Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

最近、Oluxでは多数の行方不明者が出ている。
プレイヤーはHart刑事から依頼を受け、事件の調査に乗り出す。
※本クエストは前クエスト"An Iron Heart Part "から続くクエストになっている。
所要時間
場所Olux
レベル58
報酬160000経験値
512エメラルド / 768エメラルド
Greaves of Honor / Shameful Greaves


ステージ1

Hart刑事に話しかける。
場所OluxX-1745Y66Z-5479

ダイアログ:
Detective Hart: Hotor, Athomo, Arperi, Etyir, Taiyroth, On'omi, Danin, Nesys, Onton. All missing...
(Hart刑事:Hotor、Athomo、Arperi、Etyir、Taiyroth、On'omi、Danin、Nesys、Onton。皆、行方不明か…。)

Detective Hart: Etan is the latest. You don't happen to know anything about these people, soldier?
(Hart刑事:Etanが最後の行方不明者だな。この人達について何か知ってるかね?兵士殿。)

Detective Hart: Citizens are going missing at an alarming rate. We have lost 10 people in just 3 weeks. There hasn't been a trace of them anywhere.
(Hart刑事:市民の失踪が相次いでいるんだ。たった3週間で10人だぞ。どこにも彼らの痕跡が無いんだ。)

Detective Hart: You wouldn't have expected it, with all the guard golems we've been donated recently! Olux should be safer than ever.
(Hart刑事:最近はガードゴーレムが数多く寄贈されているから、予想外だっただろう!Oluxは今まで以上に安全なはずなのだがね。)

Detective Hart: Of course I have my suspicions, there are rumors floating around about...shady business going on.
(Hart刑事:勿論眉唾だが…、怪しげな取引が行われているとの噂が流れているんだ。)

Detective Hart: I don't know who to trust in these circumstances, so if you would be willing to aid in this investigation, I'd be rather thankful.
(Hart刑事:この状況じゃ誰を信じれば良いか分からないからね、君が調査に乗り出してくれるのならかなり有難いんだが。)

Detective Hart: The “Great” Daxe is a man with a criminal past. He knows things the police don't, but he won't talk with me, given my status.
(Hart刑事:"偉大なる" Daxeは過去に犯罪歴がある男でね。奴は警察が知らない事を知っているが、私の立場上、私とは話をしてくれないだろう。)

Detective Hart: Can you try to get some information from him? You can find his hut west from here. Next to that Elven girl's camp.
(Hart刑事:君なら奴から何か情報を得られるんじゃないか?ここから西に奴の小屋がある。エルフの娘のキャンプの隣だ。)


ステージ2

Daxeに話しかける。
場所Olux SwampX-1924Y55Z-5466
※前クエスト終了時に入手した[Mechanical Reactor]を持って行く事

ダイアログ:
Daxe: Oh, so a human wishes to wander into the home of the great Daxe?
(Daxe:おや、人間が偉大なるDaxe様の家に迷い込んだのか?)

Daxe: Unfortunately for you, I'm not fond of visitors. I've left my criminal past behind...mh?
(Daxe:残念だが、俺は来客が好きじゃねえ。俺は犯罪者としての過去を捨てたんだからな…うん?)

Daxe: What's that device you have there? So you already know about this, then...?
(Daxe:お前が持ってるその装置は何だ?だとしたら、お前はもう知っているのか…?)

Daxe: Hm! If you already know, what do you need the information for?
(Daxe:ふん!既に知っているなら、何故その情報が必要なんだ?)

Guard Golem: BZZT. -------...? Mad----ne...?
(ガードゴーレム:ブー。———?Mad——ne…?)

Guard Golem: MADELEINE! Where's...wait! ------ ---------- where am I? WHO'S VOICE IS THIS?!
(ガードゴーレム:Madeleine!どこに…待ってくれ!—————、僕はどこにいるんだ?この声は誰だ?! )

ガードゴーレムが突然暴れ出す。

Daxe: Wait, what in the world is going on?! What did you do to my golem?!
(Daxe:一体どうしたんだ?! 俺のゴーレムに何をしやがった?! )

Guard Golem?: They... m- --------... SHUT UP! QUIET! Who's giving me orders- -- ------- Cold! COLD!
(ガードゴーレム:アイツら…むす———…。黙れ!静かにしろ!僕に命令するのは誰————。寒い!寒い!)

Daxe: Wait, your daughter?! M-Madeleine...? I...h-how...what...?
(Daxe:待て、娘だと?! M、Madeleine…?俺は…ど、どうして…何が…?)

Daxe: You...you aren't...dead steel? You remember your name...?!
(Daxe:お前…お前は…命無き鋼鉄じゃないのか?自分の名前を覚えているのか…?! )

Guard Golem?: STOP GIVING ME ORDERS!! I'M...I'M THEODORE! I'M --- - -------- I...where has my life gone...? Where is...
(ガードゴーレム?:命令するのを止めてくれ!! 僕は…僕はTheodoreだ!僕は————!僕は…僕の人生はどうなって…?どうなって…。)

Guard Golem?: Madeleine... Where are you- ------------ ----------- BZZT. ... ... ...
(ガードゴーレム?:Madeleine…。どこに行ったん————。ブー。………)

ガードゴーレムが大人しくなる。

Daxe: I... I can't believe it. They didn't...they're still...
(Daxe:し…信じられん。コイツらは…まだ…。)

Daxe: Dear god, that...that must...I'll talk. I will tell you what I know.
(Daxe:神よ、コイツは…コイツはきっと…。話そう。俺が知っている事を話してやる。)

Daxe: I broke into the golem factory for petty thievery...and found them. They gave me this Golem... Theodore...later to keep me quiet.
(Daxe:ゴーレム工場にちょいと盗みに入った時にな…見つけちまったんだよ。奴らは俺にこのゴーレム… Theodoreを寄越した…後で口止めのためにな。)

Daxe: They assured me that they were gone, that every last bit of them was erased. They...those monsters lied to me...
(Daxe:奴らは俺に、自分らはいなくなった、自分らの全ての要素が消去されたと言っていた。奴らは…あのバケモンどもは嘘をついてやがったんだ。)

Daxe: Follow this road west and turn right. Look for Urelix. The factory is hidden in a cabin, it won't look like a factory.
(Daxe:この道を西に行って右へ曲がれ。Urelixを探すんだ。工場は小屋の中に隠されていて、工場のようには見えない。)

ステージ3

[-2119, 55, -5557]の小屋(ゴーレム工場)へ向かう。


ステージ4

見張りのガードゴーレムを何とかする。

ダイアログ:
Maybe something can deactivate the golem guarding the entrance
(もしかしたら何かで入口を守るゴーレムの機能を停止させる事が出来るかもしれない。)

ネタバレ


The guard golem left...but the reactor has stopped working.
(ガードゴーレムは立ち去った…しかし、リアクターは動かなくなってしまった。)

喪失:[Mechanical Reactor]

Urelix: And what do you think you are doing, barging into my humble home like this? Do they not teach humans manners in Wynn?
(Urelix:こんな儂のボロ屋に押し入るとは、何を考えとるのじゃ?Wynnでは人間に礼儀作法を教えとらんのかね?)

Urelix: Ah, yes. You are correct- I oversee the creation of Guard Golems. What of it?
(Urelix:ああ、そうじゃ。その通りじゃ。儂はガードゴーレムの製造を監督しておる。それがどうしたと言うんじゃ?)

Urelix: Oh, you believe that our company is illicit somehow? You insult me so!
(Urelix:ほう、お主は我々の会社が何か不正をやらかしているのではないかと疑っとるのかね?儂を侮辱する気か!)

Urelix: My golems have protected countless people for years. So if you think my company is corrupt, why don't you take a look around?
(Urelix:儂のゴーレムは長年に渡って無数の人々を守って来たのじゃ。儂の会社が不正を働いていると考えているなら、一度見て来たらどうじゃ?)

Urelix: Go on, search through my house. See if you can find anything.
(Urelix:ほれ、儂の家を探してみろ。何か見つかるかもしれんぞ。)


ステージ5

Urelixの家から工場へ繋がる道を探す。

ネタバレ



ステージ6

工場内を探索しUrelixを探す。

ネタバレ



ステージ7

Urelix博士に話しかける。
場所X-6196Y47Z-7614

ダイアログ:
Dr. Urelix: Well well, look at you, here at the end of my factory. I wasn't expecting you to survive the production line. I thought you'd be one of ours by now.
(Urelix博士:おやおや、お主を見てみろ、儂の工場の端まで来おったのか。生産ラインで生き残るとは思わんかったわい。今頃は儂らの仲間入りをしているかと思っておったわ。)

Dr. Urelix: That's that, I suppose. Yes, this is indeed where all the iron golems you've ever encountered were made, and if you've gotten here, you know how we make them.
(Urelix博士:まあそういう事じゃ。そう、ここはお主が出会ってきた全てのアイアンゴーレムが作られた場所じゃ。ここまで来たのならどのように作られているのかは分かるじゃろう。)

Dr. Urelix: Yes, metal forged with flesh...an unbeatable combination. Emotions and memories must be repressed in order to maintain obedience, of course...
(Urelix博士:そうじゃ、金属と肉の融合…最強の組み合わせじゃ。無論、従順さを保つ為には感情や記憶を抑える必要があるがな…。)

Dr. Urelix: Have you ever looked at a golem's eyes? Sometimes they look back, yes. The person they once were is still in there. I almost feel a connection when I make eye contact with them...
(Urelix博士:お主はゴーレムの目を見た事があるかの?たまに振り返る事があるじゃろう。かつての自分がまだそこにいるのじゃ。儂は其奴らと目を合わせると繋がりを感じるのじゃ…。)

Dr. Urelix: It's odd, honestly. I'm sure they don't feel much except cold, supposing our safeguards stay in place, of course. I have to assume malfunctions happened to have had you find us out...
(Urelix博士:正直、不思議なものじゃよ。其奴らは寒さ以外は感じておらんはずじゃ、勿論安全装置が機能していればの話じゃがの。お主には誤作動が切欠で見つかってしまったのかのう…。)

Dr. Urelix: Oh, look at me now, rambling! I must say I have been alone for a while...well, lacking any company that converses! So, I shall make you a deal, human.
(Urelix博士:ああ、聞いてくれ、儂の話を!儂はしばらく独りじゃった…いや、話し相手がおらんかったのじゃ!そこで、お主に取引を持ちかけようと思うのじゃ、人間よ。)

Dr. Urelix: I will give you a substantial amount of emeralds and a piece of quality iron armor in return for your silence on my little operation here.
(Urelix博士:儂の作戦を黙っておくなら、大量のエメラルドと上質な鉄鎧をやろう。)

Dr. Urelix: I'll advise you to take my deal. Imagine what will happen if you should report my operation to the police. Yes, you'll save a few folk here, but how will the golems be made?
(Urelix博士:儂の取引に乗る方が良いぞ。もしお主が警察に儂の作戦を報告したら何が起こるかね。確かにここでは何人かは助かるかもしれんが、ゴーレムはどうやって作るのじゃ?)

Dr. Urelix: Without them, both Gavel and Wynn would struggle under the weight of our wars. Is this operation so immoral, then? Sacrifices must be made in order to survive.
(Urelix博士:其奴らが無ければ、GavelもWynnも戦争の重圧に耐えられんじゃろう。それではこの作戦は道徳に反しているのかね?生き残るためには犠牲が必要なのじゃ。)

Dr. Urelix: I'll give you some time to consider my proposition. Take from my chest if you wish to take up my offer, otherwise get out of here and do not return.
(Urelix博士:儂の提案を検討する時間をやろう。儂の提案を受け入れるなら儂のチェストから持っていくが良い。もしそうでないならここを出て、二度と戻るんじゃないぞ。)


ステージ8

Urelixの提案に乗るか、Hart刑事に報告するか、どちらかを選ぶ。

※Urelixの提案に乗る場合

ダイアログ:
Dr. Urelix: Ahh, a wise choice. Production will continue then...and you've earned yourself a pocket full of emeralds at the same time.
(Urelix博士:ああ、賢明な選択じゃ。それならば製造は続け…、お主はポケット一杯のエメラルドを手にしたというわけじゃな。)

Dr. Urelix: Whether you truly see things my way or simply understand that my work is necessary, I couldn't care less. What matters is not your morality, but your choice.
(Urelix博士:お主が本当に儂のやり方を理解したのか、単に儂の仕事の必要性を理解しただけなのか、そんな事はどうでも良い。重要なのはお主のモラルではなく、選択じゃ。)

Dr. Urelix: Enjoy your armor and money, and please escort yourself to the exit.
(Urelix博士:鎧と金を大事にするが良い、出口まで進むのじゃ。)

入手:768エメラルド+Shameful Greaves


※Hart刑事に報告する事にした場合
Detective Hart: You've returned, I see. Any news on the situation?
(Hart刑事:戻って来たようだな。何か情報はあるかね?)

Detective Hart: Yes, we're aware of the Golem factory. Were the criminals using it as a base?
(Hart刑事:うむ、ゴーレム工場に継いては我々も把握している。そこを犯罪者どもは拠点にしていたのかね?)

Detective Hart: Wha...fleshcrafting?! Golems are powered by suspended villagers?! Is this true, soldier?
(Hart刑事:な…肉からゴーレムを製造だと?! 仮死状態のVillager族がゴーレムの動力源なのか?! それは本当なのか、兵士殿?)

Detective Hart: We'll need to round up reinforcements immediately, and storm this factory! This cannot go on a moment longer!
(Hart刑事:すぐに援軍を集めて工場を襲撃しなければ!一刻の猶予も許されないぞ!)

Detective Hart: Don't think you'll go unrewarded, soldier. There will be justice for this grave defilement of our people.
(Hart刑事:報われないとは思わないで頂きたい、兵士殿。人々に対する重大な汚点には必ずや正義が下されるだろう。)

入手:512エメラルド+Greaves of Honor


備考

  • もしステージ2までに[Mechanical Reactor]をなくした場合は、Duvaleにもう一度話しかける事で新たな物が貰える。
  • 最後の選択次第で貰える報酬(どちらもレギンス)の性能は大体以下の通り(念の為伏せてあります)。

装備の性能



トリビア

  • ステージ2でのガードゴーレムの台詞(潰れている部分を含む全文)は以下の通り。

ゴーレムの台詞全文

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます