飛ぶことを選択した場合:
Ava: Here we go!
(Ava: さあ出発!)

歩いて向かうことを選択した場合:
Ava: Or I guess you could just leave, that's cool too...
(Ava: まあここを出ればすぐだけど、それも良いわ…)


丘の上でAvaは苗木を植え、成長促進装置を地面に置く。
ダイアログ:
Ava: Alright, this should be good. Talk to me and I'll explain!
(Ava: よし、これで大丈夫そう。説明するから話しかけて!)

Ava: I'll do a quick rundown of how to operate this. It's not automatic yet.
(Ava: これの動かし方を簡単に説明するね。まだ自動じゃないの。)

Ava: I'll give you a remote. You'll simply have to click in the right orders. You'll see!
(Ava: あなたにリモコンを渡すわ。単に正しい順番でクリックすればいいよ。見てて!)

Ava: You have to be quick, though! You can't just take all the time you want.
(Ava: でも急いでね!そんなに時間はかけられないから。)

Ava: I have no clue how stable all of this is, so we'll start slowly!
(Ava: これがどのくらい安定しているかは分からないから、始めはゆっくりやりましょう!)

Ava: I know this sounds a li'l scary, but you've shown yourself being capable.
(Ava: ちょっと怖いかもだけど、あなたなら出来るって知ってるよ。)

Ava: Tell me when you're ready, I'll give you the remote then start the machine!
(Ava: 用意が出来たら教えて、リモコンを渡すから、始めよう!)

Ava: Ready? Take this first.
(Ava: いいのね?まずはこれ。)

[+1 Growth Accelerator Remote]

Ava: Think of it like... Casting one of your spells. You're used to that, right?
(Ava: 感覚的には…スペルを唱えるようなものね。慣れっこでしょ?)

Ava: Let's start slowly! You have 45 seconds to fully charge it up!
(Ava: 始めはゆっくり!45秒でフルに充電して!)

プレイヤーは画面に表示される通りにマウスの左または右をクリックする。

Ava: And now, we observe!
(Ava: それじゃあ、見てみて!)

Ava: Oh my... I- No way...
(Ava: まさか…こんなの…)

Ava: Do you have ANY idea what it is we've just done?
(Ava: 今何が起きたか分かってる?!)

Ava: I have to show that to the Chief. They WILL accept me! I cannot fail now!
(Ava: 族長に見せないと。きっと私を受け入れてくれる!失敗しないわ!)

Ava: Tell you what, let's meet up at the Chief's hut. If you want me to take you there right now, you can just go ahead and tell me!
(Ava: こうしましょう、族長の小屋で会うの。今すぐ連れて行ってほしいなら、教えてくれればいいよ!)

ステージ10

[-1819、131、-3071]でAvaと一緒に機械を操作する。
ダイアログ:

Ava: Alright, let's fly!
(Ava: よし、飛ぶよ!)

Ava: It really is convenient being with me, huh?
(Ava: 私って本当に便利、そうじゃない?)

Ava: On second thought... Isn't it too soon?
(Ava: 考えてみると…もしかして早すぎかな?)

Ava: I-I think I want to turn back... I...
(Ava: わ、私やっぱり戻りたい…私は…)

Ava: Gah! If I can't get myself to do it now, I'll never do it!
(Ava: もう!ここでやらないと一生できないわ!)

Ava: You should approach the Chief first. It... won't work if I do it. I'll come by afterwards.
(Ava: 始めに族長と話をつける必要があるわ。私がやると…ダメだから。後で来るわ。)

At the Chief's hut:

Dialogue:

Avos Chieftain: Ah, human! Welcome back. Good timing...
(族長 : ああ、人間さん!よく戻ってきてくれました。良いタイミングです…)

Avos Chieftain: Did you happen to see... An oddly dressed Avo around here recently?
(族長 : お尋ねしますが…変わった服装をしたエヴォ人をここらで見かけませんでしたか?)

Avos Chieftain: We kicked that girl from the tribe, and we do have our reasons.
(族長 : 我々は彼女を一族から追い出しましたが、それには理由があるのです。)

Avos Chieftain: I've heard reports of her snooping around recently. With a human, even.
(族長 : 彼女がこの辺りを嗅ぎまわっているという話を聞きまして。人間と一緒に。)

Avos Chieftain: And I believe... That this is no coincidence you're here.
(族長 : それで…ここに来たのは何かあるのだろうとはお察しします。)

Avos Chieftain: I will be frank. You're with her, aren't you? I won't hurt you. I won't hurt her either.
(族長 : 単刀直入に言いましょう。あなたは彼女と一緒にいますね?あなたを傷つけたくはないんです。まして彼女のことも。)

Avos Chieftain: She's not exactly welcome here. But she's never told you about that, did she?
(族長 : 彼女はここでは歓迎されていない。しかし彼女はそのことをあなたに話していませんよね?)

Ava: And I have nothing to hide, Chief.
(Ava: 私が隠すことは何もありません、族長。)

Avos Chieftain: STOP IT, you two! Let her talk!
(族長 : やめなさい、衛兵達!話を聞きましょう!)

Ava: You're all scared of change, and that's all there is to it. Now...
(Ava: あなた達は変化を恐れている、それだけのことです。ここに…)

Ava: May I... Show you something?
(Ava: 見せたいものがあるのですが。)

Avos Chieftain: Hmpf. Let's see that broken atrocity of yours.
(族長: ふん。ではその野蛮なガラクタを見せてみなさい。)

Ava: ...It's time. Talk to me.
(Ava: …ここからだよ。こっちに来て。)

Ava: This is it. I can't fail now... I really hope I can trust you.
(Ava: これだよ。失敗はできないから…あなたが上手くやるって本当に信じてる。)

Ava: You have no idea how important this is to me.
(Ava: 私にとってどれだけ大事なことか分からないでしょう。)

Ava: It'll be slightly more difficult than last time, so get ready.
(Ava: さっきよりもちょっと難しくなるの、準備して。)

Ava: I'll give you the remote once you're ready!
(Ava: 用意が出来たらリモコンを渡すよ!)

[+1 Growth Accelerator Remote]

Avos Chieftain: Wait, are you sure this isn't dang-
(族長: 待ちなさい、もし恐ろしいことが起き──)

Ava: Don't worry 'bout that!
(Ava: そんなの気にしないで!)

先ほどと同じようにマウスをクリックする。

[-1 Growth Accelerator Remote]

The sapling will spontaneously grow into a full tree, as before.
(先ほどと同様に苗木は完全な木へと自然に成長する。)

Avos Chieftain: ...Oh my!
(族長: なんてことだ!)

Ava: Wait... That's it?? No, this isn't right...
(Ava: 待って…これでいいの??いや、おかしい…)

Ava: Let me just...
(Ava: ちょっと…)

Avos Chieftain: WAIT!
(族長: 待て!)

Avos Guard: Chief! Have you seen what she just did?!
(エヴォ族の衛士: 族長!彼女が今何をしたかご覧になったでしょう?!)

Ava: I-I didn't mean to! I told you to stand back!!
(Ava: そ、そんなつもりじゃ!下がってって言ったよ!!)

Avos Chieftain: Under normal circumstances, I'd have sent you down the pit after cutting off your feathers.
(族長: 通常であれば、お前の翼を切り落として穴へ放っていただろう。)

Avos Chieftain: But these are not normal circumstances. Soldier, may you come over here as well?
(族長: しかし今はそうではない。兵士よ、あなたもこちらに来てほしいのです。)

ステージ11

[-1819、131、-3071]でAvaと共にAvos族の族長と話す。
ダイアログ:
Avos Chieftain: So you fused OUR magic... With electromagic?
(族長: 我々の扱う魔法とエレクトロマジックを融合させた…のですね?)

Avos Chieftain: I recognized extracts from the totem too. You're the one who stole from us, right?
(族長: トーテムから引き出された魔力もはっきりと分かる。あなたが我々から盗んだのですね?)

Ava: I... might have done that.
(Ava: 私は…そうかもしれない。)

Avos Chieftain: And on top of that, you used the Wynn warrior to fool us?
(族長: その上、Wynnの兵士と組んで我々を欺こうと?)

Ava: And I'm sure you know why I did!
(Ava: そうするしかなかったって知ってるでしょう!)

Avos Chieftain: Do you have any idea how unstable this wretched electromagic is?!
(族長: あの悲惨なエレクトロマジックがどれ程のものか理解しているのですか?!)

Ava: I-I can control it!!
(Ava: わ、私はコントロールできます!)

Avos Chieftain: And you should NOT! Don't you understand? This is too dangerous!
(族長: 絶対にコントロールしてはいけないのです!分からないのですか?遥かに危険だと!)

Avos Guard: Should we kill her on the spot?! We almost died!
(エヴォ族の衛士: ここで死刑にしてしまってもよいでしょう?!私達は死の寸前でした!)

Avos Chieftain: No, don't kill her. I want her and the soldier in my hut, now.
(族長: いけません、殺しては。すぐに彼女とその兵士を私の小屋へ連れてきてください。)

Avos Chieftain: Ava. You can't keep going with this. Just stop. This is your final warning.
(族長: Avaよ。これ以上続けてはいけません。すぐに止めるのです。これが最後の警告です。)

Avos Chieftain: What do you even hope to accomplish? You used to be such a brilliant kid.
(族長: 何を望んでいるのですか?かつては優秀な子だったのに。)

Ava: I just... wanna help people. You know that, I'm sure you understand!
(Ava: 私はただ…人々の助けになりたいのです。分かるでしょう、分かってくれるはずです!)

Avos Chieftain: Have you seen the Factory? They tried to help people, and instead they killed hundreds!
(族長: 例の工場は知っていますか?人々を救おうとして、その手で数百の命を奪ったのです!)

Avos Chieftain: Do you think you're able change the world?! Well, you can't, Ava! This is beyond you!
(族長: 世界が変えられるとでも?!いや、無理なのです、Ava!限度を超えている!)

Avos Chieftain: So, for the last time. Stop all of this. I might reconsider your banishment then.
(族長: ですから、これで最後にします。全てを手放してください。そうであれば追放について考え直す余地もあるでしょう。)

Ava: You... You're really serious about that, huh? You'll NEVER change, will you?!
(Ava: あなたは…あなたは本気で言っているのですか、そうだと?あなたは決して変わらない!)

Ava: Do you guys have ANY idea how archaic you all are?! A final warning??
(Ava: 自分たちの考えがいかに古いか分かっていないの?!"最後の警告"なんて??)

Ava: To hell with this! I'll show everyone! I'll show how great we could be! You'll see, chief!
(Ava: やってられない!皆に見せてあげるわ!!私たちの素晴らしさを!見ていてください、族長!)

Avos Chieftain: I can't believe you worked with her, soldier. Well, now you know to avoid her.
(族長: あなたが彼女と共にいたなんて信じられません、兵士よ。さあ、彼女から離れるべきです。)

Avos Chieftain: ...It appears she left some device on the floor. You might as well take them. And here, take these. We haven't had the chance to thank you regarding the Factory.
(族長: 彼女は部品をいくつか地面に置いて行ったようです。持っていったほうが良いでしょう。それから、こちらも一緒に。工場の件でお礼をいう機会がありませんでしたから。)


補足

・マウスを右/左クリックして装置を操作するステージでは、左クリックをする際にブロックをターゲットしていると判定が乗らない。空中などを見ながらクリックをすると良い。
・クエスト報酬のGolden Avia FeatherはUth Runeを手に入れる際に必要になる(特定のモブが確定でドロップするので売ったり捨てたりしても問題はない)。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます