Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

惨劇を生き延びたCaritat家唯一の生き残りであるAtisunは、廃墟となったCaritat家の屋敷を訪れた。
彼は過去にCaritat家に何が起きたのか、惨劇の真相を突き止めるべくプレイヤーに屋敷の調査を依頼する。
所要時間
場所Caritat Mansion
レベル67
報酬375000 経験値
1536エメラルド
Ring of Generosity


ステージ1

屋敷の前にいるAtisunに話しかける。
場所Caritat MansionX-1192Y46Z-5198

ダイアログ:
Atisun: Oh, a human? If I could beg your pardon a moment...could I talk to you about the mansion here?
(Atisun:おや、人間さんですか?恐れ入りますが…少々この屋敷についてお話しさせて頂いてもよろしいでしょうか。)

Atisun: It was not always so dilapidated. It once stood tall, a monument to the family of Caritat, who constructed it from the ground up.
(Atisun:この屋敷はかつてはここまで荒れ果ててはいなかったのです。Caritat家が一から建てたもので、以前はCaritat家の象徴として高く聳え立っていたのです。)

Atisun: The Caritats were unlike any other. Uncharacteristically selfless and helpful. Their wealth was everyone’s wealth as far as they were concerned.
(Atisun:Caritat家の方々は他の方々とは違いました。珍しくも無私で奉仕的な方々でした。彼らの考えにおいては、彼らの財産は皆の物でありました。)

Atisun: But... Eventually... Erm, we’re not entirely sure what happened, only rumours have surfaced over the years, but...things took a turn, shall we say.
(Atisun:しかし…最終的には…、いえ、何が起こったのか全てが分かっているわけではないのです。何年も噂が流れているのですが…何と言いますか、内容が変わって来ているのです。)

Atisun: Because, aah...how shall I put this... One day they were all...discovered dead. Murdered. By each other.
(Atisun:ええと…何と言えば良いんでしょうか…。ある日、彼らが皆…死亡している状態で発見されたのです。殺し合ったのです。お互いに。)

Atisun: I am the last remaining descendant, Atisun Caritat. I was the only survivor of the... incident. I was only an infant when I was found by a passerby.
(Atisun:私は一族最後の末裔、Atisun Caritatと申します。
私は…あの事件の唯一の生存者でした。まだ赤子であった私は、通りすがりの方に発見されました。)

Atisun: Since, erm...since there was no one alive to report the incident, it wasn't discovered until days later when a traveller passing by took notice of the mansion.
(Atisun:事件を…あの、事件を報告できる生存者は一人もいなかったものですから、数日後になって初めて屋敷に気付いた旅の方に発見されました。)

Atisun: I do not believe that my family simply went mad, but I do not know what happened. I want to know the truth. I think this mansion still holds the answers I'm looking for.
(Atisun:私には家族が単に発狂しただけとは思えないのですが、私は何が起こったのかを知らないのです。私は真実が知りたい。
この屋敷には私が探している答えがまだ眠っているような気がしているのです。)

Atisun: Yet, I am...scared of this place. It is the ruins of the life I should have had. The spirits of the dead are still there...cursed. I need someone else to uncover my heritage.
(Atisun:今もまだ、私は…この場所が恐ろしいです。この廃墟は私が人生を送っていたであろう場所。死者の魂はまだそこにいる…呪われたまま。誰か私の遺産を調べて明らかにして下さる方が必要なのです。)

Atisun: Don't you worry, like my ancestors, I'm a generous man. If you help me, I will reward you handsomely. All you have to do, is go in there and find answers. I'm sure the past won't haunt us both.
(Atisun:ご心配なさらず。私の一族と同じように、私も寛大な男です。もし貴方が手伝って下さるなら手厚く御礼申し上げます。貴方は屋敷に入り答えを探し出すだけで良い。過去は私たち双方を苦しめたりはしませんから。)


ステージ2

Caritat家の屋敷に入る。

The past echoes in the walls of the crumbling mansion...
(過去が崩れた屋敷の壁にこだまする…)

過去(920 AP)に飛ばされる。


ステージ3

Caritat家の物語を紐解く。

過去の屋敷には様々な人物がいるので、色々調べたり話しかけてみたりする。

ダイアログ:
※入口左側の机の上にある小切手を調べる。
Check: This check is made out to a charity for a rather large amount of emeralds.
(小切手:この小切手には慈善事業に寄付したかなりの金額のエメラルドに対して切られたもののようだ。)

※Mr.Caritatの様子を見る。
Mr. Caritat looks very engrossed in his writing. You best not disturb him.
(Caritat氏は書き物に没頭している。邪魔をしない方が良いだろう。)

※[-1241, -7729]にいるメイドに話しかける。
Maid: It's so kind of the the Caritats to donate these supplies to the struggling people in the forest.
(メイド:森で苦しんでいる人々にこのような物資を援助されるなんて、Caritat家は優しい方々なのね。)

※[-1142, -7738]にいる執事に話しかける。
Servant: Mr.Caritat is always writing so intensely in that book... I do wonder what he could be saying.
(使用人:Caritat様はいつも熱心にあの本に書き込みをなさっている…。一体何をなさっているのでしょう。)

Timmy: He won't even tell me what he's writing.
(Timmy:何を書いてるのか僕にも教えてくれないんだよね。)

Maid: I'll bet he's writing insults about us or something. He can't be as nice as he appears. No one is!
(メイド:きっと私達の悪口か何かを書いてるんですよ。旦那様が見た目通りの良い人なわけないんですから。そういうものなんですよ!)

※[-1232, -7744]にいるメイドに話しかける。
Maid: I've heard about weird things happening around the house. People are saying the mansion might be haunted!
(メイド:私、この屋敷の周りで起きている妙な出来事の話を聞きましたわ。この屋敷が取り憑かれているんじゃないかですって!)

Servant: Ghosts? Preposterous! This mansion isn't haunted, don't believe those silly rumors!
(使用人:幽霊に?馬鹿馬鹿しい!この屋敷は呪われてはいませんよ、そんな愚かな噂を信じないで下さい!)

Timmy: G-g-ghosts?
(Timmy:ゆ、ゆ、幽霊?)

※Timmy Caritatに話しかける。
Timmy: I accidentally dropped my Library Key down the drain, do you think my dad will be angry?
(Timmy:書斎の鍵をうっかり排水溝に落としちゃった。パパ、怒るかなあ?)

Maid: Come on, Timmy. Mister Caritat is crazily sweet. I doubt he'd be upset, even if you'd thrown it down there on purpose.
(メイド:まあまあ、Timmy。Caritat様はおかしなぐらいお優しい方ですから。もし悪気があってやったとしてもお怒りにはならないと思いますよ。)

Timmy: I still want to find the key though, do you know where I should look?
(Timmy:でも、僕まだ鍵を探したいんだ。どこを探せばいいか知ってる?)

Servant: Well, the drainage pipes have probably taken the key to the basement in the southeast corner of the mansion by now, that's most likely where it is.
(使用人:そうですね、鍵は排水管を流れて今は屋敷の南西の角にある地下室にあるのではないでしょうか。おそらくそこが一番可能性が高いと思いますよ。)


ステージ4

[-1218, -7693]の地下室に行き、書斎の鍵を探す。

ステージ5

書斎の鍵を使い、書斎に入る。

鍵を手に入れたら、鍵を手に持って入り口から見て左側にある大きな扉に近づく事で書斎への扉が開く。
書斎に入ると現在に引き戻される。

ダイアログ:
The pull of the present brings you back to your time...
(貴方は現在に引き戻される…。)

※机の上の書類を調べる。
Butler's Journal: It appears that all of the pages have been torn out...
(執事の日誌:ページが全て破り取られているようだ…。)

※日誌のページは書斎内に散らばっている。
Page 1: Today was my first day as the butler for the Caritat family. They gave me quite a warm welcome. I think I'm going to like it here.
(1ページ目:今日は私がCaritat家の執事として働く最初の日。彼らは私をとても暖かく歓迎して下さった。私はここを気に入りそうだ。)

Page 2: The Caritats are as nice as people say. They're some of the kindest people I've ever met, let alone work for.
(2ページ目:Caritat家の方々は聞いていた通りの良い人達だ。私が出会った中でも一番親切な方々だ。勿論仕事においても良い人達だ。)

Page 3: That Timmy boy has been acting rather unusual lately... Uncharacteristically hostile. I wonder what's come over him.
(3ページ目:最近Timmyおぼっちゃまの様子がおかしい…。珍しく愛想が悪くなっている。一体彼に何があったのだろう。)

Page 4: I've been hearing strange noises at night. Scratching, and sometimes yelling...I do hope nothing bad is going on.
(4ページ目:夜になると変な物音が聞こえる。引っ掻くような、そして時に叫び声のような…。何も悪い事が起きなければ良いのだが。)

Page 5: I don't even know how this happened, but Timmy performed dark magic. He shot a fireball! The north wall of the library was wrecked!
(5ページ目:どうしてこんな事になったのか分からないが、Timmyおぼっちゃまは暗黒魔法を使われた。彼は火の玉を撃ったのだ!書斎の北の壁が破壊されてしまった!)


ステージ6

書斎の北の壁にある穴に入る。

ネタバレ


ダイアログ:
You pulled to the past as a vision begins of how this charred hole came to be...
(貴方は過去に引き戻され、黒焦げになった穴が出来た原因となる光景が始まった…。)

過去(922 AP)、書斎でCaritat氏とTimmyが会話するシーンが始まる。

Mister Caritat: Timmy, is something bothering you? You have been acting so weird lately.
(Caritat氏:Timmy、何か嫌な事でもあったのか?最近はかなりおかしな行動をしているじゃないか。)

Timmy: You cannot command me, mortal! You and all of your inferior species will bow to the darkness!
(Timmy:我に命令するな、定命よ!貴様ら劣等種は皆闇の前に跪くのだ!)

Mister Caritat: I don't know what game you are playing, Timmy. But I will not stand for it any longer, snap out of it!
(Caritat氏:何のゲームで遊んでいるのか知らんが、もう放っておくわけにはいかないぞ!目を覚ましなさい!)

Timmy: You shall pay for your insolence, mortal!
(Timmy:非礼を詫びよ、定命よ!)

Mister Caritat: Dark magic? What foul books have you been reading? And what's that in your hand?
(Caritat氏:暗黒魔法か?どんな邪悪な本を読んだんだ?その手に持っている物は何だ?)

Mister Caritat: Casting spells with a black spoon? I'm going to get rid of this foul thing!
(Caritat氏:黒いスプーンで詠唱したのか?こんな邪悪な物は私が処分してやる!)

Timmy: That is an item beyond you, mortal. Give it back to me this instant!
(Timmy:それは貴様には過ぎた玩具だ、定命よ。直ちに我に返すのだ!)

画面が暗転しイベントシーンが終わる。プレイヤーは現在に引き戻される。

Perhaps you should look for the spoon Mr. Caritat threw in the fireplace...
(もしかしたらCaritat氏が暖炉に投げ捨てたスプーンを探してみた方が良いかもしれない…)

ネタバレ


What's this spoon doing in the fireplace? Maybe you should bring it back to the Kitchen to find out where it came from.
(このスプーンは何故暖炉にあったのだろうか?どこから来た物か知る為に、厨房に持っていった方が良さそうだ。)


ステージ7

拾ったスプーンを厨房に持っていく。

ダイニングルーム(書斎の反対側)に入ると過去(931 AP)に戻される。

ダイアログ:
You feel the past pulling you back...
(貴方は過去に引き戻されるのを感じた…)

Looks like there's a dinner party, and several residents of Gelibord have been invited! It appears Mr. Caritat is about to make an announcement.
(ディナーパーティーのようだ。Gelibordの住民達も何人か招待されている!Caritat氏が何やら発表しようとしているようだ。)

ステージ8

Caritat氏の発表を聴く。

ダイアログ:
Mister Caritat: Attention, attention everyone! I have an announcement I'd like to make!
(Caritat氏:注目、ご注目を、皆さん!発表したい事があります。)

Mister Caritat: My son, Timothy, has just turned eighteen today.
(Caritat氏:私の息子、Timothyが今日、18歳になりました。)

Mister Caritat: Now, there have been a few slight hiccups over the years, but we've made it through mostly in one piece.
(Caritat氏:現在、年間を通じて多少の問題はありますが、ほぼ何事もなく解決しました。)

Mister Caritat: And I'd like to say, I'm very proud of him. To Timothy, a new man!
(Caritat氏:そして私は言いたい、私は息子を大変誇りに思う。新たな成人、Timothyよ!)

Timothy: Thank you very much, Dad, and everyone here. Here's to more years of health-
(Timothy:どうもありがとうございます、父さん、ここにいらっしゃる皆さん。ここにますますの健康とー)

厨房の方から爆発音と何者かの鳴き声が聞こえる。

There seems to be something happening in the kitchen...
(何事かが厨房で起こっているようだ…。)

Mister Caritat: Please, everyone stay calm. I'm sure it's just the cooks spilling something...
(Caritat氏:どうか皆さん、落ち着いて下さい。コックが何かをこぼしたのでしょう…。)


ステージ9

厨房の様子を見に行く。

厨房で奇妙な生物が暴れ回っている。

ダイアログ:
Baker: Oh my god... what is that thing?!
(パン職人:何て事だ…何なんだコイツは?!)

Chef: Everyone out, now! We can't fight these things!
(料理長:皆今すぐ外に出ろ!俺達じゃコイツらに敵わない!)

ステージ10

厨房から出る。

ステージ11

騒動から逃げなかった人達に話を聞く。
会場にはCaritat氏、Timothy、使用人だけが残っている。

ダイアログ:
Mr. Caritat: My god...what is wrong with this place? No matter what I do, what I try...
(Caritat氏:神よ…この場所の何が間違っていると言うのだ?私が何をしようと、何を試みようと…)

Timothy: How was any of that even possible? What are we going to tell their families?
(Timothy:何でこんな事になったんだろう?彼らのご家族には何てお伝えしたら良いのかな?)

Mr. Caritat: ...Timothy, I'm going to ask you something, and I need you to answer me honestly. Were you...were you responsible for this?
(Caritat氏:…Timothy、訊きたい事がある。正直に答えなさい。これはお前の…お前の仕業なのか?)

Timothy: No, of course not! I overcame that years ago, you know that, I can't believe you still suspect me of-
(Timothy:違う、そんな訳ないよ!あの件は何年も前に克服したじゃないか。まだ僕の事を疑ってるなんて信じられー)

Servant: Ah, sir, we did find something rather unusual in the kitchen that might interest you? Maybe?
(使用人:あー、旦那様、厨房で貴方のご関心がありそうな変わった物を発見いたしましたが、ご報告させて頂いても?)

Mr. Caritat: What- Out with it! What did you find?! Please, please tell me I'm wrong!!
(Caritat氏:何ー?言え!何を見つけた?!頼む、どうか私が間違っていると言ってくれ!!)

Servant: We found this charred-looking black spoon. I've worked here for years, and I've never seen any spoons of this style in the mansion.
(使用人:黒焦げになった黒いスプーンを発見いたしました。私は何年もこちらに勤めさせて頂いておりますが、この屋敷ではかようなスプーンは見た事がありません。)

Timothy: Wait, that spoon? I remember sneaking into your study that one time to get it, but how did it survive the fire?
(Timothy:待って、あの時のスプーン?あの時に僕が父さんの研究室に忍びこんで手に入れたのは覚えてるけど、あの炎の中でどうやって残ったんだ?)

Mr. Caritat: Wait, you got it from my STUDY?! You...you idiot! Do you have any idea what you stupidly, yet inadvertently have done?! You must NEVER go in my study!!
(Caritat氏:待て、お前それを私の研究室から持ち出したのか?!お前は…お前は馬鹿か!不注意だったとはいえ、お前は自分がどんなに愚かな事をしたのか分かっているのか?!二度と研究室には入るんじゃないぞ!!)


ステージ12

研究室の鍵でCaritat氏の部屋の扉を開ける。

Caritat氏とTimothyのテーブルの上に鍵が出現するので、それを使いCaritat氏の部屋の扉の鍵を開ける。
部屋は大広間の階段を上って2階の左手(北側)一番最初の扉。

ダイアログ:
Caritat氏の日記を読む。
Page 1: DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH.
(1ページ目:死 死 死 死 死 死 死 死 死 死 死。)

Page 2: There is a dark power beyond our control within this mansion. There is no use trying to fight it.
(2ページ目:この屋敷には我々の手に余るほどの闇の力が渦巻いている。抗おうとするなど無駄だ。)

Page 3: I felt like all of the skulls were watching me. I had to turn them all towards the fireplace.
(3ページ目:どくろ達が皆私を見つめている。全部暖炉に捨てなければ。)


ステージ13

Caritat氏の部屋に入る。

ネタバレ


ダイアログ:
There doesn't seem to be anything of interest in this room, although Mr. Caritat has some odd obsessions...
(この部屋には特に面白そうな物は無さそうだが、Caritat氏は奇妙な妄想に囚われている…。)


ステージ14

研究室を出る。


ステージ15

取り憑かれたCaritat氏に話しかける。

扉の方面にCaritat氏が立っている。

ダイアログ:
Mr. Caritat: HE WHO STARTED THE WAR SHALL RISE ONCE MORE. FROM THE REALM OF SHADOWS, DECEIT AND PAIN.
(Caritat氏:を始めたかの者は再び蘇るだろう。影、欺き、そして苦痛の領域から。)

Mr. Caritat: FOREVER TRAPPED, FROM WHENCE HE CAME. THROUGH THE WEAK POINT BETWEEN REALMS HE. WILL. RISE. AGAIN!
(Caritat氏:かの者の領域に永久に囚われる領域同士のわずかな接点を通じて。かの者は。再び。蘇る!)

You feel pulled back to your time...
(現在に引き戻される感覚を覚えた…。)

プレイヤーは現在に戻される。


ステージ16

研究室を後にする。

ダイアログ:
床に落ちている紙を調べる。
Dear Anton, the chandelier fell in the main hall. Please fix it as soon as possible.
(Antonへ、大広間のシャンデリアが落ちました。至急修理をお願いします。)


ステージ17

拾った鍵でTimmyの寝室の扉を開ける。

ネタバレ


ダイアログ:
Looks like this key belonged to Timmy. How long has this been here? You should probably bring it back to his bedroom.
(どうやらこの鍵はTimmyの物らしい。どれほどの間この場所にあったのだろうか?彼の寝室に鍵を戻した方が良いかもしれない。)

ネタバレ


ステージ18

Timmyの寝室に入る。

Timmyの部屋の前まで来ると過去(922 AP)に戻される。

ダイアログ:
The past beckons to you within the decrepit mansion...
(古びた屋敷の中で貴方は過去に導かれた…。)

部屋の中にTimmyがいる。近づくとイベントシーンが流れる。シーン終了後、現在に戻る。

ダイアログ:
Was that Timothy as a child? Must have been at an earlier time. Seems there's a hole where he scratched the wall, there might be something inside...
(あれは幼少期のTimothyか?より昔の光景に違いない。彼が引っ掻いていた壁に穴があるようだ、中に何かあるかもしれない…)

ステージ19

Timmyの寝室を調べる。

ネタバレ


ダイアログ:
How did the Master Bedroom key even get in here? No matter, you ought to get this over to the Master Bedroom.
(どうして主寝室の鍵がここにあるのだろうか?とにかく、この鍵を主寝室に持っていくべきだろう。)


ステージ20

拾った鍵を主寝室の扉前に持っていく。

主寝室は2階入り口真正面にある。主寝室への大扉の前まで来ると過去(934 AP)に戻される。

ダイアログ:
The story of the forgotten pulls you to the past...
(忘れられた物語が貴方を過去へ導いた…。)


ステージ21

主寝室に入る。

主寝室に入るとイベントシーンが始まる。

ダイアログ:
Mrs. Caritat: Harold, please...
(Caritat夫人:Harold、お願い…)

Mrs. Caritat: Stop this madness...
(Caritat夫人:どうか正気に戻って…)

Mrs. Caritat: Harold...?
(Caritat夫人:Harold…?)

Mr. Caritat: FROM THE SOILS OF DOOM THE SERVANT LAID
(Caritat氏:滅びの大地よりを生み出せ。)

Mr. Caritat: BREAK THROUGH THE REALMS TO THE LAND OF TRADE.
(Caritat氏:大地の取引で領域を侵略せよ。)

Mr. Caritat: CORRUPT THE WORLD WITH SEEDS OF PAIN
(Caritat氏:苦痛ので世界を穢せ。)

Mr. Caritat: SO THAT HE...
(Caritat:そしてかの者は…)

Mr. Caritat: ...MAY RISE AGAIN!
(Caritat氏:…再び復活する!)

シーンが終わり、現在に戻ると屋敷が炎上している。

The entire mansion is on fire! The only exit is through the large door at the back!
(屋敷が炎に包まれている!脱出口は背後の大扉しかない!)


ステージ22

炎に包まれた屋敷から脱出する。

ネタバレ



ステージ23

Caritat家の地下を進む。


ステージ24

不思議な裂け目を使い脱出する。

紫色のパーティクルが湧き出している裂け目に飛び込むと過去(852 AP)のシーンが始まる。

ダイアログ:
Caritat Senior: No, no! I said three feet left, you absolute...
(Caritat氏の父:違う、違う!3フィート左だと言っただろう、全くお前は…)

Lari: Mr. Caritat! What are you doing?!
(Lari:Caritatさん!何をなさっているのですか?!)

Caritat Senior: What are you doing here, Elf? You need proper equipment to be on this site-
(Caritat氏の父:お前こそここで何をしているんだ?エルフ。ここではちゃんとした装備をー)

Lari: Mr Caritat, you can't build a house here!
(Lari:Caritatさん、ここに家を建ててはいけません!)

Caritat Senior: I can do whatever I like here, I bought the land.
(Caritat氏の父:私はここでは好きなように出来る、土地を買ったんだからな。)

Lari: You don't understand! This is where it came... this is where the darkness invaded!
(Lari:貴方は分かっていない!ここはあれが発生した場所…ここは闇に侵されている!)

Caritat Senior: Don't be preposterous. I'm building here to show the people that there's simply nothing to worry about!
(Caritat氏の父:馬鹿な事を言わないでくれ。私は皆に何も心配がない事を示すためにここに家を建てているんだ。)

Caritat Senior: Besides, even if there was something, now that Dullahan's gone, it'll go too.
(Caritat氏の父:その上、何かがここにいたとしても、もう今はあのDullahanもいないから、そいつもいなくなるだろう。)

Lari: What?! He wasn't the one causing all this, it was-
(Lari:何ですって?! 彼は何もやってない、あれはー)

Caritat Senior: Well of course you would think that. You and him had some... history, didn't you?
(Caritat氏の父:まあ当然お前はそう思うだろうな。お前とあいつの間には何か…関係があったんだろう?)

Lari: I... Please, Mr Caritat. You don't understand what you're doing...
(Lari:私…お願いします、Caritatさん。貴方はご自身が何をなさっているのか分かっていらっしゃらないのです…。)

Caritat Senior: I am securing some prime real-estate right here. Oh... Perhaps that is why you're here?
(Caritat氏の父:ちょうどここに何か最高の財産を作ってやるか。ははあ…さてはそれでここにいるのか?)

Lari: What? No, I-
(Lari:え?いえ、私はー)

Caritat Senior: Trying to expand elven territories, are you?! Well, I'll be having none of that! Leave, before I have my men escort you!
(Caritat氏の父:お前はエルフの支配域を拡げようとしているんだな?!お前にやる土地なんぞ無い!出て行け、私がうちの者につまみ出させる前にな!)

過去の映像が終わるとプレイヤーは現在の屋敷の前にいる。

Atisun: Hey! Human! Are you alright?! Please, calm down, quit flailing around, you're safe!
(Atisun:ちょっと!人間さん!大丈夫ですか?! どうか、落ち着いて、腕を振り回さないで、安全ですから!)


ステージ25

Atisunに話しかける。

ダイアログ:
Atisun: Oh thank goodness, you're back to us. I was so worried... er, you might not recall. Let me explain...
(Atisun:ああ良かった、戻ってこられたのですね。心配してたのですよ…あの、戻って来られないのではと。説明させて下さい…。)

Atisun: It...it seemed like you were possessed. You stood in the hall for...I don't know how long. I couldn't snap you out of it, no matter what I tried.
(Atisun:貴方は…貴方は何かに取り憑かれているようでした。貴方は広間に…どれほど長くかは存じ上げませんが、立ち尽くしておられました。私が何を試みても、貴方を外に連れ出す事は出来ませんでした。)

Atisun: Voices that weren't yours, you spoke out their moments and thoughts. The maids, my father... everyone. I... you said what I needed to hear.
Atisun:貴方のものではない声で、貴方は彼らの時や想いを語りました。メイド達、私の父…皆の想いを。私が…貴方は私が聞きたかった事を仰ってくださった。)

Atisun: My great grandfather, wanting to prove to everyone that the forest was still good, built his mansion atop the very spot that was acclaimed to be the cause of the Decay.
(Atisun:私の偉大な祖父は、皆に証明したかったのでしょう。
森はまだ大丈夫だと。"荒廃"の根源とされているまさにその場所に屋敷を建てる事によって。)

Atisun: My father tried to continue the traditions... but all of it was burned to ashes. I must consider myself lucky that I did not fall with them.
(Atisun:私の父は伝統を守ろうとしました…しかし、全ては灰になってしまいました。私は彼らのようにならなかった事を幸運と考えなければいけませんね。)

Atisun: And what emerged from that spot? Who knows... but, whatever it was... the darkness must have lingered, and drove them all to madness.
(Atisun:それと、そこから何が分かりましたか?誰にもわかりません…しかし、何であれ…闇はくすぶり続け、彼ら全員を狂気に陥れた事に違いないでしょう。)

Atisun: I'm sorry you went through that ordeal... I would suggest seeing a healer as soon as possible.
(Atisun:辛い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした…。なるべく早くヒーラーに診て頂く事をお勧めいたします。)

Atisun: I will make sure no one enters this house again. It is cursed. Thank you for helping me.
(Atisun:この屋敷には二度と誰も立ち入れないようにいたします。この屋敷は呪われている。手伝っていただきどうもありがとうございました。)


備考
・本クエストで一時的に入手する"黒いスプーン"は、クエスト「⁇?」で必要となる。


トリビア
・この屋敷でプレイヤーが体験した事は全て過去の記憶の再現に過ぎず、現実に現在の時間軸で火事が起きたり床が崩れたりした訳ではない。
・本クエストは実装当初は現在のものとは全く異なる内容であり、鏡から生まれるプレイヤーの影と戦う展開があった。
・ver1.20で本クエストの内容が再度変更され、"穢れ"に侵されたAtisonの父と戦う展開は削除された。
また、Kander Forestにある邸宅に関するエピソードも変更され、本クエストにLariが関わるようになった。
・本クエストはGrian氏(Wynncraft開発メンバーの一人)のお気に入りとのこと。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます