Minecraft最大MMORPGの攻略Wikiです!

つて、Corkus島の先住民族である鳥人"Avo族"は自然魔法を軸としたシャーマニズム文化を築いていた。

AP 650になると、Fruma王国の分離主義者の一団が王国北部の山を越えて亡命した。かの王国から越境した者達と同様に、彼らも一切の記憶を失い、Corkus島付近に移住した。

くのAvo族は彼らを温かく迎え入れ住処を提供したが、Avo族の王子を含む一部のAvo族は人間との共生を良しとせず、地底都市に移り住んだ。
その後、地底都市のAvo族は病により全滅してしまった。

子の判断は間違ってはいなかった。
人間達は次第により多くの土地や資源を求め始め、平地に住んでいたAvo族は高い山々に移り住む事を余儀なくされた。Corkus島全土が公にはAvo族の領土とされているが、実際の状況は異なっていた。

Corkusに来た人間達は皆、熟練の労働者であり、工業国を築き上げた。彼らはFruma王国を脱出した時には魔法の知識を一つも持っていなかったが、エレクトロマジックという、これまでの魔法体系とは全く異なる機械の魔法を生み出した事によって、機械を使い発展していった。

間が力を付けるにつれ、悪用される事を恐れたAvo族は、口伝でのみ伝わる秘宝"Necklace of a Thousand Storms(千の嵐の首飾り)"を隠し部屋に隠した。
今日に至るまで、この首飾りを見つけた者はいない。

Corkus人は強い承認欲求を抱えていた。それは武力による征服や経済的な支配によるものではなかったが、彼らは国家の象徴として"工場"を建設した。
Ceridという、Corkus人で最も優秀だとされた男が何年もかけて作り上げた最高傑作"Antikythera Supercomputer"が工場の心臓部に据えられた。
外敵の脅威からCorkus島を守るため、エレクトロマジックにより生み出された存在である"Antikythera Supercomputer"は、開発者であるCeridよりも優れた知能を持っており、工場は数週間で機械の軍隊を作る事が可能になった。

が、Corkus人は自らが生み出した工場や機械の群れが反逆するとは夢にも思っていなかった。
Avo族と人間との対立が深まる中で、人間がAvo族に対して行った所業を目の当たりにした"Antikythera Supercomputer"は人間達を"脅威"と見做し、自らに与えられた最重要命令ーー『最も逼迫した脅威に対して攻撃せよ』ーーに従った。
機械は人間に対し攻撃を開始したが、工場は直ちに閉鎖された。その後も何体かの機械は錆びつきながらもスペアパーツを求めて島をうろついている。

式なCorkusの住人ではないCorkus人達は、他国とはまだ限られた外交関係しか結べておらず、他国から国家としての承認を得るべく奮闘している。
しかし、中には"穢れ"と戦争中であるWynn大陸の人間や、Gavel大陸の強欲なVillagerを国内に入れたくない愛国主義者の派閥もあり、政府からは独立して活動している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます