Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

プレイヤーは科学者Ynnosの募集貼り紙を見て、Ahmsordの遥か下に広がるVoidから紫のクリスタルを回収するという任務に参加する。
クリスタルを求めて下へ下へと進んで行く中、プレイヤー含む調査隊を様々な異変が襲う。
所要時間
場所Ahmsord
レベル95
報酬5500000 経験値
8192エメラルド
The Void elevatorの使用権
Ominous Wind


ステージ1

募集の貼り紙を見る。
場所AhmsordX1108Y107Z-4555

ダイアログ:
Help Wanted.
(助っ人募集)

Employer: Scientist Ynnos.
(雇用主:科学者Ynnos)

Job Description: Manual labour, exploration, protection.
(仕事の概要:肉体労働、探索、防衛)

Location: Ahmsord Research facility [1118, 101, -4520].
(場所:Ahmsord研究施設 [1118, 101, -4520] )

Reward: Should you survive, 32EB.
(報酬:生還で32エメラルドブロック)


ステージ2

秘書に話しかける。
場所AhmsordX1121Y101Z-4525

ダイアログ:
The Secretary: Hello, welcome to Ynnos' facility.
(秘書:こんにちは、Ynnosの施設へようこそ。)

The Secretary: Oh, you're here about the job vacancy?
(秘書:ああ、求人の件でいらしたのですか?)

The Secretary: There might still be time, just sneak in to the conference room behind me.
(秘書:まだお時間はあると思いますので、私の後ろの会議室に忍び込んで下さい。)


ステージ3

会議室でYnnosの話を聞く。

ダイアログ:
Scientist Ynnos: *Ahem* Welcome, everyone.
(科学者Ynnos:*オホン* ようこそ、皆さん。)

Scientist Ynnos: I am Ynnos, one of the leading scientists in Gavel. You're here because... Well you read the help wanted sign.
(科学者Ynnos:私がYnnos、Gavelを代表する科学者の1人です。貴方方がこちらにいらっしゃるのは…募集の貼り紙を見たからですね。)

Scientist Ynnos: Allow me to explain the situation we're in. It's a series of unfortunate events. I study the amazing properties of crystals and other geodes.
(科学者Ynnos:我々が置かれている状況について説明させて下さい。不運な出来事が重なってしまったのです。私はクリスタルやジオードの素晴らしい特性について研究しています。)

Scientist Ynnos: I am funded by a private organization, however that seems to have stopped. So... We had to make cuts in the budget.
(科学者Ynnos:私は民間の組織から資金援助を受けていますが、それが途絶えてしまったようです。その為…予算の削減を余儀なくされました。)


Scientist Ynnos: One of these, was using cheaper rope. While moving the crystal across Ahmsord, well, it snapped. The crystal fell.
(科学者Ynnos:その1つが、安価なロープを使う事でした。クリスタルをAhmsordに移動させている時に、そのロープが切れてしまいました。クリスタルが落ちてしまったのです。)

Scientist Ynnos: I can not stress the value of that crystal. It had many unique properties that are allowing me to understand why the Sky Islands float the way they do.
(科学者Ynnos:あのクリスタルの価値は計り知れません。あれには多くのユニークな特性があり、それを調べる事によってSky Islandが何故あのように浮いているのかを理解する事が出来るのです。)

Scientist Ynnos: They hold the very key to restoring this land to being whole once more... But it's gone.
(科学者Ynnos:この地を再び元通りにする為の重要な鍵を握っているのです...。しかし、それは無くなってしまいました。)

Scientist Ynnos: Fortunately, I detected an impact. It's hit something down in the void. We're not sure what, however or how deep.
(科学者Ynnos:幸いにも、私は衝撃を感知しました。Voidにある何かにぶつかったようです。何に当たったのか、どの位の深さなのかは分かりませんが。)

Scientist Ynnos: Your mission will be to retrieve the crystal in a specially designed ship to withstand the void. We barely scraped it out of the budget, so try to bring it back in one piece.
(科学者Ynnos:貴方方の任務は、Voidに耐えられるよう特別に設計された探査艇でクリスタルを回収する事です。予算をギリギリまで削ったので、何とか無事に持ち帰って来て下さい。)

Scientist Ynnos: If you think you are not up for the challenge, leave now...
(科学者Ynnos:もし自分には無理だと思ったのなら、今すぐここを去りなさい…。)

Scientist Ynnos: When you think you are ready, exit the room behind me and meet me at the dock as soon as possible.
(科学者Ynnos:準備が出来ましたら、私の後ろの部屋から出て、出来る限り早くドックに来て下さい。)

It looks like everyone already went inside the submarine.
(全員、探査艇に乗り込んだようだ。)


ステージ4

艦内で乗組員達と顔合わせをする。


ステージ5

探査艇がVoidの島に着くまで待機する。

ダイアログ:
※Arleneに話しかけた場合
Arlene: I wonder what the mechanic is doing?
(Arlene:メカニックは何をやっているのかしら?)

Arlene: He has been screaming and crying for a while now. I hope everything is alright down there.
(Arlene:さっきから悲鳴を上げて泣いているみたいだけど。下の方は大丈夫なのかしら。)

奥の部屋へ進むと放送が流れる。

Kantor: Attention crew members.
(Kantor:乗組員の皆さん、ご注目下さい。)

Kantor: This is the ship's mechanic. There appears to be a fault on the middle deck. I request urgent assistance.
(Kantor:こちらは探査艇のメカニックです。中央デッキに障害が発生しているようです。緊急の支援をお願いいたします。)

下のデッキに行くとKantorがいる。

Kantor: Ah finally! Line up the white rope with the blue blocks. I need to control things from here. Push those blocks into line so we won't just fall down!
(Kantor:ああ、やっと来てくれた!青いブロックを白いロープで繋げてくれ。ここから先は僕がコントロールする必要があるから。墜落しないようにあのブロックを並べるんだ!)

ネタバレ


余ったロープをKantorに渡す。

Kantor: Thank you so much! I thought we would all die before the mission even started!
(Kantor:本当にありがとう!ミッションが始まる前に皆死んじゃうかと思ったよ!)

Kantor: It'll still be a long trip down to the void, though. Why don't you take a nap up at the resting room to pass the time?
(Kantor:Voidへの旅はまだまだ続きそうだね。休憩室で昼寝でもして時間を潰すと良いよ。)


ステージ6

休憩室に戻って休む。

ダイアログ:
You wake up after a little nap.
(少し眠った後、貴方は目を覚ました。)


ステージ7

外にいる艦長に話しかける。


休憩室を出ると艦内放送が流れる。

ダイアログ:
Captain Olof: We have encountered out first island, 100m down. Crew members, climb up the ladder and search the island for the crystal.
(Olof艦長:100m下の最初の島に到着した。乗組員は梯子を登って、島でクリスタルを探してくれ。)

''Olof艦長に話しかける。
Captain Olof: We've arrived at the next void island.
(Olof艦長:次のVoidの島に着いたぞ。)

Captain Olof: The void islands are really different from Gavel... Or are we still in Gavel?
(Olof艦長:Voidの島は本当にGavelとは違うんじゃな…。それとも我々はまだGavel内にいるのかね?)

Captain Olof: Anyway, let's explore the island and look for the void crystal and return to Ahmsord!
(Olof艦長:ともかく、島を探索してVoidクリスタルを見つけたらAhmsordに帰るぞ!)


ステージ8

島でクリスタルを探す。

ネタバレ


ダイアログ:
The area seems to be filled with junk that has fallen from Ahmsord.
(この周辺はAhmsordから落ちて来たガラクタでいっぱいのようだ。)

The crystal must have fallen deeper.
(クリスタルはもっと深い所に落ちたに違いない。)


ステージ9

探査艇に戻る。


ステージ10

旅を続ける。

艦内を散策していると艦長の叫び声が聞こえる。

ダイアログ:
Captain Olof: What are these creatures!
(Olof艦長:この生物どもは何なんじゃ!)

Captain Olof: They are attacking the windshield in the front room!
(Olof艦長:奴らはフロントルームのフロントガラスを攻撃しておる!)

Captain Olof: It's going to break any second now.
(Olof艦長:今にも割れそうじゃ。)

フロントルームに入るとミニゲームが始まる。
Captain Olof: Don't let the creatures break through glass! Press against it and scare them off!
(Olof艦長:生物どもにガラスを割られてはならん!押し返して奴らを追い払うんじゃ!)

ネタバレ


Captain Olof: This is not good, the creatures destroyed part of the windshield.
(Olof艦長:こいつはまずいぞ、生物どもがフロントガラスの一部を破壊してしまった。)

Captain Olof: We can't continue much longer with a broken windshield, we'll have to repair it at another island.
(Olof艦長:フロントガラスが破損したままではこれ以上の探索は続けられん。他の島で修理しなければ。)

Captain Olof: Ynnos said the void has pockets of toxic gas. Go take a nap, I'll wake you up when we're there.
(Olof艦長:Ynnosの話によれば、Voidには有毒ガスが溜まっている空洞があるらしい。着いたら起こしてやるから、一眠りしてくると良い。)


ステージ11

休憩室に向かう。

ダイアログ:
A voice wakes you up.
(貴方は声で目が覚めた。)

Captain: Attention crew. We have arrived at the second island, 300m down. We cannot progress without making some emergency repairs.
(Olof艦長:乗組員に告ぐ。300m下の2番目の島に到着した。緊急修理をしなければ先へは行けん。)

Captain: Crew, please disembark and search for anything that could be used to repair the ship. We need glass and some kind of glue.
(Olof艦長:乗組員は船を降りて、修理に使えそうなものを探してくれ。ガラスと何か接着剤になるものが必要じゃ。)


ステージ12

外で艦長に話しかける。

ダイアログ:
Captain Olof: We need to repair the submarine.
(Olof艦長:探査艇の修理が必要じゃ。)

Captain Olof: The void creatures did heavy damage to our craft.
(Olof艦長:Voidの生物どもが我々の船に大きな損傷を与えたのじゃ。)

Captain Olof: I'm not sure what we'll find here, but we'll need some glue and glass...
(Olof艦長:ここで何が見つかるかは分からんが、幾らかガラスと接着剤が必要じゃ…。)

Captain Olof: I doubt we'll find those exact things so get resourceful!
(Olof艦長:丁度その物が見つかるとは思えんから、臨機応変に対処してくれ!)

Captain Olof: Bring me 5 sand replacements and 10 glue substitutes, that should be enough.
(Olof艦長:砂の代わりを5個、接着剤の代わりを10個、それだけあれば十分じゃろう。)


ステージ13

修理の材料を集める。

ネタバレ


ダイアログ:
Captain Olof: Ech! What is this stuff? Well, this should do the trick.
(Olof艦長:うお!何じゃこりゃ?まあ、こいつで何とかなるじゃろう。)

Captain Olof: Me and the mechanic will start repairing, it'll take a while, so enter the submarine and rest up.
(Olof艦長:ワシとメカニックで修理を始めるが、時間がかかるから探査艇に戻って休んでてくれ。)

Captain Olof: We'll continue the trip when we've repaired the ship.
(Olof艦長:船の修理が終わったら旅を続けるぞ。)


ステージ14

旅を続ける。

ダイアログ:
The submarine starts moving again.
(探査艇は再び動き始めた。)

Jesp: Oh, blast! Do you smell that?
(Jesp:うわ、爆風だ!匂うか?)

Jesp: The scientist warned us about the gases down here.
(Jesp:科学者がこの下のガスについて警告してくれたんだ。)

Jesp: The vents have been opened during the fight with the voidlings.
(Jesp:ガスが漏れてる穴はVoidlingとの戦闘の最中に空いてしまったんだ。)

Jesp: The blasted controls are not working from here!
(Jesp:ここからだと爆風のコントロールが効かない!)

Jesp: Quick, run to the basement and shut the vents manually.
(Jesp:早く基底部へ行って手動で穴を閉めてくれ。)

Jesp: If too much gets in we'll suffocate!
(Jesp:ガスがいっぱい入って来たら窒息してしまう!)

ネタバレ


Report to the sleeping quarters until you reach the next island.
(次の島に到着するまで、休憩室に報告しよう。)

休憩室を出ると艦内放送が流れる。

Captain Olof: Attention crew. We have arrived at the next island 700m down.
(Olof艦長:乗組員に告ぐ。700m下の次の島に到着した。)

Captain Olof: Disembark and start the search for the crystal.
(Olof艦長:船を降りて、クリスタルの捜索を開始してくれ。)

Captain Olof: Let's hope it's here... I don't know how much more void my body can handle.
(Olof艦長:ここにある事を祈ろう…。ワシの身体がどこまで保つか分からんからな。)

Rex: We got this, just take care of the monsters while we build the bridge!
(Rex:大丈夫さ、橋をかける間にモンスターどもを始末してくれよ。)

橋をかけおえるまでの2分間、耐久戦が始まる。
※橋をかけるNPCは敵からダメージを受けない。

Manny: Don't die! We're soon done.
(Manny:死ぬなよ!もうすぐ終わるからな。)

Jesp: This is hard, but we'll make it!
(Jesp:こいつはキツイな、だがやってやるぞ!)

Arlene: Be careful, it seems to be getting tougher. The bridge is soon ready to use.
(Arlene:気をつけて、だんだん厳しくなってきてるみたい。橋はすぐに使えるようになるわ。)

2分経過で橋が完成する。

Manny: Hey, the bridge is ready!
(Manny:おい、橋が出来たぜ!)

橋を渡った先に青いクリスタルがある。

...
(…。)

...
(…。)

The crystal you're looking for is purple, not blue.
(探しているクリスタルは紫だ、青ではない。)

Head back to the submarine and keep looking.
(探査艇に戻り、捜索を続けよう。)


ステージ15

探査艇に戻り、旅を続ける。

ダイアログ:
Rex: We didn't find the crystal here either. Maybe it just fell in the void?
(Rex:ここでもクリスタルは見つからなかったな。Voidに落ちちまったんじゃないのか?)

Manny: No, it must have hit an island. The scientist said he detected a collision.
(Manny:いや、きっと島にぶつかったんだろ。科学者が衝撃を検知したって言ってたじゃないか。)

突然、何かの物音が艦内に響く。

Rex: Wait... What's that sound?
(Rex:待て…。あの音は何だ?)

Manny: The ropes are snapping! Quick! Abandon ship!
(Manny:ロープが切れてるんだ!急げ!船を捨てるんだ!)

探査艇のロープが切れ、探査艇が墜落する。

This isn't good. You're the only survivor... You need to continue the mission, it's better to just leave this place...
(これはまずい。貴方は唯一の生存者だ…。任務を続けなければならない、ここを離れた方が良いだろう…。)


ステージ16

クリスタル捜索の任務を続行する。

ネタバレ

場所Void VillageX14046Z-4206

ダイアログ:
Celuuse: Whooooooooo are you!?
(Celuuse:おぉぉぉ前ぇぇはぁ誰だぁぁ!? )

Celuuse: A...HUUUUUUMAN!? In the void?
(Celuuse:に…にぃぃぃんげんだとぉぉぉ!? Voidにぃ?)

Celuuse: Someone dropped a boooook about you people! Warriors! Workers!
(Celuuse:誰かがお前らに関する本をぉぉ、落としたんだよぉ!戦士とかぁ!労働者とかぁ!)

Celuuse: Ah. Yoooou want to know about this place?
(Celuuse:ああ。こぉぉの場所について知りたいのかぁぁ?)

Celuuse: Well... We were once Villagers. I think we still are, a bit.
(Celuuse:そうだなぁ…。オレ達はかつてVillagerだったんだぁ。今でも少しはそうだと思うがなぁ。)

Celuuse: For some reason, 1000 years agoooo. The sky islands ruptured.
(Celuuse:何かの理由でぇ、1000年前にぃぃぃ。Sky Islandが裂けたんだぁ。)

Celuuse: Some stayed. Others fell. We somehow survived the fall into the vooooid.
(Celuuse:ある者は残った。ある者は落ちた。オレ達はどぉぉにかしてVoidにぃぃ落ちた状況を生き延びたんだぁ。)

Celuuse: How we have lived for so long, I doooo not know. But one thing we know for sure. The void provides.
(Celuuse:どぉぉぉやってこんなに長生きしてきたのかは分からんがぁ。1つだけ確実な事はぁ。Voidが及ぼした影響だぁ。)

Celuuse: We are stuck here now. The void has forever changed our physiology.
(Celuuse:オレ達はぁ今もここで行き詰まってるんだぁ。Voidでオレ達の生理機能は永遠に変わっちまったんだぁ。)

Celuuse: The crystal yoooou are looking for fell on this island. But...
(Celuuse:おぉぉ前が探してるクリスタルはぁこの島に落ちたよぉ。だけど…。)

Celuuse: We need it. It will aid us for years.
(Celuuse:オレ達にはそいつが必要なんだぁ。何年もオレ達の助けになってくれるはずだぁ。)

Celuuse: We have very limited resources here. That's why a power source like this is soooo valuable.
(Celuuse:ここじゃあ資源は非常に限られてるんだぁ。こんな動力源はとぉぉぉっても貴重なんだぁ。)

Celuuse: If you go to the east, you will find Rontaid our chief scientist. He'll know what to doooo.
(Celuuse:東に行けばぁ、科学者の長のRontaidがいるはずだぁ。アイツならどぉぉすれば良いか知ってるかもなぁ。)


ステージ17

Rontaidに話しかける。
場所X14144Y118Z-4255

ダイアログ:
Rontaid: WHAT...WHO...Humans in the void!?
(Rontaid:何だ…誰だ…?Voidに人間が!? )

Rontaid: Well, looks like the book we found wasn't fiction after all!
(Rontaid:ほう、どうやら私が見つけた本はフィクションじゃ無かったという事か!)

Rontaid: This crystal is going to be our savior. I was trying to create one of my own you know.
(Rontaid:このクリスタルは我々の救世主になるぞ。自分で作ろうとしていたんだ。)

Rontaid: I think I have the formula, but we don't have what we need to make it.
(Rontaid:作り方は分かっているんだが、作るのに必要な物が無いんだ。)

Rontaid: Instead of taking this crystal back, why don't I exchange it for the recipe?
(Rontaid:このクリスタルを持ち帰る代わりに、そのレシピと交換しないか?)

Rontaid: That way, you can make unlimited crystals, and we can keep this one.
(Rontaid:そうすれば、君達は無限にクリスタルを作る事が出来るし、我々はこのクリスタルを残す事が出来る。)

Rontaid: Here's the recipe, give it to a scientist or someone a bit...smarter than yourself. A platform was lowered from the surface a while ago at your crash site, if you wish to return, follow this path, I made a shortcut.
(Rontaid:これがレシピだ。科学者か、君よりもちょっと…頭の良い人に渡してくれ。先程、船の墜落現場に地上からプラットフォームが降ろされたが、もし戻りたかったらこの道を辿ってくれ。私が近道を作っておいたんだ。)


ステージ18

墜落地点まで戻る。

ダイアログ:
You see a platform next to the submarine, this is your way out!
(探査艇の隣にプラットフォームが見える。これで脱出出来るぞ!)


ステージ19

Ynnosに報告する。

Scientist Ynnos: You survived! Where is everyone else?
(科学者はYnnos:生きて帰って来たか!他の奴らはどこにいるんじゃ?)

Scientist Ynnos: ...
(科学者Ynnos:…。)

Scientist Ynnos: I knew some must have died... But all of them?
(科学者Ynnos:何人か死ぬとは思っていたが…。全員か?)

Scientist Ynnos: Well... At least I don't have to pay them! Hah!
(科学者Ynnos:だとすると…。少なくとも奴らには報酬を支払わなくても良いわけじゃな!ほう!)

Scientist Ynnos: That was heartless of me, I'm sorry. The rope we used was too weak to hold you down there.
(科学者Ynnos:心ない事を言ってしまったな、すまんのう。使っていたロープが弱すぎてお前さん方を下に降ろしたままに出来なかったのじゃ。)

Scientist Ynnos: My calculations didn't account for the void's physics.
(科学者Ynnos:Voidでの物理法則を計算に入れとらんかったわい。)

Scientist Ynnos: At least we got you back in one piece. You can tell us what happened.
(科学者Ynnos:少なくともお前さんは無事に帰って来たわけじゃからな。何があったか話してくれんかね。)

Scientist Ynnos: ...
(科学者Ynnos:…。)

Scientist Ynnos: Well I'll be damned. I'll start sending post down there! We can work together.
(科学者Ynnos:ほう、驚いたのう。そこに手紙を送ってみるかのう!一緒にやろうではないか。)

Scientist Ynnos: Better to keep everything that happened here a secret. I don't want to lose what little funding I have. This recipe is genius! Here, take this as well as your money.
(科学者Ynnos:ここで起きた事は全て秘密にしておいた方が良い。なけなしの資金を失いたくないからのう。このレシピは天才的じゃ!ほれ、金と一緒にこいつも持っていきなさい。)


備考

  • 本クエストクリア後は、Ahmsordの研究施設横のクレーンを使って、Voidに行けるようになる。
  • Void Villageには武器商人がいる。VoidのMobが落とす[Void Essence]で購入可能。
  • Voidで死亡した場合はGateway Islandにスポーンする。本クエスト中に死亡した場合は潜水艦に戻される。


トリビア

  • Ynnosの言っていたスポンサーとは、"Wynn Excavation"の事である。
  • 本クエストの登場NPCの名前は、アメリカの児童書『A Series of Unfortunate Events』の登場人物を参考にしている可能性が高い。Olof艦長はOlaf伯爵のもじり、科学者YnnosはBaudelaire家の末娘Sunnyを反対側から読んだ上で一部もじったもの、など。
  • 本クエストのタイトルはジュール・ヴェルヌの冒険小説『Twenty Thousand Leagues Under the Sea (邦題:海底二万マイル) 』を参考にしている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます