Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

クエスト情報

Maloの依頼によりプレイヤーは、Olux沼地の各地にある謎の穴の原因調査と再発防止のため、Lariというエルフの少女の元へ向かう事となる。
所要時間
場所Olux Swamp
レベル54
報酬100000 経験値
768 エメラルド
レイド"Nest of the Grootslangs"の参加権
6 Az Rune
Mastery Tomeの使用権


ステージ1

[-2039, 55, -5434]で起きている事を確かめる。
場所Olux SwampX-2039Y55Z-5434

ダイアログ:
Malo: Arrighty fellers, let's get this wrapped up now! 'ere's plenty more holes where this one came from!
(Malo:皆、早く終わらせようぜ!まだまだ穴はあるぞ!)

Malo: ...what in...aw no!
(Malo:…中に何が…うわ!やべえ!)

Malo: The scaffolds are crackin'! Everyone, get offa there, now!!
(Malo:足場がひび割れてる!皆、すぐにそこを離れろ!!)

Worker: GwaaAAAAAH!!
(労働者:ぐわああああ‼︎)

Malo: Aw, hell... I knew this project was a bust from the start...there goes Willam and Clint cause a' this!
(Malo:ああ、なんてこった…この計画は始めから破綻してると思っていたが…WilliamとClintが原因を作っちまった!)

Malo: I gotta get someone tough enough to get down there...hm? Hey, a human! Git on over here!
(Malo:誰か降りて行けるくらいタフな奴を探さないとな…ん?おい、人間!こっちに来てくれ!)

Maloに話しかける。

Malo: I gotta ask, how much 'a that didja see, Wynn feller? Wasn't pretty, and I'm in charge a' them folks, so I gotta take responsibility fer that.
(Malo:聞きたいんだが、どこまで見てたんだ?Wynnのあんちゃん。酷いもんだったぜ、俺はあいつらの責任者だから責任を取らないとな。)

Malo: Th' mayor of Olux there saw these holes poppin' up, and hired us out to cover 'em up. Thing is, the ground's too unstable to build.
(Malo:Oluxの町長がこの穴を見て、俺達を雇って穴を塞がせてるんだ。問題なのは、地盤が不安定で建てらんねえって事だ。)

Malo: It's gettin' real worrying round here. They only started openin' up recently, and there've been quakes too. Feels like the place is gonna collapse!
(Malo:ここにはマジで心配な事があるんだ。最近開拓したばかりだし、地震も起きてる。この場所が崩れそうな気がするんだ!)

Malo: I think we oughta head down there and figure out what 'n heck's goin' on, and you're the best armed outta any of us, being human 'n all.
(Malo:何が起きてるのか確かめるには現地に行ってみるべきなんだが、アンタなら人間だし俺達よりも良い武器を持ってるからな。)

Malo: Think y'all could head down 'n see if you can rustle up any leads? There's a path down just to the left of the hole.
(Malo:何か手がかりがないか、調べに行ってくれねえか?その穴の左に降りる道があるぜ。)


ステージ2

[-2060, 50, -5450]の穴に入り、穴が発生している原因の証拠を見つけてMaloに見せる。

ネタバレ


ダイアログ:
Malo: What in tarnation...? The heck did you find down there, soldier?
(Malo:何なんだ…?一体何を見つけたってんだ?兵士さんよ。)

Malo: Oh, it was just the skin, huh? Dang...was hopin' you'd've seen what it was, cause I got no clue 'bout this.
(Malo:なんだ、ただの皮じゃねえか。くそっ…俺じゃさっぱり分からねえからアンタに見てもらいたかったのに。)

Malo: Urgh. Only gal I know who might have an idea 'bout this is that durn elf lady...
(Malo:うぐぐ。俺の知る限りじゃこれについて何か知ってそうな姉ちゃんが一人だけいるんだけどよ、あの忌々しいエルフの女なんだよな…。)

Malo: She's got purple hair and's been wanderin' round like she knows everything. Yeah, she's a bright penny but she ain't gotta be so uppity ta all of us 'bout it.
(Malo:紫色の髪で、自分は何でも知ってるみたいな面してうろついてやがる。ああ、あいつは頭の良い女だからな、その事で俺達全員に喧嘩を売るようなマネはしないだろう。)

Malo: She put up a camp just east of here. She'll prob'ly react better to you than me, so I'll go to the authorities and see if they have any leads.
(Malo:あいつはここから丁度東に小屋を建ててる。あいつはアンタに対しては俺よりも良い対応してくれるだろうしな、俺はお偉いさん方のとこに行って手がかりが無いか探してみるわ。)


ステージ3

Lariに今起こっている事について訊く。
場所X-1982Y55Z-5462

ダイアログ:
Lari: ...Haven’t we met? I have witnessed your presence in Gavel more than once.
(Lari:…私達お会いしませんでしたか?以前一度Gavelにいらっしゃるのをお見かけしたのですが。)

Lari: I am Lari. I might have greeted you properly before if I were not so busy, which reminds me. You have a reason to be here, yes?
(Lari:私はLariです。忙しくなければ、もっと前にきちんとご挨拶出来たかもしれませんね。何か理由があってこちらにいらしたのでしょう?)

Lari: Hm...I believe I know what you have found, by your description. That dead skin too, is proof enough, I would say.
(Lari:ふむ…貴方の説明を聞く限りでは、私はそれが何かを知っていると思います。あの壊死した皮膚も十分証拠になると思いますよ。)

Lari: The creature which shed that skin is known as a Grootslang. Though large, they are rather peaceful. Gentle giants, I believe the saying is?
(Lari:その皮を脱いだのがGrootslangと呼ばれる生き物です。彼らは身体は大きいですが、とても温厚なのです。優しい巨人達、私はその言葉を信じています。)

Lari: This horrid Decay...it affects their habitats underground. They are seeking shelter closer to the surface. I have been trying to scrub the Decay without success...
(Lari:この恐ろしい"荒廃"は…地下にある彼らの生息地に影響を及ぼしています。彼らは地表近くにしのげる場所を探しているのです。私は"荒廃"を取り除こうとしているのですが、上手く行かなくて…。)

Lari: Wait... More holes appeared just today? There...there were deaths?! W-where, when?!
(Lari:待って…今日も穴が増えたのですか?な…亡くなった方は?! ど、どこで?! いつ?!)

Lari: No, no...! I refuse to be responsible for any more deaths... Human, tell me your name, please.
(Lari:嘘、嘘でしょう…!これ以上死なせるわけにはいかない…。人間、貴方の名前を教えて下さい。)

Lari: <playername>, then... Let us head to the site. . I need to fix this... Please, help me get to the root of this problem so I may soothe the land's pain.
(Lari:<プレイヤー名>、では… その場所に向かいましょう。この問題を解決しなければ…。お願いします、この問題の根本を解決して、大地の痛みを和らげましょう。)


ステージ4

Lariに話しかける。
場所X-2037Y55Z-5434

ダイアログ:
Lari: So this is the site... [Gavellian Spell]...
(Lari:ここがその場所なのですね…。[High Gavellianの呪文]…)

Lari: Here. Allow me to provide at least one person safe passage into the pit.
(Lari:こちらに。一人でも多くの方が安全に穴に入れるようにして下さい。)

Lari: Have faith- Jump in. I will carry you down slowly.
(Lari:信じて——飛び込んで下さい。私が貴方をゆっくり降ろします。)

穴の中に飛び降りる。

Lari: Take the lead. If we can find any further evidence of the Grootslangs around here, it will aid in my understanding.
(Lari:先導して下さい。この辺りで更なるGrootslangの証拠が見つかれば、私が理解する助けになります。)

Lari: Hm? This wall looks like it's been disturbed recently...
(Lari:あら?この壁は最近荒らされたみたいだけれど…。)

Lari: I can hear it...but where is it crawling...?
(Lari:聴こえる…でもどこを這っているの…?)

突然壁に穴が開き、Grootslangが現れトンネルを後退して行く。

Lari: That's the mother Wyrm! She must be what is making the holes. We need to follow her!
(Lari:あれは母親のワームだわ!彼女が穴を作っていたのね。彼女を追いましょう!)

蜘蛛の群れが現れるので、それらを全て倒す。

Lari: Never mind the spiders, we need to keep following the Wyrm!
(Lari:蜘蛛達には構わないで、あのワームを追いましょう!)

Lari: Ah...ehm, <playername>? I've... Um, this is...a bit difficult to say, but...
(Lari:ああ…ええと、<プレイヤー名>?私は…ええと、これは…少し言い難い事なのですが、でも…)

Lari: I...do not believe we need to fight, or to kill, here? The creatures are native to here, we are invading their space.
(Lari:私達は…ここには戦いに、殺しに来たわけではないですよね?あの生き物達は元々ここに住んでいて、私達が彼らの空間を侵しているのですから。)

Lari: Why should they be attacked for merely existing in their territory? Even if they are animals, I believe that you can solve these problems without killing.
(Lari:どうして自らの領域に存在するだけで危害を加えられなければならないのでしょうか?例え動物であっても、私は彼らを殺さずにこの問題を解決出来ると信じています。)

Lari: I...understand you may not have the same powers as myself... And I, ah...am not free of guilt, either. But I think you could stand to take a peaceful stance.
(Lari:私は…貴方が私と同じ力を持っていない事を理解しています…。そして私も、あの…罪悪感が無いわけではありませんから。でも貴方は平和的な立場を取る事が出来ると思います。)

Lari: Even if I am alone on that front...though I understand you are taught differently where you come from. I do not envy you, though I still thank you for your aid thusfar.
(Lari:その立場が私一人だけだったとしても…貴方がいらっしゃった所では異なった教えを受けていても。これまでの援助は感謝していますが、私は羨ましいとは思いません。)

Lari: Your methods are...disagreeable, but you still have a sense of right to you, I feel... Well, the tunnel diverges here. We'll need to split apart.
(Lari:貴方のやり方は…不愉快です、ですが貴方はまだそれが正しいという感覚をお持ちなように感じられます…。さて、ここからトンネルが二手に分かれていますね。分かれて行動する必要がありそうです。)

Lari: I'll go to the right, so you ought to continue to the left here. I will meet up with you again soon, hopefully.
(Lari:私は右へ向かいますから、貴方はここから左へ向かって下さい。願わくば、すぐにまたお会いしましょう。)

Lari: Take the lead.
(Lari:先に行って下さい。)

ステージ5

ワームのトンネル内を調べる。

ネタバレ


ダイアログ:
Lari: Aah! <playername>! Don't...don't make any sudden movements.
(Lari:あっ!<プレイヤー名>!急に…急に動かないで。)

Lari: This Grootslang is uncharacteristically aggressive... She's scared, being so close to the surface. Stay behind me, please.
(Lari:このGrootslangはいつもと違って攻撃的になっています…。彼女はこんな地表の近くに来たから怯えているのです。私の後ろに下がっていて下さい。)

Lari: AH! [Gavellian Spell]!
(Lari:はあ![High Gavellianの呪文]!)

Lari: Do not approach it! The power of the Wyrm is far too much for you!
(Lari:近寄らないで!ワームの力は貴方よりも遥かに強いのです!)

Lari: W-wait, again? [Gavellian Spell]- Aah, MOVE!
(Lari:ま、待って、また?[High Gavellianの呪文]——はああ、効け!)

Lari: <playername>!! You're unharmed, yes? She's scared and in pain!
(Lari:<プレイヤー名>‼︎怪我はありませんか?彼女は怯えて苦しんでいる!)

Lari: I have to get it right this time... I'm going to talk her down, stay there!
(Lari:今度はしっかりしないと…。私が彼女と話してみます、そこにいて下さい!)

Lari: You must be calm, I beg you. Retreat to the earth- You harm those above!
(Lari:落ち着いて、お願い。巣に戻って——貴方は地上の人達を傷つけているの!)

Lari: The earth rotting... I take full responsibility, but does the grass above not rot also?
(Lari:大地は腐っている…私に全て責任があるわ、でも地上の草までは腐っていないでしょう?)

Lari: I wish to soothe your pain, but you must allow me to aid you- You must listen!
(Lari:私が貴方の苦しみを取り除いてあげたいけど、私に貴方を救わせて——聞いてちょうだい!)

Lari: What does this violence solve? Be calm, please!
(Lari:暴力で何が解決すると言うの?お願い、落ち着いて!)

Lari: <playername>, it won't budge... There's something in its mind rejecting me. Distract it- but don't approach! It will kill you if you get close. Just...be loud!
(Lari:<プレイヤー名>、動いてくれません…。何か心の底で私を拒んでいるようです。気を引いて——だけど近づいてはいけません!近づいたら殺されます。とにかく、大声で!)


ステージ6

Lariと共にGrootslangと戦う。

30秒間Grootslangの攻撃に耐える。

Grootslangがプレイヤーを捕らえ、捕食する。

ダイアログ:
Lari: AIYEE! <playername>! Hold on in there!
(Lari:あああ!<プレイヤー名>!頑張って!)

Lari: Can you hear me?! I'll get her to...to...s-something! Spit you up, I don't know! Just...please, d-don't die!
(Lari:聞こえますか?! 私が…か、彼女を…な、なんとかします!吐いて!どうしたら…、お願い、し、死なないで!)

Lari: W-We have... We have not laid a blow against you! It is not right for you to do the same!
(Lari:わ、私達は…私達は貴方に一回も攻撃していないわ!貴方も私達に攻撃するのはやめて!)

Lari: You would wound and consume everything in your rage? Even knowing the consequences?
(Lari:怒りに任せて全てを破壊してしまうの?結末が分かっているのに?)

Lari: Your hunger cannot be sated with this fruitless destruction! I beg of you, let them out!
(Lari:このような無益な戦いでは貴方の飢えは満たされない!お願いだから、彼らを外に出して!)

Lari: You know th- W-wait...where did you... AAAH!
(Lari:貴方は知って——ま、待って…どこに行っ…あああ!)

GrootslangがLariも同様に捕食する。

Lari: ...y-you... <playername>... I...y-you're still alright? I...*hic* I...
(Lari:…あ、貴方…<プレイヤー名>…。私…あ、貴方はまだ大丈夫?私…"ヒック"私…。)

Lari: I tried...w-why does no one listen to me? Why won't a-anything change for me?
(Lari:やってみたけど…ど、どうして誰も私の話を聞いてくれないの?どうして、な、何も変わらないの?)

Lari: She...she's been eating dark parasites. They're wracking her insides and h-hurting her head...
(Lari:彼女は…彼女は闇の寄生虫を食べたのです。あれらは彼女の身体中を掻き回し、そして、彼女の理性をむ、蝕んでいる…。)

Lari: I...i-it's so d-dark... I c-can't breathe... This...th-this can't be the end...
(Lari:私…、と、とても暗い…い、息が出来ない…。これで…こ、これで終わりなんて…。)

Lari: I...n-no, I can't die in here... I-I'm needed still... You're n-needed still! I... I...
(Lari:私…だ、駄目よ、こんな所で死ねない…わ、私はまだ…。あ、貴方はまだ!私…私は…。)

Lari: I n-need... Or... O-Or... C-Concentrate, Lari... You can do this...
(Lari:わ、私は…し…し…し、集中するのよ、Lari…貴女なら出来る…。)

Lari: [Gavellian Spell]! [Gavellian Spell]!
(Lari:[High Gavellianの呪文]![High Gavellianの呪文]!)

Lari: LET US OUT! LET US OUT OF HERE! DON'T LET US DIE LIKE THIS! I'M BEGGING YOU, PLEASE!!
(Lari:出して!ここから出して!こんな所で私達を死なせないで!お願い、お願いだから!!)

Lariが放った光の球によりGrootslangの体内が白くなり、死骸となったGrootslangからプレイヤーとLariが外に吐き出される。

Lari: ...I...oh no... It's...d-d... I... I j-just... I just w-wanted out... Ohhh...n-no...
(Lari:…私…そんな…。こんな事…私…私はた、ただ…外に出たかっただけなのに…。ああぁ…う、嘘よ…。)

Lari: ...w-we're...leaving. I...I c-can't look at this any more...
(Lari:…い、行きましょう。私…も、もうこれ以上見ていられない…。)

Lariの魔法で二人は地上に帰還する。

Lari: ...I... That's...m-my fault...
(Lari:…私…。あれは…わ、私のミスです…。)

Lari: I'm...I'm so sorry, <playername>. If I'd...I don't... I don't even know what else I could have d-done...
(Lari:ごめん…ごめんなさい、<プレイヤー名>。もし私があの時…私…私、何が出来たかすら分からないんです…。)

Lari: There...it didn’t feel like there was...anything left to it... But, if I’d just been quicker, then... Would it...would it even have made a difference?
(Lari:そこには…何も…残ってないように感じられました。でも、もし私がもっと早く行動していたのなら…何か…何か違ったのでしょうか?)

Lari: ...some savior I am... I need to be better, but what else even is there that...ugh, I'm going in circles...
(Lari:…私は救世主の様なものなのです…。もっとしっかりしていなければいけないのに、一体どうしたら…うぅ、堂々巡りだわ…。)

Lari: Let's... Let's just leave...
(Lari:一人に…一人にして下さい…。)

Lari: ...I...I can't believe this. This is...does destiny just hate me? What have I done to deserve this?!
(Lari:…私…私、信じられない。運命に…私は嫌われているの?私が何をしたって言うのよ?! )

Lari: The Mother Wyrm laid eggs... Eggs infested with parasites! Every single one is going to be born berserk!!
(Lari:母親のワームは卵を産んだわ…。寄生虫に侵された卵を!皆一匹残らず凶暴化して生まれてくるんだわ‼︎ )

Lari: You saw how strong the mother was...an infestation like this could cause the entire region of Gavel to collapse in a quake...
(Lari:貴方もあの母親の強さを見たでしょう…あのような事が蔓延してしまえばGavel大陸全体が地震で崩壊する可能性があります…。)

Lari: They...they need to be stopped, but...I can't do it. I c-can't kill... I'm sorry, I just can't!
(Lari:彼らを…彼らを止めなければ、でも…私には出来ない。私には、こ、殺せない…。ごめんなさい、私には出来ないの!)

Lari: Bring a group... Even Whelps can be a terror if they're enraged. Just...p-please, take care of this quickly.
(Lari:仲間を連れてきて下さい…。子供であっても怒らせてしまえば脅威になります。ただ…ど、どうか、早く方を付けて下さい。)

Lari: You deserve the best... But that's more than I can give...so here. Take these. I'll move along.
(Lari:貴方は最高の報酬を受け取る事が出来ます…。しかしそれは私が貴方に与えられる以上の物なので…これを。これを受け取って下さい。私は先に進みます。)


トリビア

  • 本クエストは、1.20 Gavel Reborn updateで"The Worm Holes"から変更となった。
  • Lariが使っていたHigh Gavellian文字による詠唱の内容は次の通りのスコットランド・ゲール語となっている。

"Siochain do d'anamacha i mait..."
(死にゆく魂に安らぎを…)

"Cosain!"
(守れ!)

"Co-cosa-"
(ま、守——)

"Beathach mor solais! Dean ion an anam tuirseach seo!"
(偉大なる光の獣よ!この疲れた魂をイオンへと化せ!)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます